「男の子は図鑑を好んで読み、女の子は物語を好んで読む」って話の出典を探しています。


もしかしたら5年から10年ぐらい昔に新聞とかで読んだかもしれませんが、自信ありません。同じ内容の話なら新聞じゃなくて本でもいいです(というか本のほうが…)。

新聞だとすると読売だと思います。赤木かん子さんかもしれないですがわかりません。

お心当たりがあればお教えいただけますでしょうか?

役に立った回答にポイントを進呈しようと思っております。お返事が遅くなってしまうかもしれませんが、よろしくお願いします!

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/06/04 22:43:17
  • 終了:2013/06/09 11:28:14

ベストアンサー

id:MEI-ZA-YU No.1

MEI-ZA-YU回答回数4731ベストアンサー獲得回数7502013/06/05 00:08:22

ポイント100pt

2009年2月の、読売新聞の発言小町にこんなのが載っていました。
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0221/226368.htm?g=08
(下のほうのコメント参照)

そういえば、息子はファーブル昆虫記が大好きで、少年版を全巻読んでました。○○のひみつ、というようなシリーズも好きです。
図鑑を見るのも大好きです。
何かで、子供は「物語型」と「図鑑型」に分かれると読んだことがありますが、うちはどっちかというと「図鑑型」のようです。


お茶の水女子大学の内田伸子氏
図鑑型と物語型について
http://benesse.jp/berd/berd2010/feature/feature05/uchida_03.html

物語型の80%は女子で、図鑑型の80%は男子でした。


http://www.toyjournal.or.jp/cgi-bin/vote/uchida1.html

内田氏は2004年時点で「図鑑型」「物語型」という言葉を使って連載されています。
http://www.herusu-shuppan.co.jp/shoni/sn200406.html

大人の目・子どもの目
子どもの気質;「図鑑型」の子どもと「物語型」の子ども  内田伸子

http://sc.chat-shuffle.net/paper/uid:40006232570

『ようこそ!絵本の世界へ』国文学編集部(2006年 學燈社)
で図鑑型と物語型にふれています。
http://books.google.co.jp/books?ei=Kv6tUf7GJcTFkwX6yoEo&sqi=2&hl=ja&id=KwYVAQAAMAAJ&dq=%E7%89%A9%E8%AA%9E%E5%9E%8B+%E5%9B%B3%E9%91%91%E5%9E%8B%E3%80%80%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90&q=%E7%89%A9%E8%AA%9E%E5%9E%8B+%E5%9B%B3%E9%91%91%E5%9E%8B%E3%80%80%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90%E3%80%80%E7%94%B7%E3%81%AE%E5%AD%90

ようこそ!絵本の世界へ―“とっておきの一冊”とめぐりあうために… (別冊國文學改装版)

こちらもありました。
http://d.hatena.ne.jp/koyateru/20081128

その中に、子どもの2タイプ、「物語型」と「図鑑型」という話が出て来ます。

内田伸子氏の
『子育てに「もう遅い」はありません』(2008年 成美堂出版)
子育てに「もう遅い」はありません―心と脳の科学からわかる親が本当にすべきこと (sasaeru文庫 う 2-1)

内田氏は講演会でも、男の子は図鑑型が大半というような話をされているようです。
https://twitter.com/etojiyamurakumo/status/80830720582488065

これも参考まで。
http://d.hatena.ne.jp/ustar/20060309

もっとも「図鑑型」「物語型」という言葉だけで言えばこちらのほうが古いですが。
『波多野依田 児童心理学ハンドブック』(1983年 金子書房)
http://books.google.co.jp/books?id=AiIQAQAAMAAJ&q=%E7%89%A9%E8%AA%9E%E5%9E%8B+%E5%9B%B3%E9%91%91%E5%9E%8B%E3%80%80&dq=%E7%89%A9%E8%AA%9E%E5%9E%8B+%E5%9B%B3%E9%91%91%E5%9E%8B%E3%80%80&hl=ja&sa=X&ei=pA2uUZeeHMP5kgXN1YDgDw&ved=0CDIQ6AEwAA

と思ったら、こちらのほうが古かったです。
『イメージの誕生: 0歲からの行動観察』中沢和子(1979年 日本放送出版協会)
http://books.google.co.jp/books?hl=ja&id=hiAzAQAAIAAJ&q=%E7%89%A9%E8%AA%9E%E5%9E%8B%E3%80%80%E5%9B%B3%E9%91%91%E5%9E%8B

id:hacosato

MEI-ZA-YUさん回答ありがとうございます!
お返事が遅くなってしまってごめんなさい…。

なんでこんなにたくさんの情報が…と思っていたのですが、
「図鑑型 物語型」で検索されていたのですね!
私はずっと「図鑑 物語」で検索していたので
ぜんぜんいい情報にありつけなかったのでした。
検索スキル、とっても勉強になります!

内田伸子さんでばっちりだと思います!
赤木かん子さんじゃなかったですね…。
本のほうはまだゲットできていませんが、
図書館で探して読んでみます。
たぶん少し時間がかかると思いますが、読了したら
この質問のコメント欄にご報告だけ寄せておこうと思います。

内田さんは対物関係フォーカスと対人関係フォーカスを、
それぞれ図鑑&物語と読んでいらっしゃるようですね。
私は歌詞の中での共時的な描き方と通時的な描き方を、
それぞれ図鑑&物語と名付けてみています。
同じ名前がついているのに、内容はけっこう違って見えますね…。

今回、新しくいろいろと知ったことで、
新しい問題意識も浮かび上がってきて、
とても勉強になりました!

そしてこんな神回答を1時間ばかりで寄せてくださるなんて、
やっぱりMEI-ZA-YUさんとはてなはすばらしいと思いました!

2013/06/07 00:22:57
  • id:hacosato
    いきさつ:
    私はダイアリーで、J-POPの歌詞を読んでいます。
    それにあたって、歌詞を図鑑と物語の2つに分類することがあります。
    http://d.hatena.ne.jp/hacosato/20121105/karappo
    この整理の仕方は自分で思いついたものですが、
    これに「図鑑と物語」と名前を付けたのには上記の話が頭の中にあったからです。
    なので、一応原典を知っておきたいな、と思ったのが今回の質問の始まりです。

    人力検索ではときどき出典の調査などでびっくりするような
    ハイクオリティな回答を拝見することがありますので、
    今回こうして質問させていただきました。
    一方的に多大な期待を寄せておりますので、どうぞよろしくお願いします!

    (これは「補足」にしたほうがよい内容なのでしょうか…?)
  • id:kynjtu764
    千葉大学にあるPDFで解説されている箇所は見つけました。本では無いし、リンクを貼って良いのか迷ったので回答に参加しませんでした。一番目の回答者が仰っている内田伸子さんの作成された(?)PDFも見つけました。図で、物語、図鑑と分類されていました。千葉大学にあったPDFは更に突っ込んで説明されていました。
  • id:hacosato
    kynjtu764さんこんばんは。
    コメントありがとうございます!

    「内田伸子 図鑑型 物語型 filetype:pdf」
    で検索すると、関連する有益な情報がヒットすることが分かりました。
    ですが千葉大学のものは恥ずかしながら見つけることができません…。
    よろしければお知らせいただけますでしょうか?
    PDFのデータでも、内容が有益であればポイントを差し上げたいと思っております。
  • id:MEI-ZA-YU
    千葉大学のPDFってこれでしょうか。以下の(6/11)ページです。
    http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AA11868267/KJ00004185269.pdf
    この中の中沢氏の図鑑型 物語型を引用した話は、私の回答で書籍を紹介しています。
    『イメージの誕生: 0歲からの行動観察』(1979年 日本放送出版協会)です。
  • id:hacosato
    MEI-ZA-YUさん、kynjtu764さん、見てくださった方、どうもありがとうございました。
    おかげさまで大変有益な情報を得ることができました。

    amazon.jp/dp/4000260200
    地元の図書館には内田さんの本あんまりなかったのですが、とりあえずこれを借りてきました。
    たぶんタイトル通り発達心理学の本なので、今回のものとは直接関係しないと思いますが、
    なにごともお勉強ですので、よいかなと思っています。

    また困ったことがあれば質問させていただきます!

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません