匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

医師から水分を十分補給するよう言われますが、「十分補給とはどの程度?」。

 アラフォー男性で、体重75から70キロ、高尿酸値症です。会社員で、オフィスではペットボトル2リットルを肌身外さずもっています。1.5リットルは飲んでます。あとは朝と夜、家で水分補給です。
 アラフォーのもうひとりですが、便秘です。体重は65キロちかくあると思います。医師には、水分をよく取りなさいと言われ、薬ももらっていますが、薬剤師からは、水分補給のダメ押しを言われているようです。どの程度、水分補給するのか、わからないようです。OLですから日中はオフィスです。「オフィスでは、ペットボトル2リットルを抱えていなさい」でいいでしょうか。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/08/07 00:31:16
  • 終了:2013/08/14 00:35:05

回答(4件)

匿名回答1号 No.1

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2013/08/07 01:50:56

>ペットボトル2リットルを抱えていなさい

ダメダメですよ。

女性は男性よりトイレが近く、オフィスだと冷房で体も冷えるダブルパンチなので、1リットル飲むだけでも大変なんですよ。

水分はお茶や水のような液体だけでなく米飯などからも取ることができますし、食事に含まれる水分のほうが長く多く体内に蓄えることができて便通にも良いのですが、食事や生活の内容まで口出しできる仲なのでしょうか?

口出しできる仲なら朝昼晩すべてをご飯と季節野菜を中心とした食生活に切り替えるように誘導してあげてください。

出来ることならエアコンの設定温度を2℃でも3℃でも上げて少しくらいは汗をかける様な環境にしてあげてください。そうすれば飲む量も自然と無理なく増えます。

寒ければ服を着ろっておっしゃるかたもおられますがサウナスーツ着て仕事してるOLなんて考えたくもありませんw

参考になったかわかりませんけど、男と女じゃ体の構造がちがうのでくれぐれも注意してくださいね。

他3件のコメントを見る
匿名回答1号

シリアルと牛乳が毎朝食と思っちゃいました。低脂肪乳なら全然OKだと思います。

食事を抜いたりすると体調崩します便秘にもなります。お仕事忙しくてもお食事は絶対まともなものできるだけ決まった時間に食べましょう。お体お大事に。

2013/08/08 00:51:20
匿名質問者

有難うございました。
朝食は、「パン+牛乳(低脂肪)」というパターンをやめて、その場合は、「シリアル+牛乳(低脂肪)」という形にしてました。昼もパンは一切、やめてました。
パン食も復活させました。

2013/08/09 23:44:59
匿名回答2号 No.2

匿名回答2号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2013/08/07 04:02:51

男性が、痛風で「水分摂取を」と言われているのと
女性が、便秘で「水分摂取を」と言われているのとでは
全く意味合いが違ってくるので、同じように捉えないでください。
痛風の場合は、
①尿酸生成の元になる「プリン体を含む食品」を出来るだけ摂らないようにする。
②水分摂取と薬物療法で尿酸の排泄を促進させる。
という両面で血中の尿酸値を低下させるのが目的です。
尿酸値が上昇すると、痛風発作が起きて痛い思いをしますし
治療中に薬剤によって尿酸排泄を促進させると、尿が酸性になるため
酸性尿の改善のための薬剤も処方されると思います。
この時の、腎臓への負担軽減のためにも
「水分を沢山摂って」ということになります。
単純に言えば、薄めるわけですね。
ちなみに、薬を飲んでいなくても、尿酸値が上昇すると酸性尿になります。
こういう状態を放置したりすると、腎臓に大きな負担となり
腎臓の細胞が破壊され、果ては透析を受けなければならなくなるという
怖さを秘めた病気ですので、くれぐれもご用心を。
(足の指関節が痛くなるのは、本当の怖さの予兆だとお考え下さい)
男性の場合、男性ホルモンが尿酸の排泄を阻害するため
お薬とは、二人三脚で生きて行くみたいな気持ちでいてください。
数値が下がったから「治った」と考えないようにした方が
身体のためだと思います。
男性ホルモンが多めの方はなりやすいので、胸毛がある人とか
40代以降はなりやすいみたいですね。
このため、女性で痛風に罹患する人はごく希です。
ちなみに、プリン体を多く含む食品には
焼き鳥の油(皮とかに多く含まれるのかな)とか
ビールとか(最近プリン体オフのもあるけど)があるので
ご用心下さい。
ちなみに、万が一痛風発作が発生して足の長拇指球などが痛み出したら
出来るだけ歩かないで、受診するか薬があれば飲んでください。
多分、尿酸値が軽く8.0を越えていると思います。
その時は、関節包の中に金平糖のような尿酸結節が出来ていますので
無理に動くと関節内に傷が付いて腫れあがることになります。
そうなると、薬剤で尿酸結節が消えても痛みが残って
歩けなくなったりしますから、薬はちゃんと飲んでくださいね。
40代以降の男性に多い病気ですが、みんながなっているからと
嘗めてかかると、糖尿病と同じで、とても怖いことになりますから
くれぐれもご用心下さい。

女性の便秘は、1号の方が書いていらっしゃるように、
水分補強よりも繊維質の食事を心がけたり、
運動したりということの方が効果的なのかも知れません。
(無論、水分補給を多めにすることは効果的ですが)

他6件のコメントを見る
匿名質問者

有難うございます。

 >思いこむ必要のある年齢に差しかかっているのやも

たしかにそうかもしれないですね。

 実はこんなことがありました。
私は、
  悪い影響に体がさらされてダメージを受けるペースと、
  これを体内から排除排泄するペースの両者のバランスに注意を払う必要があると思われ…
とまで、話したのです。
私としては、
  仮に、前者のペースが勝ってしまうと、悪影響の蓄積が始まる、
  そして、この蓄積が、あるレベル(閾値)を越えると、
  それにより、不可逆的なダメージが起きるかもしれない、
と話を展開したかったのですけれど。
途中でいきなり、
「あなたは間違っている。人間の体は、常になにかあっても回復するように出来ているのだ」と
遮られてしまいました。
私としては、「これは考え方が自分とは違いすぎる。凝り固まっている」と思ったというわけです。
考え方が違う以上、どうしようもないと思いました。



 >何ごとも無理は禁物と、お伝えできれば・・・

上手な言い回しですね。今後、おなじような機会があれば、と思います。

2013/08/12 01:32:03
匿名回答2号

「人間の体は、常になにかあっても回復するように出来ている」

生体恒常性(ホメオスターシス)と呼ばれる機能で
....確かに間違いではないのですが
何ごとにも限界はありますからね(^_^;

その限界を超えてしまう人が多いから、痛風や糖尿病などという
生活習慣病にかかる人が多いのです。
人体は実に様々な防御機能を備えている、奇跡ともいえる様な
機能を備えてはいるのですが・・・
いくら鍛えようとも、無敵の身体などはあり得ませんから
やはり、大切に大切に身体のことを考えて生きていくべきです。
良いではありませんか、貴方が貴方ご自身の身体を大切にすれば。
無茶なことをする人には、必ずそのツケが回ってきますから。
その時に「ほら、言わんこっちゃない...」と呟いてあげて下さい。
しっかり気をつけていても病気にかかる時代ですから...。

2013/08/12 01:56:00
匿名回答3号 No.3

匿名回答3号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2013/08/07 19:32:38

 薬の副作用で便秘なおばさんです。
 
 お通じ用の漢方茶を1日2L近く飲んで、それと食事に気をつけることでなんとか便秘から逃れています。コントレックスなども試しましたし、病院で便秘薬などももらいましたが全然効きませんでした。
 今使っているお茶は不思議ですがきちんと煮出して毎日飲んでいればお通じが来ます。
 宣伝はしたくないので商品名は出しません。

 もうひとつ自分が抱えているのが「むくみ」ですが、これは出来るだけ歩いたりして汗をかくこと、リンパマッサージをすること(自分でもそれなりにできます)、むくみ防止の漢方薬を処方してもらうことでかなり楽になりました。
 
 あとは食事に気をつけてダイエットをすること。これらが内科医からの指示です。

id:Kaoru_A

匿名質問者

>お通じ用の漢方茶を1日2L近く飲んで

有難うございます。便秘対策として、2リットルという対応もあるのですね。
「お通じ用の漢方茶」というものですが、こんど調べてみます。

うちのもうひとりのアラフォーは、
お医者さんに、便秘薬を貰ったそうですが、
その際、「そもそも、水分しっかりとっているの?」と訊かれたそうです。
調剤薬局でもらった薬の説明書にも、たしか、「水分もしっかりとるように」と備考欄に書いてあったと記憶しております。

2013/08/07 21:47:10
匿名回答4号 No.4

匿名回答4号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2013/08/09 23:12:43

数字にはあまり意味がありません。
基礎代謝量や運動量によって必要な水分の量は変化します。
また、必要な量と摂取可能な量は違います。
無闇矢鱈に飲んでも吸収できなければ意味がありません。

今までよりも少しだけ多めに水分を摂取するというなら納得できるでしょう。
水分は体内で分解を補助し、細胞の栄養失調を予防する働きがあります。
しかし、腸で吸収できなければ意味がありませんし、習慣的に摂取している以上の量は吸収する習慣ができていません。
少しなら何とかなってもいきなりたくさんでは尿や汗になるだけです。

日々の消費量にもよります。
暑いと汗かいて、肉体は水分を欲しがります。
だからといって、普段の何倍の飲んでも、腸が吸収するかどうかは微妙です。

あなたの体力によって吸収可能な量には上限があります。
平生往生にならないように、運動を生活に組み込んでいるかどうかで違ってきます。
体力が弱い人は、ギリギリで凌ぐしかないでしょう。
バランス良く、汗をあまりかかないように、運動量を減らさなければならないでしょう。

匿名質問者

有難うございました。
私は、水分について誤解していたかもしれないです。
特に、次の<2>のところの考えが、間違っているかな、一人合点だったかな、と思うところです。

<1>腸(大腸)で吸収される水分:
まず、第一の働きとしては、体の中で体内の代謝に貢献する。たしか、ADPからATPを作るのに、水が必要だったとか、学校で習いました。学校で習う程度ですから、素人用の知識で、不正確かもしれないですが。
それから、水分量が多ければ、血液に供給されて、血液がドロドロにはなりにくくなり、動脈硬化を抑えるように働く。
また、血液ドロドロにならなければ、血圧も不必要に高くならない。
さらに、今、思ったのですが、血液がドロドロでなくなれば、腎臓での作用が容易になる。

<2>腸の吸収能力を超えた分:これは腸内に留まり、便に含まれるので、便が硬くなって便秘になるのを防ぐ。

2013/08/12 01:15:59

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません