羽田の国際化に関するニュースをここ数年よく耳にするようになりましたが、

何がきっかけであれほどまで、問題になっていた国際化が進み始めたのでしょうか。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/10/02 22:55:03
  • 終了:2013/10/09 23:00:07

回答(2件)

id:sibazyun No.1

sibazyun回答回数1743ベストアンサー獲得回数2352013/10/02 23:37:00

参考文献として「首都圏における航空の現状と課題」
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/kanko/ksk/01-1.pdf
が示すように、首都圏(成田+羽田)のうち、成田の拡張がままならないまま、
近隣(韓国、香港、シンガポール)などにハブ空港が次々にできて、
日本(東京の)国際的な地位が低下していることがあります。

id:Sampo No.2

Sampo回答回数556ベストアンサー獲得回数1042013/10/03 00:22:18

Wikipediaを出すのは気が引けるのですが
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%A9%BA%E6%B8%AF

羽田の国際化を阻んでいたのは敷地の狭さでした。そして、埋め立てで敷地を広げるには、当初土木技術が追いついていなかったのです。

成田開港後にも、結局国内線需要だけでも捌ききれなくなって埋め立て工事が始まるわけですが、それも難航して20年かかり、さらに埋め立てと桟橋を組み合わせた新工法のD滑走路が完成するのが2010年です。

つまり、羽田の国際化が急に進んだ理由は、土木技術の進歩だと言えます。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません