匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

有料の会員制サイトを作ろうと考えています。

どのようなサイトなら魅力があるでしょうか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/11/16 22:28:25
  • 終了:2013/11/23 22:30:05

回答(3件)

匿名回答2号 No.1

匿名回答2号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2013/11/17 11:15:33

コンテンツを問わずということでしたら、

  • 料金が安いこと
  • 無料でも利用できるサービスがあること
  • 支払方法にバリエーションがあること

などが魅力的に感じられるのではないでしょうか。

匿名回答3号 No.2

匿名回答3号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2013/11/17 15:33:56

問題の立て方がそもそもまちがっています。

十分な魅力あるいは有益性があるサイトなら、「有料の会員制」であっても十分な会員と経費と収益が得られますが、そのためには
・まさに会員となっている人々がそのサイトの魅力/有益性に満足してカネを出し続けている
・「外部」の会員候補が"ああ、このサーヴィスでこの値段なら払ってもいいな"と感じて会員になる
ことが最低条件となるでしょうが、あなたはその条件を、最初っから、不特定多数を納得させる形で見せることができない

ゆえに、最初の段階で
「このようなサイトなら魅力がある」
「あのようなサイトなら魅力がない」
とは言いようがないわけです。

ここ人力検索はてなを見ても、ある程度分かるのではないですかね。
ここは、「無料ユーズなら、まあなんとか見れない/使えないことはない」
「有料ユーズなら、お話にならないので使わない」
というユーザ群を両方相手にすることによってなんとか保っている(そしてオワコンに向かっている)サーヴィスです。
有料ユーズに見合う対価(魅力/有益性)を担保するクオリティ・コントロールに頓着しなかった結果です。

つまるところ、「有料ユーズに見合う対価(魅力/有益性)を担保するクオリティ・コントロール」こそが最も大事なのであり、「どのようなサイトなら魅力があるか」なんてことはニの次十の次なんですよ。

匿名回答4号 No.3

匿名回答4号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2013/11/17 15:38:32

まずは、優良であることかな。

  • 匿名回答1号
    匿名回答1号 2013/11/17 01:01:03
    そもそも、会員を集めて何をやる気ですか?
    販売目的?交流目的?

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません