労働基準法第32条で1日の労働時間は「休憩時間を除き1日について8時間を超えて、労働させてはならい」、休憩時間は労働基準法34条で「労働時間が6時間を超える場合においては少なくとも45分、8時間を超える場合においては少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に一斉に与えなければならない(ただし労使協定がある場合は、この限りではない)。とあることから、労働組合がない会社の残業時間は基本労働時間8時間と休憩時間1時間分の残業しか認められていないように思えるのですが、始業時間が9時で8時間労働で17時まで残業しても最高で18時までしか認められていないと法律で書いているのに、労働組合がなさそうな会社が2時間残業とかしているのはなぜですか?


時間外労働は労働基準法第37条で2時間までとされていますが、時間外労働が許されているのは労使協定がある会社で労働組合が必要です。労働組合がない会社が時間外労働が出来るのも謎です。

回答の条件
  • 1人50回まで
  • 登録:2013/11/22 16:48:39
  • 終了:2013/11/23 00:56:37

ベストアンサー

id:sibazyun No.1

sibazyun回答回数1754ベストアンサー獲得回数2362013/11/22 17:01:43

「労使協定がある会社で」あることは必要ですが、そのためには
「労働組合が必要で」はありません。第第三十二条の二、三、四などにあるよう、
「労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定」が結べます。
社長(経営者)一人、社員一人なら、その一人の社員が社員を代表する者になります。

id:cawbridge2013

回答ありがとうございます。

社員100人の会社で労働者の過半数を代表する者が社長の奥さんとか社長の次に偉い社長とガチコネの専務とか会社幹部がなれるんでしょうか?

そしたらやりたい放題で労使協定って意味が無いですよね。

幾らでも同意に出来ますし。

2013/11/23 00:56:31
  • id:seble
    http://www.houko.com/00/01/S22/049.HTM#s4

    第37条 使用者が、第33条又は前条第1項の規定により労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合においては、その時間又はその日の労働については、通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額の2割5分以上5割以下の範囲内でそれぞれ政令で定める率以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。ただし、当該延長して労働させた時間が1箇月について60時間を超えた場合においては、その超えた時間の労働については、通常の労働時間の賃金の計算額の5割以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

    2 前項の政令は、労働者の福祉、時間外又は休日の労働の動向その他の事情を考慮して定めるものとする。

    3 使用者が、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定により、第1項ただし書の規定により割増賃金を支払うべき労働者に対して、当該割増賃金の支払に代えて、通常の労働時間の賃金が支払われる休暇(第39条の規定による有給休暇を除く。)を厚生労働省令で定めるところにより与えることを定めた場合において、当該労働者が当該休暇を取得したときは、当該労働者の同項ただし書に規定する時間を超えた時間の労働のうち当該取得した休暇に対応するものとして厚生労働省令で定める時間の労働については、同項ただし書の規定による割増賃金を支払うことを要しない。

    4 使用者が、午後10時から午前5時まで(厚生労働大臣が必要であると認める場合においては、その定める地域又は期間については午後11時から午前6時まで)の間において労働させた場合においては、その時間の労働については、通常の労働時間の賃金の計算額の2割5分以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

    5 第1項及び前項の割増賃金の基礎となる賃金には、家族手当、通勤手当その他厚生労働省令で定める賃金は算入しない。

    2時間なんてどこにも書いてないよ。
    こっち
    36条
    ・・・ただし、坑内労働その他厚生労働省令で定める健康上特に有害な業務の労働時間の延長は、1日について2時間を超えてはならない。
    上限はこっち。
    http://labor.tank.jp/wwwsiryou/messages/58.html
  • id:pismo
    ちなみに、休憩時間は労働時間に含まれないので、36協定が結ばれていない場合は休憩時間に労働してはいけません。休憩時間に労働すると時間外労働になり、通常の時間外労働と同様に時間外手当を支払う必要があります。
  • id:cawbridge2013
    コメントありがとうございます。

    時間外労働の2時間までは有害な業務だけなんですね。

    みんな自分が働いている会社の労使協定の内容を知ってるのかな?

    労働者が勝手に休憩時間にまで働いて時間外労働を請求するのはさすがにダメでしょ。
    会社は休憩時間に休憩しろというか法律で休憩時間は休むことと決められているわけですし、労働者が勝手に労働基準法を破ったことにまで会社が責任を取る必要はないと思う。
    勝手に働いて時間外労働を請求したらヤクザでしょ。

    休憩時間にまで働けというようなブラック会社は知らないなあ。

    時間外労働の残業のMAX時間が怪しい。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません