匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

例えば小笠原流元服式のように、日本国内で元服の「儀式」が行われている例を教えて下さい。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/05/25 23:46:47
  • 終了:2013/06/01 23:50:03

回答(1件)

匿名回答1号 No.1

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2013/05/26 00:34:04

匿名質問者

ありがとうございます。

2013/05/26 00:48:19
  • 匿名質問者
    匿名質問者 2013/05/25 23:47:01
    http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130121/wlf13012108510005-n1.htm
    >>
    鎌倉時代の武家作法を現代に 京都で新成人が「小笠原流元服式」
    2013.1.21 08:47

    厳かな雰囲気の中で行われた元服式=京都市上京区の梨木神社
     鎌倉時代から続く武家作法にのっとった弓馬術礼法、小笠原流が20日、京都市上京区の梨木(なしのき)神社で元服式を行った。厳かな雰囲気の中、同流ゆかりの新成人7人が、大人の装束に着替えて冠をつけ、成人への一歩を踏み出した。

     元服式は古くから人生の重要な節目となる儀式とされ、「加冠(かかん)の儀」とも呼ばれる。子供の装束から大人の装束に着替え、冠を与えられることで、大人としての責任と役割を確認する。

     この日は、京都府や大阪府などの大学に通う同流ゆかりの新成人ら7人が参加。「柳台」とよばれる台座の上で、介添えを受けながら、男性は大人の装束である「直垂(ひたたれ)」、女性は「水干(すいかん)」に1人ずつ着替えた後、後見人の「因(ちな)みの親」から冠を授与された。

     所属する弓道部の恩師が同流のため参加したという、桃山学院大の戸田章太郎さん(20)は「形だけでも大人になれた。これから、日本を支えるような立派な大人になりたい」と話した。
    <<
  • 匿名質問者
    匿名質問者 2013/06/01 18:46:11
    御教示有難うございます。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません