匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

最近、色んな事がうまくいかなく感じています。

仕事はうまくいかず、家庭もうまくいかず・・・

いくつか箇条書きで質問させていただきますので、よろしくお願い致します。
※支離滅裂な内容かもしれません。ご容赦いただければ助かります。
1.自発性になるにはどうすればいいのですか?
2.勉強していてわからないことがあった場合、どうすればわかるようになりますか?
3.誰かにわからないことを聞きたいのですが、わからないことがわからない場合はどうすればいいでしょうか?
4.昔、海で溺れた時、死ぬのってそんなにつらいものではないと感じてから、嫌なことがあった時に死のうかなと思うことがあります。今がそんな時期です。これは質問になっていないかもしれません、すみません。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/10/16 13:52:34
  • 終了:2013/10/23 13:55:03

回答(2件)

匿名回答1号 No.1

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2013/10/16 14:41:47

>1.自発性になるにはどうすればいいのですか?
 できることから、やってみることです。
 やっている内に、弾みがついてきます。

>2.勉強していてわからないことがあった場合、どうすればわかるようになりますか?
 まずは、わかったことを図にしてみましょう。
 わからないことは図に描けていませんので、想像してみましょう。

>3.誰かにわからないことを聞きたいのですが、わからないことがわからない場合はどうすればいいでしょうか?
 前項の図に描けない箇所がわからないことになります。
 その箇所を教えて貰いましょう。

>4.昔、海で溺れた時、…
 そうですか。
 死んだことがないので、辛いかどうか分かりません。
 分からないことをどう感ずるかが、生き方を左右すると思っています。

 私は分からないことは楽しいと思っています。

 笑顔で朗らかに積極的楽天的にいきましょう。
 

匿名質問者

返答ありがとうございます。

しいて言えば、子どもがスポーツする際に手伝うとか、子どもに対して直接的な事は、楽しいとかやりがいを感じるのですが、ここ数年、年齢的にも40代になってから、年齢にともなう仕事ができなくなってから、仕事をすることが苦痛に感じるようになりました。ネットや本で仕事のために勉強しようとするのですが、まったく頭に入らなくなってしまってます。物欲もなく、個人的にしたいこともできることもなく、ほとんどのことに興味がなくなってしまいました。家族がいなければ、この世からいなくなっていると思います。

2013/10/16 14:57:25
匿名回答2号 No.2

匿名回答2号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2013/10/17 06:16:12

 40代半ばで、持病を抱えて療養しながら、のんびり生きてるおばさんです。

 回答1号さんの補足になります。

 週刊誌でも雑誌でも新聞でも構いません。様々な話題、記事が載っているものを幾つか買ってみてください。
 読んでみて「面白いな」と感じた記事にポストイットを貼ったり、印をつけてみましょう。

 面白いな、と感じたものを集めてみれば、質問者さんが「何に対して興味を持っているか」客観的に分かると思います。
 「面白いな」と感じた事について、もう少しつっこんで調べてみる、体験してみる……そういう事で「活動する自分」が見えてくるのではと個人的に思います。

 世の中には「聞き上手」という人がいますよね? 自分からドンドンバンバン前に出るタイプの方もいらっしゃれば、そういう一見受動的だけど大事な存在の方もいらっしゃいます。
 他にも、ムードメーカーの方もいますし、お笑い担当、普段は無口だけれどピンポイントでヒントのヒトコトが出る人、皆の作業がうまく回るよう人知れず作業してる裏方役な人……様々なタイプの方が沢山います。
 自分も、病気で勤務が出来ず療養生活を送っていますが、ネットでこういうことをやって……自分が経験したり見聞きしたこと、調べたことが多くの方の疑問質問の参考になればと思っております。
 質問者さんが出来ること、生まれ持った資質を大事にして欲しいと思います。

 出来ない、足りないと嘆くのではなく、自分に出来ることは何かを探すこと、それを生かすこと。そういう風に考え方を切り替えてみてはいかがでしょうか。

id:Kaoru_A

匿名質問者

返答ありがとうございます。

本末転倒なのかもしれませんが、独身時代から所帯持ちへの切り替えがうまくできずに今に至るのかもしれません。
独身時代に楽しかった事は、今ではできないことなので…
日常生活の中であまりにも自分の時間が作れないところも悪影響があるのかもしれませんが、いただいたお言葉をいかせるように、過ごしてみようと思います。
ありがとうございます。

2013/10/17 11:01:25
匿名回答2号

 ご結婚後に自分の時間や趣味が出来ないと嘆かれる方は少なくありません。

 読売新聞のHPにある「相談小町」で、夫側、妻側、双方からのこういう相談を時折見かけます。特に、子供さんが生まれた後に起きますね。

 夫婦のコミュニケーションをどうしていくか。
 互いの趣味を尊重し、独身時代ほど打ち込めないかもしれないけれど、ペースを落とすなり、工夫をしたりすることで続ける事はできないか話し合ってみるというのはありだと思います。
 また、家事を一緒にしながら、寝る前の少しの時間、雑談をするとか。
 この週末は別々に楽しみ、次の週末は集中して買い物や外食などと予定を組むとか。

 自分はもともと車が好きで、お世話になった男性達や前夫も車好きでした。メカ音痴の自分ではありましたが、前夫や前夫の友人の皆様のおかげで、とてもいい車人生を送ることが出来ました(今は車から降りています)。
 前夫も、自分のコミックとかネトゲなどの趣味に理解を示してくれ、興味を持った本などは一緒に読んだり、「あのキャラめっちゃかわいいス!(ぽわわ)」とかやったものです(笑)

 車を趣味にすると、めっちゃお金がかかります(笑)。そのお金をどう捻出するか。また、ミーティングなどの参加はどうするか。その点についても前夫と自分はよく話し合ってきました。自分の体調が悪いときは「うーんと楽しんでおいで!」前夫だけ送り出しました。仕事をして家庭を支えてくれている有り難い人ですから、その分沢山楽しんで欲しい。
 また、自分の大切な人の人生が少しでも楽しいものあってほしいと自分は思うのです。

 自分の病気が悪化し、療養することを選んだため前夫と離別を選択しましたが、いまでもネットを通じて連絡をとったりしています。

 趣味など、楽しい事は、生きる上で支えになります。「職場と一杯飲み屋と家庭の3点移動だけの人生」は悲しいと自分は思います。
 できれば、奥様と色々相談して、互いに生きがいを持った人生の道を歩んでいって欲しいと願います。

 id:Kaoru_A

2013/10/19 08:42:24

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません