【フカシギの数え方】

昨年話題になった
 ●驚愕の展開を見せる日本の『フカシギの数え方』動画に世界が衝撃を受ける! 海外の声「これが “日本” だ!」
 http://rocketnews24.com/2012/09/27/251501/
にあるYoutubeの動画
 ●『フカシギの数え方』 おねえさんといっしょ! みんなで数えてみよう!
 http://www.youtube.com/watch?v=Q4gTV4r0zRs
の続編が今年になって出ています。
 ●あの“フカシギの数え方おねえさん”の続編 「Graphillion: 数え上げおねえさんを救え」
 http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/7930487.html
の中で紹介されているYoutubeの動画
 ●Graphillion: 数え上げおねえさんを救え / Don't count naively
 http://www.youtube.com/watch?v=R3Hp9k876Kk
です。
 
この続編の中で紹介されている組み合わせ問題のアルゴリズム(ZDDやLCM-ZDD)に関する学術的な論文のページがあれば紹介してください。
 
ちなみに、[不可思議]は[万]、[億]、[兆]、[京]などと同類で数字の単位です。
[不可思議]は10の120乗です。
 

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/12/28 21:10:18
  • 終了:2014/01/03 23:31:33
id:mkonomi

 
以下のようなPDF文献がありましたが、学術会議や学会誌に投稿された形式の
論文が見つかりません。
 
●ERATO湊離散構造処理系プロジェクトの近況と今後の展望 [PDF]
2013/07/24
 
●本プロジェクトの近況と今後の方向性について [PDF]
2013/01/11
 
●湊離散構造処理系プロジェクトの概要と今後の展望 [PDF]
2012/08/25
 

ベストアンサー

id:meefla No.1

meefla回答回数987ベストアンサー獲得回数4632013/12/29 09:46:32

「学術的な論文のページ」というのが何を意味しているか、判断に迷う所ですが。

"LCM over ZBDDs" は、2008年に北海道大学の 湊 真一 教授らが発表したものです。
原著論文は;
S. Minato, T. Uno and H. Arimura, "LCM over ZBDDs: Fast Generation of Very Large-Scale Frequent Itemsets Using a Compact Graph-Based Representation," in Advances in Knowledge Discovery and Data Mining, pp.234-246, 2008.
です。
最初の2ページほどが LCM over ZBDDs: Fast Generation of Very Large-Scale Frequent Itemsets Using a Compact Graph-Based Representation - Springer のプレビューで読めます。

2007年ですので予備的な論文と思われますが、
http://www-alg.ist.hokudai.ac.jp/~thomas/TCSTR/tcstr_07_30/tcstr_07_30.pdf
で、"Fast Generation of Very Large-Scale Frequent Itemsets Using a Compact
Graph-Based Representation" の全文が読めます。

学術論文じゃないのであれば、湊教授のプレゼンテーション『「フカシギの数え方」― 組合せ爆発に立ち向かう 最先端アルゴリズム技術』
http://www.nii.ac.jp/userimg/openhouse/2013/lec_minato.pdf
が良いでしょう。

id:mkonomi

 
さっそくの回答、ありがとうございます。
興味ある論文を提示していただきありがとうございます。
 
最後のPDF文献は今年の国立情報学研究所のオープンキャンパスでの講演の
スライドですね。
2013.06.14
これを探しましたが、自分では見つけられませんでした。
探していただいて、ありがとうございました。
これは質問者からの補足欄のひとつ目のPDFとほぼ同時期の発表です。
 
> 「学術的な論文のページ」というのが何を意味しているか、判断に迷う所ですが。
以下の一般的な形式が整っている著作物のつもりです
●Subject
●著者名
●共著者名(居れば)
●所属機関名
●発表時期
●Abstract
●Introduction
●本文
●Conclusion
●Acknowledgment
●References
 

2013/12/29 10:40:56
id:meefla

質問者からの補足欄ひとつ目とすれ違いで回答したので(今はタイムスタンプ変わってますけど、確か3分違い)、本当に学術論文をお探しなのか確信が持てませんでした。
見つけたものが英語でしたし。

講演スライドの方もお役に立てたようで、何よりです。

2013/12/29 12:12:01

その他の回答(0件)

id:meefla No.1

meefla回答回数987ベストアンサー獲得回数4632013/12/29 09:46:32ここでベストアンサー

「学術的な論文のページ」というのが何を意味しているか、判断に迷う所ですが。

"LCM over ZBDDs" は、2008年に北海道大学の 湊 真一 教授らが発表したものです。
原著論文は;
S. Minato, T. Uno and H. Arimura, "LCM over ZBDDs: Fast Generation of Very Large-Scale Frequent Itemsets Using a Compact Graph-Based Representation," in Advances in Knowledge Discovery and Data Mining, pp.234-246, 2008.
です。
最初の2ページほどが LCM over ZBDDs: Fast Generation of Very Large-Scale Frequent Itemsets Using a Compact Graph-Based Representation - Springer のプレビューで読めます。

2007年ですので予備的な論文と思われますが、
http://www-alg.ist.hokudai.ac.jp/~thomas/TCSTR/tcstr_07_30/tcstr_07_30.pdf
で、"Fast Generation of Very Large-Scale Frequent Itemsets Using a Compact
Graph-Based Representation" の全文が読めます。

学術論文じゃないのであれば、湊教授のプレゼンテーション『「フカシギの数え方」― 組合せ爆発に立ち向かう 最先端アルゴリズム技術』
http://www.nii.ac.jp/userimg/openhouse/2013/lec_minato.pdf
が良いでしょう。

id:mkonomi

 
さっそくの回答、ありがとうございます。
興味ある論文を提示していただきありがとうございます。
 
最後のPDF文献は今年の国立情報学研究所のオープンキャンパスでの講演の
スライドですね。
2013.06.14
これを探しましたが、自分では見つけられませんでした。
探していただいて、ありがとうございました。
これは質問者からの補足欄のひとつ目のPDFとほぼ同時期の発表です。
 
> 「学術的な論文のページ」というのが何を意味しているか、判断に迷う所ですが。
以下の一般的な形式が整っている著作物のつもりです
●Subject
●著者名
●共著者名(居れば)
●所属機関名
●発表時期
●Abstract
●Introduction
●本文
●Conclusion
●Acknowledgment
●References
 

2013/12/29 10:40:56
id:meefla

質問者からの補足欄ひとつ目とすれ違いで回答したので(今はタイムスタンプ変わってますけど、確か3分違い)、本当に学術論文をお探しなのか確信が持てませんでした。
見つけたものが英語でしたし。

講演スライドの方もお役に立てたようで、何よりです。

2013/12/29 12:12:01
id:mkonomi

《参 考》
日本科学未来館 メディアラボ、第11期展示
●フカシギの不思議(第11期メディアラボ「フカシギの数え方」関連トークイベント)
1時間33分 2013/01/19
ネット公開日: 2013/01/27
 
北海道大学大学院 情報科学研究科 アルゴリズム特論 (Algorith-Tokuron) 2013年度 前期
●湊先生の授業が詳しく分かりやすい.
日本語/English(2013年6月11日~7月30日)
 
国立情報学研究所オープンハウス2013:基調講演
●「「フカシギの数え方」― 組合せ爆発に立ち向かう最先端アルゴリズム技術
1時間02分 2013/06/14
ネット公開日: 2013/07/17
 
●北海道大学大学院 情報科学研究科 湊真一教授:論文等リスト
に掲載されている現時点での最新論文は

Takeru Inoue, Hiroaki Iwashita, Jun Kawahara, and Shin-ichi Minato:
"Graphillion: ZDD-Based Software Library for Very Large Sets of Graphs,"
In Proc. of the Workshop on Synthesis and Simulation Meeting and International Interchange (SASIMI-2013),
R4-6, pp. 237-242, Oct. 2013.

 

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません