匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

最近、「死ぬまでセックス」という特集が週刊誌で盛んなのは、なぜですか。どこかでこういう話題の話題の本などあったのでしょうか。


ある意味で、40代や50代の男性、それ以上の男性にとっては、負担になる人も居るとおもいます。20代の男性なら元気ですから負担はないはずです。
ここでいう「ある意味」とは説明不要だと思います。

女性も迷惑に感じる人もいるかもしれません(そんなにセックスが好きではない女性もいると思います。好きにならなかった原因はいろいろだと思いますが、それはここでは問いません。)

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/06/21 17:11:08
  • 終了:2013/06/28 17:15:04

回答(1件)

匿名回答1号 No.1

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2013/06/21 21:58:42

特定の個人、集団を否定する質問では無いという事は分かりました。

週刊誌で良く有るテーマですね。人というか、場合というか、行動を鼓舞させる時に、セックスを連想する事も多いと思います。人寂しさに忍び寄る所もありますね。セックスは人や場合に依って、重すぎたり、軽すぎたりするテーマなので難しいと思います。無理に気にしなければいけないテーマでは無いと思います。

匿名質問者

失礼しました。誰かを非難するように読めるような言い回しがあったのですか。
どこの部分であるか、ご指導頂ければ、以後注意を払いたいと思います。
「週刊誌でよくあるテーマ」ではありますが、
そのようなことは特集にしないだろうと考えていた週刊誌で取り扱っていたので、今の流行りなのだろうか、どうか、と気になりました。

もちろん、誰かを非難するつもりではないです。自分として、負担だなぁ、こういう考えが今後は主流になるのかなぁ、と不安になって質問しました。
パートナーを決める際に、この辺の考えが一致しているか、わかれば、随分と良いです。

2013/06/21 23:21:38
  • 匿名回答2号
    匿名回答2号 2013/06/22 17:16:51
    死ぬまでセックス系の特集がブームになっているのは
    団塊の世代が定年退職する年齢になったのと関係あるんじゃないですか。
    今まで仕事一筋だった人たちが定年で突然生き甲斐を失い虚無感に襲われる。
    自分の人生はなんだったんだろう?
    そこで出てくるのが人生これから、第二の青春という発想じゃないんだろうか。
    趣味にでも打ち込めばいいじゃないかと思うけれど、
    それはもうやっていて、バードウォッチングをはじめたり、登山に目覚めたりする。
    趣味のつき合いで新しい出会いがあれば恋にも発展しようというもの。
    専業主婦だった女性もそう。恋愛もろくに経験せずお見合いで結婚して、
    子育てと夫のお守りに人生をすり減らす。
    子供は大人になって独立し、夫は退職して空気のぬけた風船みたいになってる。
    自分の人生いったいなんだったんだろう?
    これを機に夫と離婚して(あるいは夫に内緒で)
    自由になってもいいんじゃないか?

    ってな感じでは。
    団塊の世代は人口多いんで、そういう人たちに受ける記事を書くと雑誌売れるんじゃね?
    ま、おいらは週刊誌読まないんで「死ぬまでセックス」がどういう記事なのかわからんけどね。
  • 匿名質問者
    匿名質問者 2013/06/23 21:40:38
    有難うございました。
    団塊世代が、定年を迎えて、という切り口はおっしゃるとおりですね。

    団塊世代の男性はずっと、週刊誌の読者であったと思いますが、その人達のニーズの変化かなを
    踏まえているのですね。
    私は団塊世代より若いので、そういう切り口での説明をいただき、納得しました。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません