「CKEditor」+「KCFinder」のライセンスについて教えて下さい。


独自のWebサービスに「CKEditor」+「KCFinder」を組み込んで一般に公開し、不特定多数のユーザーに使ってもらう事は、ライセンス上可能なのでしょうか?
また、もし可能な場合でも、何らかの制限や注意が必要なのでしょうか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/11/26 13:27:13
  • 終了:2013/11/28 20:32:32

ベストアンサー

id:meefla No.1

meefla回答回数984ベストアンサー獲得回数4602013/11/28 19:45:09

ポイント100pt

まず CKEditor ですが、GPL、LGPL、MPL のトリプルライセンスになっています。
License | CKEditor.com
また KCFinder は、GPL と LGPL のダブルライセンスです。
MPL のあるなしで、実際の運用上では大きな違いは無いはずですが、MPLの特徴 にあるように、自己開発したソフトウェア部分の特許権収得を考えている場合は MPL が入っていた方が有利でしょう。

「不特定多数のユーザーの使用」に関しては、CKEditor の FAQ に明記されています。

Are there limits to how many individuals can use CKEditor?
No.

FAQ | CKEditor.com

CKEditor の使用者数に制限はありません。

KCFinder の方はこのような記述は見つかりませんでしたが、

It can be integrated into FCKeditor, CKEditor,(後略)

KCFinder web file manager Homepage

と、CKEditor との併用を前提にしている製品ですので、CKEditor と同様に利用者数制限はないものと推察されます。
(念の為に KCFinder 2.51 をダウンロードして同梱されている readme も見てみましたが、制限に関する記述はありませんでした)

ですので、注意点としては一般的なフリーウェアの使用上の注意(自分が作ったものだと言わないとか、オリジナルを尊重するとか)という事になるでしょう。

お役に立てることを祈りつつ。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません