乳児に関しての質問です。

「赤ちゃんは粉ミルクを消化するのに時間がかかるので、一度飲ませたら3時間間隔を空けなくてはいけない。母乳の場合はすぐ消化されるのでいつでも飲ませてよい」という論がネットにあるようですが、これは科学的に正しいですか?
実際の研究や論文の引用・リンクでの回答をお願いいたします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2013/06/30 17:28:05
  • 終了:2013/07/03 14:59:12

ベストアンサー

id:a-kuma3 No.3

a-kuma3回答回数4440ベストアンサー獲得回数18242013/07/01 18:09:14

ポイント300pt

まず、母乳と乳児用調製粉乳(以下、粉ミルク)の成分的な違いについて。
http://www.nyukyou.jp/dairy/powdered/powdered06.html
牛乳と比べれば、ぐっと母乳に近い。
蛋白質のカゼインと乳清の比率まで調整して、母乳に近づけているんですね(芸が細かい)。


で、本題。
お医者さんが書いてるものも、ちらほら見受けられたので、文献を探してみました。
こんなのとか、こんなのとか

ちょっと、思っていたのとは違ったものが見つかってしまいました。

まず、「公益社団法人日本麻酔科学会 術前絶飲食ガイドライン」という文書。

6.母乳
推奨
母乳の摂取は麻酔導入 4 時間前まで安全である.(推奨度 C)
論拠
放射性同位元素で標識して胃内容量を測定した試験では,胃内の母乳は 120 分後に
18%になっており,人工乳や牛乳に比べて有意に少ない[23].

7.人工乳・牛乳
推奨
人工乳・牛乳の摂取は麻酔導入 6 時間前まで安全である.(推奨度 C)
論拠
5 歳以下の待機手術患者において,人工乳の術前投与に関して放射性同位元素で標識
して胃内容量を測定した試験では,胃内の人工乳,牛乳は 120 分後に 47%,55%になり,
母乳に比べて有意に多い[23]. メタアナリシスで牛乳の術前摂取について評価できる

http://www.anesth.or.jp/guide/pdf/guideline_zetsuinshoku.pdf

参考文献[23]というのは、こちら。

[23] Billeaud C, Guillet J, Sandler B.: Gastric emptying in infants with or without
gastro-oesophageal reflux according to the type of milk. Eur J Clin Nutr
1990 ;44(8):577-583.

http://www.anesth.or.jp/guide/pdf/guideline_zetsuinshoku.pdf

んー、古い。
でも、一応、内容を確認します。

Abstract だけですが、ここで読めます。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2209513

GE did not differ with age or sex, but differed mainly according to the type of milk. In the control group, gastric residual content (GRC) at 120 min was 18 +/- 11 per cent with human milk (n = 7), 16 +/- 21 per cent with whey-hydrolysate formula (n = 8), 25 +/- 17 per cent with acidified formula (n = 13), 26 +/- 19 per cent with whey-predominant formula (n = 22), 39 +/- 17 per cent with casein-predominant formulae (n = 20), 47 +/- 19 per cent with follow-up formulae (n = 16) and 55 +/- 19 per cent with cow's milk (n = 12).

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2209513

whey は、乳清。牛乳から、乳脂肪分やカゼインを除いたもの。
casein は、カゼイン
120分後に 47% になるのは follow-up formula (多分、フォローアップミルク)。
これを人工乳としてしまうのは、とても大雑把(とにかく、胃が空っぽになるには、というガイドラインなので、時間がかかる方を採用する、ということだと思います)。
とはいえ、乳清が主体的なものでも、二時間で 26% が胃に残っているらしい。

もうひとつ見つけたんですが、こちらはもっと古くて 1981年。
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1651-2227.1981.tb05760.x/abstract

The average gastric half-emptying time for meals of human milk was 48 min, and for meals of infant formula 78 min. After 1 hour an average of 29.5 ml of human milk and 22.7 ml of infant formula per 0.1 m2 of body surface area had emptied from the stomach.

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1651-2227.1981.tb05760.x/abstract

胃内の残存量が半分になるまで、母乳は 48分、粉ミルクは 78分。
一時間で、母乳が 29.5 ml、粉ミルクが 22.7 ml (体表面積 0.1m2 当たり)が、胃からなくなっている、と。


二十年前から、粉ミルクが進化していないとは、とても思えないんですが、消化に影響がありそうなカゼインの量の調整は、日本だと昭和30年代の終わりには、行われていた様子。

特殊調製粉乳時代
日本の経済が急速に回復する中で、正しい栄養摂取のあり方、母乳成分の研究、新しい技術の導入などで、育児用粉ミルクはさらに母乳に近いものとなりました。
「調製粉乳」に加えて昭和34年、乳等省令で「特殊調製粉乳」の規格が制定されました。これまでは牛乳に不足する成分を添加していましたが、この頃になると母乳の研究も進み、より母乳に近づけるため、牛乳の成分そのものの置換が認められるようになりました。牛乳に多いカゼイン(たんぱく質)を少なくして乳清たんぱく質を多くする、脂肪酸組成を変えるため牛乳の脂肪を一部植物性脂肪に換える、さらに、ミネラルバランスの改善などが次々と行なわれました。昭和30年代の終わり頃には、各社の製品はすべて特殊調製粉乳になり、昭和50年以降は、砂糖の添加もなくなりました。

http://www.nyukyou.jp/dairy/powdered/powdered05.html

先の「術前絶飲食ガイドライン」は 2012年7月とありますが、論拠にしている論文は 1990年。
それなりに新しい文献も参考にされているので、先の論文が古くても信用に足るもの、もしくは、新しい論文が無い、ということなのかも。
# 探し方が悪いのかもしれません ><


「赤ちゃんは粉ミルクを消化するのに時間がかかるので、一度飲ませたら3時間間隔を空けなくてはいけない。母乳の場合はすぐ消化されるのでいつでも飲ませてよい」

この物言いですけど、次のように言いかえると、あまり気にならなくならないかな、と。

母乳の場合には、赤ちゃんが欲しがるだけあげて良い。
でも、粉ミルクの場合には、母乳に比べて、吸い口が飲み易い、胃内残存時間が長い、という特徴があるので、飲み過ぎてしまう可能性もある。
なので、三時間ほど間隔を空けることを意識した方が良い。

結局のところ、加減とか塩梅が大切だと思います。
赤ちゃんの個体差や、そのときの体調を無視してできる話ではないですし。
何にせよ「過ぎたるは及ばざるがごとし」。
# うちの場合には、量が多過ぎた ><

因みに、ぼくは、「お腹が空いた」って泣いているのが全然分からなく*1って、しばしば、我慢をさせたことがありました。
というわけで(何が)、子育て、頑張って下さい。

*1:ごはんか、おむつか、眠い、のどれかだろうに、何故かミルクのことを忘れちゃう

id:Lhankor_Mhy

その辺の研究どおりだとすると、安全を取って3時間というのは一応ありうる話ですね。
ただ、胃にミルクが残っている状態で授乳することが良くないかどうか、についてはまた別の話、ということになりますか。

2013/07/03 15:00:58

その他の回答(2件)

id:NAPORIN No.1

なぽりん回答回数4647ベストアンサー獲得回数8512013/06/30 17:56:37

ポイント200pt

定本育児の百科 (岩波文庫)〔全3冊セット〕

定本育児の百科 (岩波文庫)〔全3冊セット〕

という小児科医が実体験にもとづいて研究した本を愛読していました。
そこにあった要旨を覚えているだけでかきますと
「たいへんだが母乳育児をすすめたい(いろいろ理由あり)。
粉ミルクはほ乳瓶のゴムの穴を大きくすればすぐのませおわることができる。母親は楽ができるが子供が過大になりやすい。気づくと運動しづらい体になって肥満してしまうことがある。
したがって母乳でない場合は「人工ミルクの量を制限せねばならぬ」。夏など喉がかわいてもっとほしがるときは、白湯(さゆ。沸騰させて冷ました水のこと)やうすめた果汁(半年以降。新生児には与えない)などを与えたい。」
人工ミルク会社はミルクがよくうれた方がうれしいですから「少なめにあげろ」とは絶対にいいません。(研究でそういう成果がでていたとしても)
  
消化は母乳もミルクもさほどよくはありません。乳児性下痢をするのは通常の赤ちゃんです。
必要な量より飲ませすぎたら体の姿勢を立ててげっぷをさせているうちにけぽっといくらか吐くのもごく通常のことです。
ほかにもいろいろ詳しくかいてあるのでおすすめの本です。

id:Lhankor_Mhy

これはよさそうな本ですね。買ってみようかな。

2013/06/30 18:01:12
id:ika-ika No.2

しぐま。回答回数57ベストアンサー獲得回数22013/07/01 17:12:25

ポイント10pt

粉ミルクの場合、飲ませてはいけないと言う人と
        飲ませていいという人がいるようですね。
http://okwave.jp/qa/q3036207.html
粉ミルクは絶対に3時間あけなければダメでしょうか?
この質問の回答にも、

私はとりあえず3時間空ける、というのは守ってました。

というように、守る方がいいと言う意見と、

保健士さんに相談したところ体重増加だけ気をつければOKとのこと

と、関係ないという意見もあります。

http://mamanomori.jp/column/ikuji/m_7.html
ここでは、ミルクの授乳感覚について
詳しく書かれているので、
是非見て下さい。

id:Lhankor_Mhy

ごめんなさい。
その辺のことについては分かっているつもりです。
 
授乳間隔をどうしたらいいのかとか、赤ちゃんが泣いているときにミルクを上げた方がいいのかどうかとか、そういうことを聞きたいのではないのです。その辺は経験でなんとなく分かるようになりましたので。

2013/07/01 17:17:14
id:a-kuma3 No.3

a-kuma3回答回数4440ベストアンサー獲得回数18242013/07/01 18:09:14ここでベストアンサー

ポイント300pt

まず、母乳と乳児用調製粉乳(以下、粉ミルク)の成分的な違いについて。
http://www.nyukyou.jp/dairy/powdered/powdered06.html
牛乳と比べれば、ぐっと母乳に近い。
蛋白質のカゼインと乳清の比率まで調整して、母乳に近づけているんですね(芸が細かい)。


で、本題。
お医者さんが書いてるものも、ちらほら見受けられたので、文献を探してみました。
こんなのとか、こんなのとか

ちょっと、思っていたのとは違ったものが見つかってしまいました。

まず、「公益社団法人日本麻酔科学会 術前絶飲食ガイドライン」という文書。

6.母乳
推奨
母乳の摂取は麻酔導入 4 時間前まで安全である.(推奨度 C)
論拠
放射性同位元素で標識して胃内容量を測定した試験では,胃内の母乳は 120 分後に
18%になっており,人工乳や牛乳に比べて有意に少ない[23].

7.人工乳・牛乳
推奨
人工乳・牛乳の摂取は麻酔導入 6 時間前まで安全である.(推奨度 C)
論拠
5 歳以下の待機手術患者において,人工乳の術前投与に関して放射性同位元素で標識
して胃内容量を測定した試験では,胃内の人工乳,牛乳は 120 分後に 47%,55%になり,
母乳に比べて有意に多い[23]. メタアナリシスで牛乳の術前摂取について評価できる

http://www.anesth.or.jp/guide/pdf/guideline_zetsuinshoku.pdf

参考文献[23]というのは、こちら。

[23] Billeaud C, Guillet J, Sandler B.: Gastric emptying in infants with or without
gastro-oesophageal reflux according to the type of milk. Eur J Clin Nutr
1990 ;44(8):577-583.

http://www.anesth.or.jp/guide/pdf/guideline_zetsuinshoku.pdf

んー、古い。
でも、一応、内容を確認します。

Abstract だけですが、ここで読めます。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2209513

GE did not differ with age or sex, but differed mainly according to the type of milk. In the control group, gastric residual content (GRC) at 120 min was 18 +/- 11 per cent with human milk (n = 7), 16 +/- 21 per cent with whey-hydrolysate formula (n = 8), 25 +/- 17 per cent with acidified formula (n = 13), 26 +/- 19 per cent with whey-predominant formula (n = 22), 39 +/- 17 per cent with casein-predominant formulae (n = 20), 47 +/- 19 per cent with follow-up formulae (n = 16) and 55 +/- 19 per cent with cow's milk (n = 12).

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2209513

whey は、乳清。牛乳から、乳脂肪分やカゼインを除いたもの。
casein は、カゼイン
120分後に 47% になるのは follow-up formula (多分、フォローアップミルク)。
これを人工乳としてしまうのは、とても大雑把(とにかく、胃が空っぽになるには、というガイドラインなので、時間がかかる方を採用する、ということだと思います)。
とはいえ、乳清が主体的なものでも、二時間で 26% が胃に残っているらしい。

もうひとつ見つけたんですが、こちらはもっと古くて 1981年。
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1651-2227.1981.tb05760.x/abstract

The average gastric half-emptying time for meals of human milk was 48 min, and for meals of infant formula 78 min. After 1 hour an average of 29.5 ml of human milk and 22.7 ml of infant formula per 0.1 m2 of body surface area had emptied from the stomach.

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1651-2227.1981.tb05760.x/abstract

胃内の残存量が半分になるまで、母乳は 48分、粉ミルクは 78分。
一時間で、母乳が 29.5 ml、粉ミルクが 22.7 ml (体表面積 0.1m2 当たり)が、胃からなくなっている、と。


二十年前から、粉ミルクが進化していないとは、とても思えないんですが、消化に影響がありそうなカゼインの量の調整は、日本だと昭和30年代の終わりには、行われていた様子。

特殊調製粉乳時代
日本の経済が急速に回復する中で、正しい栄養摂取のあり方、母乳成分の研究、新しい技術の導入などで、育児用粉ミルクはさらに母乳に近いものとなりました。
「調製粉乳」に加えて昭和34年、乳等省令で「特殊調製粉乳」の規格が制定されました。これまでは牛乳に不足する成分を添加していましたが、この頃になると母乳の研究も進み、より母乳に近づけるため、牛乳の成分そのものの置換が認められるようになりました。牛乳に多いカゼイン(たんぱく質)を少なくして乳清たんぱく質を多くする、脂肪酸組成を変えるため牛乳の脂肪を一部植物性脂肪に換える、さらに、ミネラルバランスの改善などが次々と行なわれました。昭和30年代の終わり頃には、各社の製品はすべて特殊調製粉乳になり、昭和50年以降は、砂糖の添加もなくなりました。

http://www.nyukyou.jp/dairy/powdered/powdered05.html

先の「術前絶飲食ガイドライン」は 2012年7月とありますが、論拠にしている論文は 1990年。
それなりに新しい文献も参考にされているので、先の論文が古くても信用に足るもの、もしくは、新しい論文が無い、ということなのかも。
# 探し方が悪いのかもしれません ><


「赤ちゃんは粉ミルクを消化するのに時間がかかるので、一度飲ませたら3時間間隔を空けなくてはいけない。母乳の場合はすぐ消化されるのでいつでも飲ませてよい」

この物言いですけど、次のように言いかえると、あまり気にならなくならないかな、と。

母乳の場合には、赤ちゃんが欲しがるだけあげて良い。
でも、粉ミルクの場合には、母乳に比べて、吸い口が飲み易い、胃内残存時間が長い、という特徴があるので、飲み過ぎてしまう可能性もある。
なので、三時間ほど間隔を空けることを意識した方が良い。

結局のところ、加減とか塩梅が大切だと思います。
赤ちゃんの個体差や、そのときの体調を無視してできる話ではないですし。
何にせよ「過ぎたるは及ばざるがごとし」。
# うちの場合には、量が多過ぎた ><

因みに、ぼくは、「お腹が空いた」って泣いているのが全然分からなく*1って、しばしば、我慢をさせたことがありました。
というわけで(何が)、子育て、頑張って下さい。

*1:ごはんか、おむつか、眠い、のどれかだろうに、何故かミルクのことを忘れちゃう

id:Lhankor_Mhy

その辺の研究どおりだとすると、安全を取って3時間というのは一応ありうる話ですね。
ただ、胃にミルクが残っている状態で授乳することが良くないかどうか、についてはまた別の話、ということになりますか。

2013/07/03 15:00:58
  • id:NAPORIN
    ミルクの「度数」なんて科学的に数えられないです。
    なにしろ体力がなければ休み休み飲むだけですから。
    親としては分けて飲んでほしい。飲んでないときはおっぱいしまっときたい。
    なのにずるずる24時間おっぱいだしっぱなしになるのが新生児ですよ。
  • id:Lhankor_Mhy
     ウチは混合なんですけど、その時にウチのがそういう説をネットで読んでしまって、「この子泣いてるんだけど、まだ3時間経ってないからあげちゃダメなのかなあ?」と悩んでたことがあったので、の質問です。(その時は、1日の量に注意しながら与えれば栄養学的には問題ないはず、とアドバイスしました)
     育児に関してネットで情報をあつめてると、いろいろトンデモ科学がでてきて危ないですね。この前も「舌癒着症」という病気の情報をウチのが見つけてきまして怪しんでました。たぶんトンデモだろうからスルーしよう、という結論に達したところです。
  • id:Lhankor_Mhy
     ウチのは、まだそういう怪しげな療法がキライなので頼もしいですが、自然療法とかロハス的なものに弱い奥さんは結構大変だろうなあ、と。
  • id:NAPORIN
    泣く子もいろいろ理由があって、上で紹介したカロリーはたりてるけど暑くて喉乾いた。というのもあるし、服がキツかったり、おむつでおしりが急にかゆくなったり、「夜になって暗いの飽きた」で泣く子もいてそれだと3歳くらいまで夜泣きしたり… 
    奥さんと子供の一番大事な時期ですが、いちばんかわいい時期でもありますので、のんびりかまえられる奥さんでいられるようにしてあげてくださいまし。たしかにそういうハマりやすい時期です。上の本は書き方はお堅いですが頼もしいとおもえる人にはお薦めですよ。
  • id:miharaseihyou
    粉ミルクの飲み過ぎで肥満とかはわりとヨク聞く話ですね。
    特に最初の子供に多い。
    泣くと安易に飲ませて、結果として後で苦労すると・・。
    私の幼児期の記憶で一番幸せだったのは、やっぱりおっぱい飲ませてもらっていた時のはかない記憶だけど、母の顔をちらちら見ながら少しずつ時間を掛けて飲んで、母は疲れたそうです。
  • id:NAPORIN
    舌癒着症なんてその本には載ってなかった…(がこうそうならあった)とおもいますがだいぶ前の記憶なので。
    赤ちゃんがかかる病気についてもとても詳しいので一度手に取られてみては。
  • id:a-kuma3
    うちの場合は、特別なケースかもしれないけど、経験談として。

    双子で、自然分娩でした。
    予定日を目前にして、出てくる気配が無いので、「明日、破水しなかったら、帝王切開ね」と言われた当日に、あわてて(?)出てきました。
    ひとりが 2600なんぼで、もうひとりが 2200なんぼだったはず(正確な数字は、忘れた)。
    一応、決まりで後の子は未熟児扱いで、顔を合わせた直後には保育器行きでした。
    後の子は、多少、黄疸の気はありましたが、すぐに保育器を卒業し、予定通りに退院できました。

    母親の乳の出も良かったので、母乳を主体にしたのですが、よくおっぱいを飲んだので母乳では足りずに、粉ミルクも使いました。
    比率的には、母乳:人工が、6:4 ~5:5くらいだと思います。
    二人とも、本当によく飲んだ(ジュコーって音を立てながら、200ml くらいの瓶を30秒くらいで飲み干してた)ので、三ヶ月検診のときには、体重が増えすぎて顔の形が変わってるくらいで、(親は気が付いてなかったけど)医者にも、他の母親にも「おいおい」って言われてました。

    そんなやつらですけど、さすがに、飲みすぎると吐いてました。
    母乳、人工乳に関係なく。

    んで、質問の文章について言えば、「粉ミルクか、母乳」という比較の仕方がナンセンスだと思います。
    他の条件もそろえたうえで比較実験を行った結果があるなら、見てみたいものです。

    「なるべく母乳で育てたい」と言ってたので、母乳を自分で絞って冷凍にしてたりやってたみたいですが、一度に 200cc も出るわけじゃないです。
    単純に、「量」だけの差だと思います。

    粉ミルクは、作ればいくらでも作れます。
    与えればいくらでも飲む奴(うちみたいに)なら、当然、差が出てくるはずです。
    母乳だと、一度に 200cc オーバーを飲むことができないので、人工乳を 200cc 飲ませたときに比べると、次に欲しがるまでの時間が短い、というような。

    うちの場合は、量的にあげ過ぎだったらしいので、あげる量に差をつけるようにして総量を減らして、早めに離乳食主体に移しました。
    その「論」を読んでないので、よくは分かりませんが、「人工乳だと吸収が良いので、同じ量を与えるなら、母乳よりも控えめにしなければいけない」ということであれば、経験的に納得ができます。


    そんなやつらも、もう中学生です(正確に言えば、うまくいけば、もうすぐ高校生)。
    いやになるくらい、デカいです :-)
  • id:Lhankor_Mhy
    うん、私もあの話はヨタだろうなあ、と思ってるんですけど確証がないんで質問させていただいてます。
     
     
     
    あと、だわかきさん。
    すみませんが、私はあなたをNGID指定してます。設定の問題ではありません。
  • id:NAPORIN
    a-kuma3さん
    お子さんがいる方の実体験興味深いです。双子さんでは奥様も大変だったんですね。
    200nl以上のほ乳瓶て、最初は本人がもてないくらいじゃないですか。
    それを1基のみはびっくりしますね。
    うちは逆に1人だったし、かじゅく気味でうまれています。
    そのせいか完全母乳でも平均ちょっと上程度でしたが、
    離乳後しばらくしてゴハンの魅力にめざめてしまって…  
    今やとても小さかったあのこはおもいだせません。
    おっぱいのんで離乳食が細くて心配していたころの体型がなつかしいです。
    小学校高学年からあっという間にほんとうにおとなっぽい体つきになってしまいました。
    カレーライスや麻婆丼は飲み物じゃないぞといいたい今日この頃です。
  • id:taruhai
    うちは息子二人で、二人とも完全人工なんですが、上は高1下は小3でものすごく元気です。
    確かに二人とも少々太りぎみのことはありましたが、保育園~小学校と運動量が増えるにつれ、みんなと変わらない体型になりましたよ。
    それと、母乳を飲まなかった子は病気をしやすいとか言われますが、滅多にかぜもひかず、まあほんと転げ回るほど丈夫です。
    経験からヒトコト申し上げるとすると“気にするのが一番良くない”でしょうか。
    親のストレスは子供に移るそうですしね。
  • id:a-kuma3
    それなりに大変でした(って、ぼくが言っちゃいけない?)けど、食が細いとか、夜に寝てくれない、という悩みが無かったので、二倍大変だった、ということは無かったと思います。
    でも、赤ちゃんの頃は、マンションの一階に住んでたんですけど、ぼくが帰ってきたときに、薄明りのシルエットでやけにでかい影が揺れてるなあと思ったら、子供を前後にかかえて寝かしつけてた、みたいなことはありましたが(懐かしい)。
    もちろん、ひとしきり笑った後に、一人を抱えだして、夜のドライブに行きましたよ(片方が、車でよく寝たので)。

    >うん、私もあの話はヨタだろうなあ、と思ってるんですけど...
    ヨタ過ぎて、検証している人がいないんじゃないかと。
    赤ちゃんの個人差の方が大きいでしょう。
    食が細い子は、たくさんいるようだし。
    実体験的には、その話とは逆に、「人工乳の方が吸収が良い」というのだったら、そうかもしれないなあ、と思ってしまうかも。

    因みに、その話の元ネタって示せるんでしょうか >Lhankor_Mhy さん
    医学的にどうこう、というのは別に、統計学的におかしい、という指摘はできるのかもしれないなあ、と思って。
  • id:Lhankor_Mhy
    「粉ミルク 3時間」でググるとうじゃうじゃでてきますよ。
    ウィメンズパークではマジョリティ意見みたいですし。
  • id:taruhai
    お腹が減ったと泣いていれば、母乳でもミルクでも飲ませればいいんじゃないですかねぇ。
    子供には3時間なんて全く関係ないんですから。
    ひもじいのはかわいそうですよ。
  • id:NAPORIN
    やーでも夕暮れ泣きかもしれないし、「のどがかわいた」のかもしれないし、最初期の言葉が通じない間は正確なことはやっぱりわからないですよ。ミルクに向かってハイハイするとかまんままんま言うようになればよくわかりますけど。たまに「これ違う!これじゃない!」ってコップなげて叱ったり。なつかしいわー。
  • id:taruhai
    確かに。
    しかしそんなかわいい頃も一瞬でオサラバですね。
    高校生なんておっさんと変わりませんから(´д`|||)
    どうかなあ?って悩めるうちがハナなんですよ、きっと。
  • id:Beirii
    ちょっと話は逸れるけど、なぽりんさんおすすめの育児百科系の分厚い本は一冊あると便利ですよ。
    夫婦で吟味して選んでおくと特に良いと思います。
    こういう真偽不明な情報に悩まされないで済むし、夫婦間の育児観の違いに対して客観的な視点を提示してくれるし。
    その他、多方面(ご近所さんやご両親など・・・)からの育児「アドバイス」に対する防御力とか(ry

    ちなみにうちで使ってたやつは「はじめて出会う育児の百科 0~6歳」でした。
    ウチでは夫婦間で意見が食い違ったらこの本に従うことにしてました。
    お互い慣れないところで無用な衝突とかしたくないよねってことで。

    あ、ウチは完母でしたのでお力になれず、でした。
  • id:alpinix
    >ヨタ過ぎて、検証している人がいないんじゃないかと。
    面白いなあ、そもそも僕(?)のころは授乳間隔を指定して3時間というのが通説でした。
    試しに
    「粉ミルク 3時間」でぐぐった結果は約 412,000 件
    「母乳 3時間」でぐぐった結果は約 2,030,000 件でした。まあキーワードの言語組成によって検索の引っかかりやすさは変わるので一概には言えないですが。
     
    まあヨタでしょうね。ぱっと見、反証可能性が無いですし、前者の検索結果からでてるくるのってQAサイトの質問か、ロハスとかあっち系のサイトですから。
     
    育児のこの手の話題って、自分の子供で試すわけにいかないから言ったもん勝ちの悪魔の証明パターンなので、そういう偽科学的な存在とどうしても親和性が高くなっちゃうんですよね・・・。
     
    ※ちなみに我が家は「育児の百科」岩波でした。

     
  • id:a-kuma3
    >ヨタ過ぎて、検証している人がいないんじゃないかと。
    粉ミルクのメーカーだったら、消化についても「母乳と変わりません」みたいな資料があるかと思ったのですが、どうにも見つからない。
    「消化が良い」という言葉でくくるのは、いささか不正確な気もしますが、胃内滞留時間については、五十年前と変わらず、ということなのか、もしくは、そこが乳児用調製粉乳の大切なポイントではない、とメーカーが判断しているとか。
    古いものながら論文は見つけたものの、あまり納得していません。


    うちの場合は、とにかく母乳主体を強く言われましたが、二人もいると足りるわけもなく。
    # 毎日献血しているようなものなので、奥さんはみるみるまに痩せていきました :-)

    三ヶ月くらいのときには、一本半飲んでたのを、これはやばいらしいということで、一本に抑え、その分、腹が減ってたせいか、ボーロや赤ちゃん煎餅はむしゃむしゃ食うし、でも夜はきっちり寝てくれたので、夜中は八時間くらいは間が空いてたし、そんなんだから、断乳もあっと言う間(もの足りなかったのかな)。
    食が太いやつがいるので、間を空けずに好きなだけ粉ミルクを与えると、太って危険だぜ、ということであれば、経験から激しく納得します。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません