ホームページの内容を充実させるためのご意見をお聞かせ下さい。


http://myspace-tokyo.com/

は西東京にあるトランクルームのホームページです。

現在よりも、もっと内容を充実させて、ユーザーに必要な情報を提供したいと考えています。

どのような情報のページがあれば、ユーザーにとって使いやすいサイトになるか

ご意見を頂けますでしょうか?

できれば、トランクルームを普段使っている方のご意見をお聞きしたいです。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/11/19 20:10:13
  • 終了:2013/11/26 20:15:07

ベストアンサー

id:master-3rd No.8

master-3rd回答回数295ベストアンサー獲得回数222013/11/20 14:27:26

ポイント10pt

このサイズでどれくらい入るかの提示。

よくある「お客様の声」みたいな感じで、お客さんに協力してもらって中を見せてもらいどのくらいの物が入るかや何に利用しているかを紹介すれば、もっと利用しやすくなると思います。

例)
車のパーツを保管している○○さんの場合利用しているのは○○㎡のトランクルーム
--
車のパーツの場合ホイール○本、マフラーや各種パーツをこのくらい保管できます!

みたいな記事を数個書く。
ってのはどうでしょう?

id:KatouMio

実際に利用している様子を伝える記事があると、ユーザーにとってイメージがつきやすいのだ、と気づきました。 ご指摘頂き有難う御座いました。

2013/11/27 16:03:24

その他の回答(9件)

id:gemigemi No.1

gemigemi回答回数48ベストアンサー獲得回数52013/11/19 20:58:10

ポイント10pt

すっきりしていて知りたい情報がすに見つかるいいサイトだと思います。
しいて言うなら…
「トランクルーム一覧」の詳細ページにある各画像が、クリックで大きくなると嬉しい。

id:KatouMio

確かに写真は大きくなった方が見やすいですね。「レスポンシブWEBデザイン」というスマホサイズでもみれるホームページなので、スマホでの見え方も含め、考えてみたいと思います。

2013/11/27 16:05:55
id:sibazyun No.2

sibazyun回答回数1759ベストアンサー獲得回数2372013/11/19 21:26:03

ポイント10pt

地図の情報が不十分です。
各地とも駐車スペースはあるそうですが、Google地図だけでは道路の左右もわかりません。
ことによって、一方通行だったり、中央分離帯がある道では片方からしか出入りできないかもしれません。
よって、地図は、自前の、主な交差点からの略地図を用意して、Google地図と併用されるとよいでしょう。
また、その掲載場所も、画面の上のほうがよいでしょう。

id:KatouMio

略地図は、盲点でした。確かに地元民でない人にはわかりずらいですね。アドバイス有難う御座います。

2013/11/27 16:07:31
id:adgt No.3

adgt回答回数944ベストアンサー獲得回数662013/11/19 22:19:11

ポイント10pt

可能であれば、安くてもよいのでポイントサービスを始めると良いでしょう。そうすれば、ポイントを確認するためにホームページにアクセスし、継続してそのトランクルームを使い続けてくれる可能性が高まります。

さらに、アフィリエイトリンクをはっておけば、そこから収益も期待できます。

id:KatouMio

ポイントをつけられるサービスが組み込めるのか、上司に提案してみます。

2013/11/27 16:09:22
id:cawbridge2013 No.4

cawbridge2013回答回数173ベストアンサー獲得回数172013/11/19 23:12:47

ポイント10pt

まず一発目に西東京近辺の地図をデカデカと出して、トランクルームがある所在地に星マークなりを付けて、このホームページに訪れた人にトランクルームがある場所が一発で分かるようにする。

そして、他のトランクルームとの差別化で空調管理設備のメリットを大々的に宣伝する。

その次に値段。低価格をババッと出す。

地図、空調設備、そして低価格で客を訴求する。

最後は近くの家にチラシをポスティングして終わり。

わざわざインターネットで検索して借りる人は稀だ。
近くにポスティングした方がてっとり速い。

ホームページで売り込みより現地ポスティングをおすすめする。

id:KatouMio

広告の打ち出し方まで、ご指導頂きました。
ポスティング広告も、確かに、サービスを訴求するのに、いい手段だと思いました!

2013/11/27 16:22:02
id:jpops No.5

jpops回答回数405ベストアンサー獲得回数252013/11/19 23:57:44

ポイント10pt

第一印象
ページが寒い。
ガラーンとしています。
簡素と通り越して、寒々しい感じになっています。
もっと情報量を増やしてください。



場所に地図をあわせて掲載して欲しい。

0120- が書いてあるのは好感です。
これで何もかもOK、解決つきますよね、立派です。

6600円が1600円というのを強調できないですか?

id:KatouMio

・・さむい、ですか。 デザインがシンプル過ぎたようです。
もう少し、トップページの色味をふやしてみたいと思います。

2013/11/27 16:23:46
id:nnknnc No.6

nnknnc回答回数159ベストアンサー獲得回数252013/11/20 10:27:29

ポイント10pt

トップのトランクルームの写真がモノクロで暗い雰囲気になる。
下でカラー使っているならココもカラーでよいかと。

後は個人的な意見ですが 問い合わせは左より右上か上のメニューバーにあるといいかな?
下にある各種メニューを左に持ってきた方がいいような気がする。

id:KatouMio

トップページの写真をカラーにかえてみようと思います。
サイドメニューも、もう少し情報が増えるように、工夫してみたいと思います。

2013/11/27 16:24:57
id:emulated No.7

EMURATED回答回数160ベストアンサー獲得回数62013/11/20 12:21:36

ポイント10pt

気になったところは
マイペースひばりヶ丘でキャンペーンを行っているのに肝心なマイペースひばりヶ丘の紹介が一番下なところ。
使用状況もあったほうがいいと思います。
あとはパソコンで見ると画像が小さいのでもう少し大きくするか工夫が欲しいですね。

id:KatouMio

No.1の方にもご指摘いただいたように、やはり、画像が小さいという印象のようです。画像が大きくなるように、工夫してみたいと思います。

2013/11/27 16:26:39
id:master-3rd No.8

master-3rd回答回数295ベストアンサー獲得回数222013/11/20 14:27:26ここでベストアンサー

ポイント10pt

このサイズでどれくらい入るかの提示。

よくある「お客様の声」みたいな感じで、お客さんに協力してもらって中を見せてもらいどのくらいの物が入るかや何に利用しているかを紹介すれば、もっと利用しやすくなると思います。

例)
車のパーツを保管している○○さんの場合利用しているのは○○㎡のトランクルーム
--
車のパーツの場合ホイール○本、マフラーや各種パーツをこのくらい保管できます!

みたいな記事を数個書く。
ってのはどうでしょう?

id:KatouMio

実際に利用している様子を伝える記事があると、ユーザーにとってイメージがつきやすいのだ、と気づきました。 ご指摘頂き有難う御座いました。

2013/11/27 16:03:24
id:psycho24 No.9

psycho24回答回数587ベストアンサー獲得回数512013/11/20 14:34:47

ポイント10pt

Yahoo! JAPAN 関連検索ワードサーチ 「UnitSearch Ver.3.0」/SEM Analytics Lab
地域絞って検索してる人が多そうなのでこんな感じに地図で分りやすく位置と値段が確認出来ると便利そう。

あと便利な使い方とか、こんなの収納してみてはどうですかみたいな具体的な提案があるといいと思った。

id:KatouMio

収納の事例があると、ユーザーにとって便利だと思いました。アドバイス有難う御座います。

2013/11/27 16:32:22
id:HARUME No.10

timmy回答回数341ベストアンサー獲得回数162013/11/21 11:49:20

ポイント10pt

ツイッターやブログと連動させると、本当に存在している、営業しているというのがわかります。またその会社の人たちがどのような人たちなのかというのもある程度わかり安心できることもあります。
大企業なら別ですが、あまり一般に広く知られていない企業のサイトは、本当に運営がされ続けているのか不安になり、連絡を躊躇することがあるので。

id:KatouMio

ツイッターと連動ができるか、システムの人に聞いてみます。有難う御座います。

2013/11/27 16:33:39

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません