夏は汗をかいて体温を一定に保とうとしますが、夏の体の部位別エネルギー消費量ってひょっとして皮膚細胞(汗をかく)が1番なのでしょうか?運動時は筋肉、安静時は内臓が一番エネルギーを消費するって言いますが、、、

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/06/27 20:48:58
  • 終了:2013/07/01 07:13:04

回答(3件)

id:miharaseihyou No.1

miharaseihyou回答回数4529ベストアンサー獲得回数5672013/06/27 21:19:55

ポイント34pt

通常は神経細胞の消費が一番多いようです。
つまり、単位体積あたりで通常一番発熱量が多いのは「脳」です。
運動すれば使った部分の筋肉組織の消費が増えて、糖分の補給をする必要から内臓が働いて、余剰の熱量が体温を上昇させるので冷却しようと発汗します。
ただし、心臓は常に活動しているので興奮していない神経細胞よりもエネルギー消費は多い。
内臓は機能が集約されているので見かけ上の消費が多い。
皮膚細胞の基礎代謝はそれほど多くありません。

id:koko24

ありがとうございます。

2013/07/01 07:11:21
id:adgt No.2

adgt回答回数944ベストアンサー獲得回数662013/06/27 22:06:56

ポイント33pt

脳、筋肉、肝臓のエネルギー消費が高く、皮膚は一番ではありません。
エネルギー消費

id:koko24

ありがとうございます。

2013/07/01 07:11:23
id:dawakaki No.3

だわかき回答回数797ベストアンサー獲得回数1222013/06/28 11:21:10

ポイント33pt

発汗は皮膚細胞ではなく汗腺が行っています。
2~3リットルの発汗に必要なエネルギーは1000Kcal以上と言われています。
これはクロールで1時間泳いだ時と同じで、脳が1日に消費するエネルギー量に匹敵します。

  • id:NAPORIN
    けっこう連続してこの関連の質問を立てられているので、心配になります。
    もしかして、質問者さんは夏バテがよほどおつらくていらっしゃるのでしょうか。
    江戸時代など昔のひとは浴衣でだらしない格好で庭で行水しても許されましたが、
    最近はなかなかルーズな格好でいることはできにくいですので、暑さが体に籠もりやすいです。
    あまりつきつめて考えたり、ムリをなさらないで、ツライときはお医者にかかったりクーラーをかけてくださいね。熱中症も怖いですから。
  • id:miharaseihyou
    一番の暑さ防止は足を冷やすことです。
    特に足先を冷やすと体温を下げる働きがあるので効果的です。
    頭を冷やすよりも素足になる方がヨク効く。
    頭を冷やすと身体全体が失われた熱量を補おうと発熱量を増やしてしまいます。
    一番手っ取り早いのがタライに水張って足をジャボンだけどね。
    現実的には靴や靴下で工夫して下さい。
  • id:hissssa
    そもそも発汗の機能があることとエネルギー消費には何の関係もありませんが。
    主に筋肉で発生した熱を冷却するために皮膚細胞の発汗機能があるわけで、その皮膚細胞が筋肉以上の熱を出したら、筋肉の冷却が出来ず本末転倒です。
    自動車の駆動システムだって、ラジエーターが熱を出すわけではありませんよね。
  • id:koko24
    hisssa様
    とてもわかりやすい解説ありがとうございました。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません