太陽光発電で国に売電しようとする際に、連系リスク(50KW未満の低圧連系ではあまり見られないことですが、電力会社との接続協議の時点で変電所の容量不足などを理由に接続を拒否されたり、連系にかかる費用が思ったより高額で事業断念せざるを得なくなったケースや、大幅に設備容量の縮小を強いられる場合があります。)があるらしいですが、そのリスクをゼロにする方法はありますか?(太陽光発電システムを揃えてから、国に申請して駄目とわかるのでは遅いので、計画立案の段階で、国に相談して、リスクがないか事前検討をしてリスクを完全に排除できないですか?)

回答の条件
  • URL必須
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/07/27 02:28:39
  • 終了:2013/08/03 02:30:05

回答(3件)

id:holoholobird No.1

holoholobird回答回数574ベストアンサー獲得回数1042013/07/27 09:50:02

ポイント34pt

http://taiyoseikatsu.com/faq/faq053.html
使用している機器が誤作動を起こしたような場合が大半なので、リスクゼロにする=信頼性の高い機器を使うです。

id:dawakaki

系統連系リスクは、電力会社側の都合によって発生することが多いですよ。

2013/07/27 10:37:21
id:dawakaki No.2

だわかき回答回数797ベストアンサー獲得回数1222013/07/27 10:35:25

ポイント33pt

電力会社側の設備の事情で、事前協議の後に系統連系を断られるケースがあります。国に頼っても駄目です。

前の質問でも書きましたが、電力会社側の設備増設の費用をこちらで負担するか、太陽光設備の専門業者に系統連系申請に加わってもらうことでリスクを低減することはできます。
いずれにしても費用はかかります。
http://www.ctc-g.co.jp/corporate/press/2012/0817b.html

id:boost_beast No.3

boost_beast回答回数785ベストアンサー獲得回数312013/08/03 01:51:08

ポイント33pt

http://xn--54qw5qxnjottb1fmk9bjza.biz/
http://hatsudenkakaku.info/entry54.html
この辺を見てみるのはどうでしょうか。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません