匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

  屋根の棟の瓦の下(棟瓦の下)に、泥を入れている様ですが、なぜ、泥を入れるのでしょうか?

  万一、雨が染みれば泥は崩れます。泥は雨に弱いです。もっと水に強いもの、他にないのでしょうか。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/10/03 00:06:30
  • 終了:2013/10/10 00:10:04

回答(1件)

匿名回答1号 No.1

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2013/10/03 01:07:57

昔の家の壁は土でしたし瓦屋根の下も土でした
竹を編んだ上に土を固めていたのです

土は水に弱いので漆喰というもので保護します
瓦の隙間に見える白い部分が漆喰です

土と漆喰の組み合わせは適度に空気を通し調湿してくれます
柱や梁が腐るのを防ぐ役割も持っているのです

水に強い接着剤などを使ってしまえば楽ですが湿気を排出できなくなります
湿気を排出できなくなると木が腐って家の寿命を極端に縮める原因になります
最近の建築物で換気扇を回しっぱなしにするのは湿気対策でもあるわけです

漆喰の主成分である消石灰は雑菌やウィルスの繁殖も抑えます
病気やアレルギー対策にもなっています

ざんねんながら土と漆喰の組み合わせに代わるものはいまのところまだないです

他1件のコメントを見る
匿名回答1号

雑菌が繁殖するほどに湿気るとやわらかすぎて崩れます
インフルエンザが生き続けるほどに乾いてしまってもひび割れて崩れやすくなります
土と漆喰の組み合わせでちょうどよい湿度を自然に保ってくれるので土で菌が増えるなんて心配は無用です

面戸でも漆喰でも好きに選べば良いですが建築は地域の気候にあわせる必要があります
周囲の家をよく観察して候補を決めてください

候補が決まったら工務店と予算を話し合って最終決断してください

2013/10/03 03:32:45
匿名質問者

 有難うございました。
  漆喰により、雑菌の繁殖を抑える、適切な湿度を保持しようという仕組みなのですね。
  私は、漆喰により、PHがある水準に保たれるとか、殺菌性のある物質が出ているとか、
  想像しておりました。見当違いでした。

 面戸ですが、漆喰の、その外側に、さらに面戸瓦を設置した方が、横殴りの雨については、
 強そうなので、付けた方が、いいか、と思いました。

2013/10/03 21:54:14
  • 匿名回答2号
    匿名回答2号 2013/10/03 01:15:17
    http://q.hatena.ne.jp/1380726390
    http://q.hatena.ne.jp/1380467857
    http://q.hatena.ne.jp/1380368220
    http://q.hatena.ne.jp/1380303131
    http://q.hatena.ne.jp/1379517603
  • 匿名回答2号
    匿名回答2号 2013/10/03 01:16:20
    http://q.hatena.ne.jp/1376812997
    http://q.hatena.ne.jp/1376795573
    http://q.hatena.ne.jp/1375621240
  • 匿名回答2号
    匿名回答2号 2013/10/04 18:41:22
    http://anond.hatelabo.jp/20131004175959

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません