≪有給休暇時の労働時間≫労働基準法で被雇用者の労働時間は40時間/週と決まっていますが、大抵の場合その週に祝祭日などがあると、この40時間/週はクリア、つまり週40時間以下にしやすいですよね。では、被雇用者が年次有給休暇をある週に1日消化した場合はどうなのでしょうか?

有給なので働いたことになり、それも労働時間としてカウントしなくてはならないのでしょうか?それとも、その日の分の給料は払われるべきであるものの、労働時間としては祝祭日に休んだ時と同じように、労働時間としてカウントしなくてもよいのでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/07/02 01:29:41
  • 終了:2013/07/07 13:02:22

ベストアンサー

id:dawakaki No.2

だわかき回答回数797ベストアンサー獲得回数1222013/07/02 12:07:37

ポイント50pt

有給休暇の時間は労働時間としてカウントしません。
1日8時間で4日間(有給休暇1日)だったなら、その週の労働時間は8×4=32時間となります。

ただし、1日だけ10時間勤務の日があって、10+8×3=34時間となった場合、1週40時間以下ですが、2時間の超過勤務(残業)扱いになります。
というのは、法定労働時間では、1日8時間または1週40時間のいずれかを超えた場合を超過勤務と見なすからです。
http://www.roudou.net/ki_jikan.htm

その他の回答(1件)

id:seble No.1

seble回答回数4678ベストアンサー獲得回数6172013/07/02 07:28:44

ポイント50pt

年休はあくまで休暇ですので、労基法32条の労働時間へは算入しません。
実際に労働した(したと見なせる)時間であって、休憩時間が含まれないように、休暇や欠勤で労働していなければ労働時間とは見なせません。
ただし、労働日数としては出勤したと見なします。
http://www.houko.com/00/01/S22/049.HTM#sf
136条

id:dawakaki No.2

だわかき回答回数797ベストアンサー獲得回数1222013/07/02 12:07:37ここでベストアンサー

ポイント50pt

有給休暇の時間は労働時間としてカウントしません。
1日8時間で4日間(有給休暇1日)だったなら、その週の労働時間は8×4=32時間となります。

ただし、1日だけ10時間勤務の日があって、10+8×3=34時間となった場合、1週40時間以下ですが、2時間の超過勤務(残業)扱いになります。
というのは、法定労働時間では、1日8時間または1週40時間のいずれかを超えた場合を超過勤務と見なすからです。
http://www.roudou.net/ki_jikan.htm

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません