【感想文ぼしゅうー!】私の文章について、みんなの感想文が読みたいー♪


私、かきつばた杯参加回数が30回になりました! みなさん大好きです☆ 私がんばったよ★

ついては私が書いた中から21回目から30回目について感想文を募集させていただきます!
http://sokyo.hatenablog.com/entry/20120917#03
↑この中からどうぞ!

・取り上げるのはひとつでもいいし、ぜんぶでもいいです。過去のを絡めてもOK。
・感想文でも解説でもいいし、挿絵を描くとかでもいいし、内容はおまかせ。
・インタビュー仕立てでもおしゃべり風でもだらだらでもいいし、スタイルもおまかせ。
・表記のくせとかプロットの構造分析とか、私の似顔絵とか、テーマもおまかせ。

楽しかった人、役に立った人、私のおしゃべりに付き合ってくれた人に多めにポイントを割り振ります。
かきつばた杯に参加したことのない方にもぜひ来てもらいたいです!

12歳未満の方も回答どうぞ。
でもたぶんこの質問に回答くださる大人はガチで来ると思うので、冬休みだしぜひ時間をかけてたくさん書いてください!

http://q.hatena.ne.jp/1347843086
↑前回コレ。

不手際がありましたらコメください。

ではたのしみにしてます☆

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 登録:2014/01/03 18:43:33
  • 終了:2014/01/10 17:48:57

ベストアンサー

id:gm91 No.3

GM91回答回数984ベストアンサー獲得回数852014/01/04 13:50:59

ポイント60pt

明けましておめでとうございます。

_____________________________
#34 12/10/02 甘い、甘ーいもの
『バケツを蹴る』
http://q.hatena.ne.jp/1349128324#a1171396

すんません、いろいろパク……インスピレーションを頂き一作書くことができました。たぶん。
ただ、御作を手放しで褒めたくないのは、ちょっと空白が多いからかもしれません。
その分、読み手の想像の余地があるといえば聞こえはいいのですが、なんかこういつものヤラレタ感が足りない気がしました。
個人的にはもちょっと書き込んでくれた方が好みですが、まあ人によりけりだと思いますので。

_____________________________
#35 12/10/10 ジャック・オ・ランタンとジャック・オ・フロスト
『留守番ジャックと丸天井の部屋』
http://q.hatena.ne.jp/1349847961#a1172804

これちょっと難しかったです。でも俺には書けねえ作品。
「発想が凄いですよね、頭ン中どうなってんですか!」
これまったく同感。
こういうのを今後もバリバリ量産してほしいです。

_____________________________
#39 12/11/20 ○げちゃだめだ ○げちゃだめだ ○げちゃだめだ
『山奥の少女ハイジ』
http://q.hatena.ne.jp/1353409863#a1178779

殿下には受けてましたけど、僕はそれほどでも……でした。
この手の力技はほかの人にも書けるかな、と思うので。
でも逆パカはちょっと笑ってしまった。

_____________________________
#42 12/12/31 ハッピーニューイヤー
『スペサル・サプライズ』
http://q.hatena.ne.jp/1356961866#a1184435

これよこれ、こういうのが好きです。

「徹夜なんてしたことなかったけど、僕はちっとも眠くなかった。それは寒かったからじゃない。
誰かのために生きてるからだ。」

この一言もなかなかシビれますた。

_____________________________
#43 13/01/07 リンク アクセス
『ずる休まない』
http://q.hatena.ne.jp/1357564919#a1185110

今シーズン一押しがこの作品です。
俺、の心情描写が的確で読みやすいです。
ネガティブ思考の主人公が一歩を踏み出そうとする瞬間で〆るのも、うまいなあと思います。
写真で言うとうまく動きを止めた、って感じでしょうか。

_____________________________
#49 13/06/14 「時間よ、止まれ」
『いま、マスターは記憶の中で』
http://q.hatena.ne.jp/1371211934#a1205104

これも好きですね。かきつばたでないとなかなかこういう表現はできないのですが、こういうのはアリというか見事としか言いようがないです。
感服仕りました。<(_ _)>

_____________________________
#52 13/08/31 「夢」
『クローズド・エンド』
http://q.hatena.ne.jp/1377901678#a1213041

これ、雰囲気は悪くないけれど、お話ちょっともやっとしたままだったので不満が残りました。
でもまあそういう作品だと思うので、かえって野暮ですかね。

_____________________________

今年もよろしくお願い致します。

他26件のコメントを見る
id:gm91

すみません。東北新幹線が盛大にオーバーランしたおかげで、てんてこ舞いなので、落ち着いたら続き書くです。

2014/02/14 01:41:48
id:gm91

だいぶ間が開きましたが・・・

>kwsk

言葉にしてしまうとどうしても陳腐になってしまうのですが、なんというか、心意気と機転の利いた応答だなとシビれました。
ちょっとやさぐれたりした時にこの質問を読むと、心が軽くなりますね。
私はどうしてもタイムリーに気の利いた事をするってのが苦手な性分で、素直に羨ましいという気持ちもありますが。

2014/07/11 00:40:52

その他の回答(7件)

id:shogo2469 No.1

コイル回答回数200ベストアンサー獲得回数252014/01/03 21:19:42

ポイント15pt

どうもです。コイルです。
感想文書きたいとこですが、それは後にして←
「好きです」のテーマを1回目回答で書きやす。
でわ、どうぞー♪

 帰りのバス。
「あ、大介くん」
 揺絵がバス内に入った。
「ああ、揺絵。ん、オメェもこのバスで帰るのか?」
「うん、そうだよ。いつもだけど、大介くんもバスに乗って帰るの?」
「いいや、普段歩いてばっかしで、まあ気分だよ」
「じゃあ、隣に座ってもいい?」
 え、・・・。トナリ・・・?
「え、う、うん、いいよ。座って」
「ありがとう」
 揺絵は腰を下ろした。・・・揺絵って、いつもこのバス乗るんだなぁ。
 偶然だろうか。しかも隣なんて・・・。
 あ、なんか顔が赤いような・・・。いや、まさかな、揺絵なんて、揺絵なんて・・・!
 
 バスは動き出した。
「ワーォ!」
「綺麗だね、夕暮れ」
 ・・・いきなり、「恋愛小説です」みたいになってきたんですけど・・・。
「揺絵って、いつもこの夕暮れ見んの?」
「うん、そうだよ。綺麗なんだよなぁ」
 ・・・。夕暮れもキラキラしてるが、揺絵もキラキラしてんなぁ。
 ・・・なんて、口に出せばいいんだろう。
「・・・綺麗だな。揺絵いいよなぁ、いっつもこの夕暮れ見れてよ」
「ハハ、大介くんて、歩きながらは見れないの?」
「ああ」
 中学生って、こんなドキドキすんのかよ。ああ、心臓イテェ。
f:id:shogo2469:20140104184107j:image


「もうすぐバス停だけど、大介くんもここで降りる?」
「・・・うん」
 あのバス停の近くには俺の家がある。って、揺絵も降りるのか。
 にしても、夕暮れきれいだな。・・・この勢いで、「好き」って言えるかなぁ。

 バスを降りた。
「あのねぇ、大介くん」
「ん、何?」
「ホントに、綺麗だね」
 ヤバ、さらに心臓痛くなったじゃねぇか。どうしてくれる。
「・・・えっとな・・・、揺絵」
「何、大介くん」
「・・・す、す、す」
 ああ、心臓がああああああああ。
「す、すすすすすっっ、す」
「?」
 あーもー、どうにでもなれっ!!
「好きです!!!」

20~30分で書きました。
て、俺も書きながら心臓痛くしてまったわw←
よければ感想ください

では、次にかけて、
スピンオフ(書いてもいいよね?(´・ω・`))やら、過去のやつの感想やら、本題やらと書いていきますんで。
お楽しみに。

他6件のコメントを見る
id:sokyo

「女王」っていうとなんか性格キツそうだし化粧もくどそうなので、
美人で優しそうな「女神」って呼ばれる日を目指してがんばります…! (`・ω・´)

2014/01/06 22:55:46
id:shogo2469

俺が関白になる頃は想京さんはどうなっとるやろうwww
神?いや、女神か(`・ω・´)

2014/01/07 09:13:22
id:bg5551 No.2

bg5551回答回数1184ベストアンサー獲得回数802014/01/04 11:35:58

ポイント5pt

初めて見させていただきました。
楽しいですね、こういった利用方法があることにちょっと嬉しくなってしまいました。
また、開催してください。

id:sokyo

bg5551さんありがとうございます。2番乗りですー!

かきつばた杯は、
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%CD%CE%CF%B8%A1%BA%F7%A4%AB%A4%AD%A4%C4%A4%D0%A4%BF%C7%D5
こちらを見ていただくのがいいと思います。
開催したい人が開催したいタイミングで開催していて、
私はほとんど乗っかる側におります。
1番めに回答してくださったコイルさんや、
3番めに回答してくださったGM91さんがたくさん開催してくださって、
かきつばた杯を支えてくれているのですよ~。

よければbg5551さんも、開催してみたり、作品を寄せてみたりしたら、
もっと楽しくはてなでやっていけるかもです!(`・ω・´)b

あと、さらによろしければ、質問文を読んだ上で、
私の文章にもコメントを寄せていただけたら、
楽しく読ませていただきます~。

2014/01/04 17:13:12
id:gm91 No.3

GM91回答回数984ベストアンサー獲得回数852014/01/04 13:50:59ここでベストアンサー

ポイント60pt

明けましておめでとうございます。

_____________________________
#34 12/10/02 甘い、甘ーいもの
『バケツを蹴る』
http://q.hatena.ne.jp/1349128324#a1171396

すんません、いろいろパク……インスピレーションを頂き一作書くことができました。たぶん。
ただ、御作を手放しで褒めたくないのは、ちょっと空白が多いからかもしれません。
その分、読み手の想像の余地があるといえば聞こえはいいのですが、なんかこういつものヤラレタ感が足りない気がしました。
個人的にはもちょっと書き込んでくれた方が好みですが、まあ人によりけりだと思いますので。

_____________________________
#35 12/10/10 ジャック・オ・ランタンとジャック・オ・フロスト
『留守番ジャックと丸天井の部屋』
http://q.hatena.ne.jp/1349847961#a1172804

これちょっと難しかったです。でも俺には書けねえ作品。
「発想が凄いですよね、頭ン中どうなってんですか!」
これまったく同感。
こういうのを今後もバリバリ量産してほしいです。

_____________________________
#39 12/11/20 ○げちゃだめだ ○げちゃだめだ ○げちゃだめだ
『山奥の少女ハイジ』
http://q.hatena.ne.jp/1353409863#a1178779

殿下には受けてましたけど、僕はそれほどでも……でした。
この手の力技はほかの人にも書けるかな、と思うので。
でも逆パカはちょっと笑ってしまった。

_____________________________
#42 12/12/31 ハッピーニューイヤー
『スペサル・サプライズ』
http://q.hatena.ne.jp/1356961866#a1184435

これよこれ、こういうのが好きです。

「徹夜なんてしたことなかったけど、僕はちっとも眠くなかった。それは寒かったからじゃない。
誰かのために生きてるからだ。」

この一言もなかなかシビれますた。

_____________________________
#43 13/01/07 リンク アクセス
『ずる休まない』
http://q.hatena.ne.jp/1357564919#a1185110

今シーズン一押しがこの作品です。
俺、の心情描写が的確で読みやすいです。
ネガティブ思考の主人公が一歩を踏み出そうとする瞬間で〆るのも、うまいなあと思います。
写真で言うとうまく動きを止めた、って感じでしょうか。

_____________________________
#49 13/06/14 「時間よ、止まれ」
『いま、マスターは記憶の中で』
http://q.hatena.ne.jp/1371211934#a1205104

これも好きですね。かきつばたでないとなかなかこういう表現はできないのですが、こういうのはアリというか見事としか言いようがないです。
感服仕りました。<(_ _)>

_____________________________
#52 13/08/31 「夢」
『クローズド・エンド』
http://q.hatena.ne.jp/1377901678#a1213041

これ、雰囲気は悪くないけれど、お話ちょっともやっとしたままだったので不満が残りました。
でもまあそういう作品だと思うので、かえって野暮ですかね。

_____________________________

今年もよろしくお願い致します。

他26件のコメントを見る
id:gm91

すみません。東北新幹線が盛大にオーバーランしたおかげで、てんてこ舞いなので、落ち着いたら続き書くです。

2014/02/14 01:41:48
id:gm91

だいぶ間が開きましたが・・・

>kwsk

言葉にしてしまうとどうしても陳腐になってしまうのですが、なんというか、心意気と機転の利いた応答だなとシビれました。
ちょっとやさぐれたりした時にこの質問を読むと、心が軽くなりますね。
私はどうしてもタイムリーに気の利いた事をするってのが苦手な性分で、素直に羨ましいという気持ちもありますが。

2014/07/11 00:40:52
id:shogo2469 No.4

コイル回答回数200ベストアンサー獲得回数252014/01/05 08:03:19

ポイント60pt

「なぁ、優紀。真奈美」
「ん?どしたの、隆史」
「作者がさ、「sokyoさんの、1~20作目の作品の感想文書いて」って言ってたよ」
「え、私達が書くの?」
「そうなんだよ、真奈美。作者に言われてさー」
「ったく、あの人任せ作者が…!」
「まぁ、優紀くーん。そう怒んないでよ。作者も本題書くのに苦労してるみたいだし」
「じゃあ、昼休みに3人で感想文書こうぜー」

作者から
では、今から優紀君たちが感想文かきます。
流石に全部書くのは無理なんで(スイマセン)、6作を選びます
優紀、隆史、真奈美の3人で一人三回ずつです。
なを、優紀君の登場作品はこちらをご覧ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
F-4と女子大生:『黄色い風船』by真奈美

前回登場できなかったわけで、私がトップバッターで書くね。
あ、「優紀くん」はシリーズ化の予定だから。私も登場するよ。
じゃあ、感想いくよ。
この黄色い風船て、sokyoさんの初BAだよね。ちなみに作者はこれ
えっとね、まず読みやすくて面白いね。
大まかに、女子大生が小説を書くんだけど、F‐4の夢見て、全くうまくいかないってわけね。
ストーリーが丁寧でいい気がする。
主人公の「成長」というのをしっかり描いてる。
黄色い風船の出し方もなかなか良くてさ。
発想もよし。これは、私も高評価だね。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
二人分の荷物がやけに重・・・ で始まる文章:『二人分の荷物』by隆史

雰囲気が暗いんだけど、そこが面白い。
セリフが全くない分、主人公の気持ちをしっかり書いてるし。
グラ娘。さんのコメの通り、深い。何度も読み返したくなってしまうだよなぁ。
二人分の荷物というお題にも、マッチしている。
血糊かぁ・・・。最後がもう、俺的に最高の見所だな。
ラストは雰囲気&描写が超最高で、俺からは絶賛だよ。
こりゃあ、俺もBAを選びたくなる。
俺、sokyoさんの暗い雰囲気の作品、結構好きなんだよなぁ。
あと、2連続BAおめでとう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2011年の夏:『』by隆史優紀

連作小説杯の一番目だね。五番中の。
ああ、「飼」い猫がいなくなって、一回先生の家に寄って、カスミちゃんと探しに行く話だよね。
大変な1番目でも結構いい作品。その後の展開はそれなりにあるし。
最初はただ猫がいなくなって、先生の家に来ただけだと思ったけど、急に恋愛小説みたいになってw
丁寧な文章だな。作者なら最初から足引っ張りそうw
その後のたけじんさんや、garyoさん、グラン娘。さん、meeflaさんと続けて言ってるのはすごかったな
作者もちとは見習ったらどうでしょうねぇw裏だから言える
いや、お前。フツーに表でも言うけどな。
それはおいといて、うむ、sokyoさんのおかげで面白い連作小説ができたねぇ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
星に願いを:『色のない星』by隆史

3連続で書くのか、俺・・・。まあ、感想、感想。
はてなスターをキャラクターにするのね。そして舞台ははてなスター郵便局。
発想は好き。たださ、全体的にただの芝居みたいになってる。
せっかくいい発想なのに、もったいない。
そして、meeflaさんの通りエンディングも弱いし。
俺だったら、2話を一つにして書く。
緑が呼び出しでいなくなって、黄がひとりになった途端黒いスターがたくさん出るってやつ。
そしてもっとエンディングをもう少しいい締めくくりにしたらOKかな。
あと、あんま目を向けないかもしれないけど、青や赤もちょっとでもいいから出したほうがいい?
だって、後半に名前だけ出てるんだから、前半でその人…いや、スターを出したほうが読者的によろしいかと。
なぜなら、スターに青と赤はあるはずだから。
詳しい講評は後ほど作者がやるらしいよ。

星に願いを:『名のない星』by真奈美

色のない星の、続編というよりは、はてなスター郵便局の裏側っていうのかな。
つまり、男・黒いスターを送る側。要するに適役ってわけね。
破壊力に満ちた作品だね。
男が深夜、黒いスター連射するやつなんだけど、消えろが大連打で、すっっっごいびくっとくる。
消えろ消えろ消えろ消えろ・・・meeflaさんも、ここに取られたんじゃないかな。
こっちからもやられました。最恐です。
あと、2つともお題になかなか合っててね。私もこれをBAにするね。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
君にもう会えない……その意味がようやく分かり始めたところだ:『泣かないで』by優紀

ほへー。主人公が亡くなったたっくんについて語る話ね。
うん、内容はいいんだよなぁー。お題の処理もええ感じですし。
今回は、日記風の作品だね。
たっくん、「オレにはもう会えないからな」というところが・・・。
一瞬「ばからしい」って思ったんだけどね・・・、たっくん死んじゃったんだよなー。
深い。最後の心情がどっさり積もってて。
たっくん最後の言葉って、「なんだったんだろー」って思ってたんだけど、・・・深い。
これってラストに聴こえた声なのかなー?
え?なんだと思うって?さあ、ご自分で考えてね。←
さささ、講評にいこうかあさん。え、寒い?そういうのは夏にやれ?まあ、いいじゃない。
俺的にさー。
・「桜井? 小学生だと?たっくんじゃんそれ!」というところあるじゃん。
最初の文は「これからたっくんの話をしよう」ってのあるじゃない。そこの後に、「店長は、店の奥からいちごちゃん、と私を呼んだ。」で始まる場面やったほうがええかなー。まあ、倒置法。
それから、思い出話を語って、たっくん亡くなってで、その後葬式のシーン、そしてラストというのはどうだろう。
そっちの方が俺的には好きだ。
あ、長くなってもた。詳しい講評は作者が後に書くんで、さ、ラストに行こOL!ん、寒い?
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
カシオペア:『sokyoさんになりたい』by、優紀隆史真奈美

さ、最後は全員でやることになったわけだが・・・。混雑にならんといいなー
さ、いよいよラストだね
内容も文章も丁寧で、主人公の気持ちをよく描いてるね
発想も好き。こりゃあ、最後にふさわしい作品かな
そうだね、それで、かきつばた杯のお題をかけなくて、カシオペア座を見上げる話だね
なんかこう、主人公の感情がすごい。雰囲気もお題に合ってる
GM91さんのコメントの通り、成長というのを描いていて・・・好きだなぁこういうの
セリフが全く無い分ね、心情をしっかり描いてるし
これはラスト的にいい作品なんじゃないかと思う。BAももらってるし
sokyoさんになりたいのは俺だ!って、作者デッカイ声で言いそうw
ラストでちゃんとBA取って、取り敢えずおめでとう
この作品、ホント心が揺れるねぇー。そして作者にピッタ…w
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「さあ、全部終わったね。隆史くん」
「そうだな、真奈美。これを後で俺が作者に渡しに行くよ」
「いやぁぁぁ、どれもいい作品だったねぇ。残ったものは別の機会にやろうぜー」
「そだな、優紀。それも作者に申請してくるw」
「そんで、もっとキャラ増えた状態でさ!」
「賛成だなw真奈美!大人数で書いてやろうぜw」
「いや、そりゃちょっと・・・」
「って、今気づいたんだけど・・・」
「ん?何、真奈美」
「一人三回なのに、隆史くんだけ四回出てない?」
「・・・え・・・?・・・あ・・・」
「こんにゃろー!自分だけ多く登場してんじゃねぇよー!貴様は脇役のくせにー!」
「ぐお・・・!なぐることな・・・いだろ・・・」
f:id:shogo2469:20140105075937j:image

作者から
というわけで、これにて過去の作品の感想文を終わりやす。
優紀くんたち、お疲れ様デースw
さ、もう少ししたら、本題出すから・・・待っててねー(・ω・`*)

(おわり)

他7件のコメントを見る
id:shogo2469

本題できたよ~見てね~
まあ、そんなことはおいといてw

天下人て・・・つまり今は信長に仕え始めたばっかりの子ザルということだね!
(`・ω・´)

さ、今年には木下藤吉郎になるころかな・・・

2014/01/07 09:40:54
id:sokyo

木下藤吉郎ってだれ…?
って思って調べてみたらそういうことね…なんでコイルさんそんなにもの知りなの…汗

2014/01/07 22:57:46
id:shogo2469 No.5

コイル回答回数200ベストアンサー獲得回数252014/01/05 20:45:30

ポイント20pt

うごメモは終わる

59.いよいよ一時間を切ったな。
58.遂に閉鎖することになったんだ。

57.もっと楽しみたかったなぁ。
56.ユーザーと沢山の交流をしたし。
55.メモも出して評価してくれたし。
54.あんなに楽しかったのになぁ。

53.気がつけば、僕は3年も楽しんでいた。
52.3年やっても飽きることはなかったんだ。
51.はてなさん、もっと運営して欲しかったなぁ。
50.もっと、メモを描いて、もっと交流したかったなあ。

49.僕は自分のマイルームの様子を見た。
48.沢山の人が僕のメモを評価してくれた跡がある。
47.僕は自分のメモ「今までありがとう」というメモを見た。
46.そして、作品のコメントを見たんだ。

・こちらこそありがとう!
・あなたと交流できて、本当に良かったです。
・終わっても、私のこと忘れないでね!

45.やっぱり終わるんだなぁ。
44.寂しいなぁ。終わって欲しくないなぁ。
43.みんなと交流できなくなるなんて、嫌だなぁ。
42.ずっと続くなんて、僕の勘違いだったんだなぁ。

41.もっといろんな作品作りたかったなぁ。
40.ああ、気がつけば、あれから20分経った。

39.時間よぉ、止まらないだろうか。
38.止まれば、いろんな人とまた、作品を見せあえる。
37.どうか、止まらないかな。ユーザーの時間は止めずに。
36.時間よ、止まれ。時間よ、止まれ。

35.…………。
34.止まるはずがないよなぁ、ハハ。
33.でも、もし本当に止まったらな…。

32.僕はもう一度、はてなのお知らせを見た。

うごメモシアターは、2013年5月31日を持って終了します。

31.やっぱり、うごメモは終わってしまうんだな。
30.ああ、気がつけばもう、残りあれから半分だ。

29.終わって欲しくないなぁ。
28.終わったら、僕のメモも、交流の跡も消える。
27.しまいに、アクセスすらできなくなる。
26.どうして無くなってしまうんだろう。

うごメモシアターは、2013年5月31日を持って終了します。
このたび、ニンテンドー3DSダウンロードソフト『うごくメモ帳 3D』の配信が決定しました。
それに伴い、うごメモシアター・はてなを終了します。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

25.今日は2013年5月31日である。
24.つまり、うごメモが終わる日である。
23.夏になれば、『うごくメモ帳 3D』が配信される。
22.そして、新たなコミニュティができる。
21.そのサービスは任天堂が運営する。

20.閉鎖まで残り20分になった。

19.…うごメモ3Dなんて、やりたくない。
18.DSiのままがいい。
17.終了して欲しくなんかない。
16.時間よ、止まってくれないか。

15.ダメだ。僕に時間を止める能力なんてない。
14.やっぱりこのまま終わってしまうんだろう。
13.3DSなんて持ってないから、二度とうごメモはできないだろう。

12.ああ、時間はどんどん過ぎ行く。
11.それを止めることはできない。
10.もう、あれから50分も経過したのだろう。

9.本当は知っているんだ。
8.うごメモはこのまま、終わる。
7.100%終わる。そんな運命だ。
6.奇跡なんて起こったりしない。

5.もうすぐだ。もうすぐ終わる。
4.もう僕は、どんな結果でも受け止めることにするよ。
3.3年間、うごメモをやってよかった。
2.本当に楽しかった。

1.感謝のあまりなんと言えばいいかわからない。
0.とにかく、はてなさん。うごメモをありがとうー。
f:id:shogo2469:20140105212154j:image

id:shogo2469

時間よとまれの「いま、マスターは記憶の中で」のスピンオフです。
2013年、5月31日に終了したうごメモで表現しました。
解説は後ほどに。
感想するかは自由です。あと、本題はもう少し待ってね♪
それでは!

2014/01/05 21:45:29
id:shogo2469

解説です。
えっと、時間よ止まれで、sokyoさんのようにタイムスランプ行ってみました。
残念ながら一秒外しで失敗という結果です。

20:45:30からスタートして、
10分ごとに10個増やしていく形式でした。
一応スピンオフならうごメモシアターの終わりで再現したものです。
本当は深夜にやりたかったんですが、もうその時間は寝てるので・・・。

さ、コメントで21:45:30を狙ってましたが、
あえなく1秒早くアウトでした。残念です。
実は2014-01-01 00:00:00を取るお題 のリベンジでもあったんですが、今回もダメでした(泣

今回は調子が狂ったと思って諦めよう

2014/01/07 09:45:30
id:shogo2469 No.6

コイル回答回数200ベストアンサー獲得回数252014/01/07 08:44:11

ポイント20pt

作者から
想京さ~ん!あっ、sokyoさんの方が反応しやすい?いいじゃない、同じソーキョーなんだしw((殴
まあ、そんなことは置いといて・・・。
こんにちは、今更自己紹介ですが、かきつばた杯にはようやく慣れたけどまだまだ未熟で新人のくせに、常連ぶってるアホ男子・コイルですw!
にあなたが参加してくれたの、覚えてますか(´∀`*)あの時の開催者です。
で、想京さん…sokyoさん。30作おめでとうございます!(((o(*゚▽゚*)o)))
今回sokyoさんがめでたく30作目を迎えたんで、記念に僕が初参加しちゃうぞー!
ほんで、今回は小説というか会話風に感想文をお届けします。お待たせしました!
まあ、単なる読んで思った印象ですw
今回の感想発表者(登場人物)は坂の上ので初登場の作者・コイル&助手・サンダーのコンビです!(あ、突然言われても知らないよね、うん。ごめん・・・)
(コイルとサンダーコンビシリーズ(?)初作品はこちら)
では、どうぞ!( ^ω^)_凵
長くなりますが、御ジックリ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【感想文ぼしゅうー!】 by,sokyo

コイル「俺のPCを見てみろサンダー。想京さんが『自分の作品の感想文を募集します♪』だってさ」
サンダー「想京さんて、まだそんな呼び名で呼んでんですか。上の『作者から』でも言ってたし」
コイル「まあ、細かいことはお気になさらず。そんなことより、今回はsokyoさんの「感想募集杯」に参加してやろうと思ってさ」
サンダー「感想募集杯?なんですかそれ。」
コイル「感想文募集する奴を勝手に呼びつけたやつ♪」
サンダー「勝手に呼びつけたらダメでしょ」
コイル「うるさいっ、貴様ッ俺にケチつけたいだけだろ!!」
サンダー「おや、これは失礼。そんなことより、感想文考えなきゃなりませんね」
コイル「そだね。で、どうしようか?」
サンダー「貴方の感想文なら、僕に頼らず自分で書いてくださいよ。」
コイル「・・・・・・、とりあえず書くぞ」

これからの設定
とりあえずコイルとサンダーの適当な感想文に行きます。
1つずつ行くんでじっくりとどうぞ♪
※なお、「」は貴方がベストアンサー取った作品です


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
甘い、甘ーいもの:『バケツを蹴る

コイル「サンダー。この時のお題って「楽1978」さん開催の『甘い、甘ーいもの』だよね」
サンダー「そうみたいですけど」
コイル「見ろよ、この文章。斜め上行っちゃってるよ。なんか、甘いというのはほんわかしてると思ってたけど、「そうじゃねぇよ!」って言われてる気がするよぉ」
サンダー「確かにそうですね。まあ、読む前から甘いと予測する貴方も甘いですがね」

バケツは掬うものであり、掬うものはすなわち救うものだと思っていた

サンダー「貴方はこれと似てますよ?」
コイル「相変わらず口調悪いな、お前。・・・考えてることが甘い・・・。そして最後に謎の老人にバケツを蹴られる・・・」

「お前の疑問に答えてやろう。」「俺は、お前だ。」 バケツを蹴った。

コイル「まとめて評価に行けば、甘い=ほんわかしてるにこだわらないで、こんなの書くって以外と思いつかないんだよね。でも、すごいな想京さんの発想は。」
サンダー「この甘ったれが!なんて、ビクッときますよね。「京さん風味」が流行ってたのかな」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ジャック・オ・ランタンとジャック・オ・フロスト:『留守番ジャックと丸天井の部屋

サンダー「リトル・ジャック・・・」
コイル「現実って考えたら、超不気味だよな。でも、その物語というのが何とも言えず面白い!」
サンダー「オ・ランタンを恐れてるって理由っていう最後のシーンが・・・」

“ジャック”は天井を見上げた。部屋の丸天井が、回り出している。
蓋が開いた。目が合った。

コイル「ところで、ジャック・オ・ランタンって、あのかぼちゃのお化けみたいなやつだよね。確かに実際だと怖いもんね。」
サンダー「簡単に評価すれば、不気味なところを連想させるのがカッコイイですよね。ホラー映画にしたら想像以上に怖いかも」
コイル「読者を変な世界に引きずり込んじゃうというのが、印象深いとこだね」
サンダー「何か自分もお化け屋敷に入った体感ができますよね。そう怖くはなかったけど←」
コイル「すごいよなこういう発想。オイラには思いつかないぞ。よーくこんな幻想するよな」

発想が凄いですよね、頭ン中どうなってんですか!

サンダー「まあ、こう京さんが仰ってましたもんね。ある意味同感です」
コイル「想京さん!その幻想力をオイラに分けてくr・・・」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○げちゃだめだ ○げちゃだめだ ○げちゃだめだ:『山奥の少女ハイジ

コイル「これ、初めて読んだときにさ、結構笑ったなあ。」
サンダー「コイルさん。暇ですし、1つ1つにツッコミ入れましょうか」

・「うおぉぉーっ! クララが立たねぇーっ!!」》
サンダー「いきなりこの勢いの声・・・笑えます・・・。しょっぱなから見事に原作を改造してますね」
・ちなみにクララはケータイの名前ね》
コイル「人間じゃねえのかYO!つーかその時代からカラゲーって・・・」
・「うおぉぉーっ! 今度こそクララが立った! しかもバリ3!」》
サンダー「また来たぞ、この勢い!」
・「それはねー、プラチナバンドだからだよ!!」》
コイル「ナ、なんだとおおおおおぉぉぉぉぉぉぉ」
・おじいさんお得意の脅し→「すぐ来ないと、逆パカするぞ!」》
サンダー「おじいさん・・・怖・・・・・・原作こんなじゃないっすよね・・・?」
・「じゃ、出力を下げますねー」「やだー! 出力を下げちゃダメだ下げちゃダメだ下げちゃダメだー!」
「じゃ、出力を上げますねー」「うう…! 出力を上げちゃダメだ、上げちゃダメだ、上げちゃダメだ…!!」
「じゃ、出力を下げますねー」「やだー! 出力を下げちゃダm(以下、無限ループ)》
コイル「このバカバカしくて、わけわからんやりとり、ハマるなぁ。そしておじいさんかわいそう…」
・「ああ、あのスカイツリーの!」》
サンダー「クララと来てなぜ、スカイツリーのソラカラちゃんが出てくるんだ」
・「流れ星で魂が宿るとかア○パ○マ○のパクりだけどだいじょぶ?」》
コイル「そこ言っちゃダメだろオオオオオォォォォォォ」
・「圏外じゃねぇか! 逆パカしてやるぞコラ!!」「(一部省略)それじゃオチが弱いんだってば!!》
サンダー「最後のおじいさん怖い・・・。そしてオチは弱いけど、この面白さは素直に受け取るしかないですね」

サンダー「ブハハッハハハハ!笑える笑える!ツッコミどころが多過ぎる!」
コイル「これはすごい…少なくとも天才バカ○ンの次にすごい。まさか、ハイジの原作をあべこべにしちゃうとは。素直に面白い」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
深夜急行:『じぶんガラス』 

コイル「なるほど、『窓ガラスを見ることなく、向こう側の人・反射する自分を見てた』わけね」
サンダー「雰囲気は悪くないですね。こういうアイデアもあったか」
コイル「窓ガラスのあれ、雰囲気っていうのかな。それが伝わってていいんだよなあ」
サンダー「一回、「深夜急行電車」のイメージをしながら読むと、すごくいい感じ。しかし、窓ガラスに目を向けるとはさすがsokyoさんですね」
コイル「ただ、もっと周りの風景も描いたほうが、多くの心を奪えると思うんだよね。」
サンダー「まあ、窓ガラスだけにこだわるのは、雰囲気が伝わりにくくなりますよね。電車の窓ガラス以外も書いて欲しいですな。例えば、乗客さんが全く窓ガラスに、目を向けずにいるっていう・・・」
コイル「そう。でも詩にしては上手く出来てるね」
サンダー「アイデアは悪くないですよね」
コイル「雰囲気&周りの風景が揃ってれば高評価だったな」
(短いけどここで終了(>人<;(←想京さん「えっ・・・(´・ω・`)」))
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ハッピーニューイヤー:『スペサル・サプライズ』 

コイル「おぉ、笠地蔵に来たか。発想もなかなかいいな」

「笠をかけてあげたらおじぞうさまがお正月用品とか金銀財宝とかくれるんだよね? うちらさ、財宝にプラスでさ、ケーキとか作って新年の瞬間を祝おうよ!」

サンダー「メルヘンだなぁ、いちごちゃん」
コイル「だよなぁ。「財宝楽しみだな♪」なんて・・・。それにいきなりケーキ・・・。コウ君も慌てるよねぇ。面白いなあ」

僕がおじぞうさまの代わりに、プレゼントを用意しないといけないじゃないか  あやつられてあげよう  
僕はいちごちゃんをベッドに寝かせてあげることにした

コイル「あやつられてるコウ君がなんだか、可愛く見えるね。女の子ひとりのために、一生懸命なんてね♪」
サンダー「確かにそうですよね。それに、いちごちゃん・・・。こういう設定が可愛すぎる。何か、女子らしいっていうか」
コイル「可愛いでお似合いのお二人?というのは置いといて、・・・」

徹夜なんてしたことなかったけど、僕はちっとも眠くなかった。それは寒かったからじゃない。
誰かのために生きてるからだ
うまくいきますように。6体のおじぞうさまには、ちゃんとまだ笠がかぶさっていた。

コイル「これこれ。このコウ君が自転車でいちごちゃん家から、自分の家までの途中で、お地蔵様を通り過ぎるシーン。アホらしく思うコウ君でも、ちゃんと一日、それにつくしているというのがね。斬新的」
サンダー「何だか、いちごちゃんとの友情さって不思議ですね」
コイル「うん。特に最後に大胆にケーキまで作っちゃって・・・、いちごちゃん」
サンダー「全体的にほんわかするし、なんだか、二人の友情感に心を打たれちゃうんですよ」
コイル「ところで、全く関係なくなるけどサンダー、来年こそは2人で年越ししない?ここ俺んちで」
サンダー「え、いいですけど。あ、折角ですしsokyoさん達も誘っときましょうよ。あ、冗談ですって」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
リンク アクセス:『ずる休まない

サンダー「簡単にまとめれば、中学の卒業式に休もうとしてたけど、写真を見れば自分が映るわ、自分の家に自分が来るわ・・・」
コイル「なんかさ、すごいファンタジーだね」

ふと、俺はその群衆の中に、驚くべき人を見つけた。
俺が、いた。

コイル「自分がいたなんてさ。もうこっから幻想は始まってるよね。一体なんでだろ」
サンダー「それ、単にあとを読んでもわかりませんもんね。想像ですよね、想像」
コイル「でも、驚くべきなのはここからだ・・・」

考えている間にリビングのドアが開いた。現れたのは、意外な人物だった。
それは、俺だった。 制服を着て、胸の名札に花を付けていた。奴は誇らしげな顔でにやりと笑い、
「卒業式に行かないのか」

コイル「おぉ!自分が来た!この展開は・・・」
サンダー「意外すぎる人物ですね。一体どうしてきたんでしょう?」
コイル「来たよsokyoさんの偉大なる幻想が・・・」
サンダー「さあ、どうなるんでしょうねェ・・・」

しつこい。俺には関係ない。
「関係ないだと。大アリだ。リンクしてんだよ。過去は現在と。現在は未来と」  
「お前は今、時の流れから取り残されてんだよ」 「アクセスしろよ。外の世界に」

サンダー「お、出てきましたね。「リンク(繋げる)」と「アクセス(接続)」。要するに「今というのは未来と繋がってる。外の世界(卒業式)に行かなきゃ、始まらない。時間は動かないんだよ」ってわけか・・・」
コイル「なるほどね、そう来たか。ってまだ8時10分だったのか。アクセスしろというのはそういうことだったのか」
サンダー「でも、主人公の心情ももっと書かなきゃいけない。これじゃあただの事実ですね。それに、未来の自分なんだしもっと引き立てたほうがいいじゃないかと。だって、このままだと単に現れただけですから」
コイル「しかし、この幻想は・・・なかなかの力作だね」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
時間よ、止まれ:『いま、マスターは記憶の中で

コイル「BAおめでとうー!sokyoさん」
サンダー「しかし・・・よくこんな発想思いつきましたね」
コイル「注目するとこは、文章だけじゃねぇな。23:00に登録して、一つ一つ加えるという・・・」
サンダー「カウントダウン系ですね。おそらく、1分ごとに1つを追加という・・・」
コイル「なるほど、ロボットのリストアまでをよく描いてるね」
サンダー「文章にすれば、主人公の悲運や心情もうまく描いてますね。「60分間で」って、ストーリーもまとまってるし」
コイル「時限爆弾が作動してるように、59.58.57.・・・と行く発想、結構好きだなぁ」

・ありがとう!   2013/06/21 00:00:00  by,sokyo

・ハイクの 00:00:00を取るお題 やってみればわかりますが、00秒を取るのは簡単な事ではありません。
どちらかが59秒か01秒だったら台無しです。
それをいとも簡単に00秒で揃えてきました。  by、meefla

サンダー「しかし、「ありがとう」で、0時0分0秒ちょうどに来るとは・・・」
コイル「sokyoさんの狙いはそれだったか・・・。時間帯で勝負ってことだな。23時~0時ジャスト・・・」
サンダー「下書きしたというなら、相当検討したでしょうね。お題の「時間」が出てきたか・・・」
コイル「1時間だけで作ったと言われても・・・僕じゃあ1時間でこんなに作れないなぁ。下書きでやったとしても、1分ごとで両方とも00秒なんて可能性は小だ」
サンダー「いやぁ、相当練習したと思いますよ」
コイル「失敗すれば、間違いなく、たけじんさんがBAだったな・・・」
サンダー「タイムスタンプ。最強・・・」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ぎんが:『天体観測

コイル「とりまえず、2連賞おめでとうです―!!」
サンダー「まとめれば、主人公が、天体観測をする時、同じくらいの女の子に出会い、そこで2人で銀河や星を撮るってやつですね」
コイル「静かなストーリー&丁寧な文章がいいねぇ」

「丘崎くん、ぜんぜん気づかないんだもん」
今の今まで、ここには自分以外だれもいないと思っていた。

コイル「おぉ、何か怪しい(?)人物が出た。菅生ちゃんか・・・」
サンダー「一緒にカメラ・・・、こりゃあ、何らかの事件起きそうすよ」
コイル「一人でやるつもりがね・・・。さあ、どんな展開が来るかな・・・」

僕の写真は、予想通りの仕上がりだった。赤道儀もばっちり機能している。点のようだけどアンドロメダ銀河も写ってる。レンズの癖も出ていない。露出もOKだ。  「すごいね!」

コイル「アンドロメダ銀河か・・・。確かに、いいよなぁ。一度はとってみたいよね。菅生ちゃんからも高評価だね」
サンダー「でも、このあと、菅生ちゃんが撮ったのが気になりますな」
コイル「確かに、何を撮ったんだろうね…」

見せてくれたのは、星景写真だった。丘から臨む眼下の街灯りと、天の川。
見えてるものなのに、見えてなかった。遠くの銀河ばかりに憧れていた。大事なのは機材じゃなくて、撮るべきものを見つける目。

サンダー「おお、天の川ですねぇ!それと、自分の住む街…!」
コイル「この、主人公の心の転換の瞬間が……」
サンダー「それに、大事なのは、機材じゃなく……」
コイル「主人公の描写をよく描いてるね」
サンダー「ぎんがを、優しく包むという、sokyoさんの独特な……」
コイル「あと、当時の僕の作品、結構自信あったんだけどな…」
サンダー「ふむ、スターをくれたsokyoさんに感謝しなきゃ、ならんですね」
コイル「…………」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
夢:『クローズド・エンド

コイル「夢って、僕が開催したやつやん!そういや、想京さん来てくれたっけな」
サンダー「じゃ、本戦で「書きそびれました」という感想を書かなきゃですね」
コイル「そだな、じゃっ、感想にレッツゴー!」

“夢”、いままでありがとう。
私、あなたのことが大好きなんだって思ってた。
でもそれは間違いだった。
私は“あなたのことが大好きな自分”に酔ってた。

サンダー「夢・・・?またまた幻想というか、変なモノが来ましたのう」

・あなたはいつも遠くにいた。だから私も遠くばかり見てた。
・私は、彼が遠くを見すぎてるって分かってた。でも自分自身も同じだなんて、分かってなかった。
・私は、あなたに会ってから、ちゃんと生きてない。だれかと話してても上の空。

コイル「いつも遠くばかり見る・・・。自分の愚かさに気づけない・・・」
サンダー「何だか、すごい文章が出てきましたね。これは、切ない系かな」
コイル「そうだね、主人公の心情がちゃんと出てていいね」

私は気づく。私の未来は、あなたによって決められているのだと。私の未来は“クローズド・エンド”なのだと。
定められた未来なんて、いらない。欲しくない。  ・未来じゃないから。今を生きたいから。
だから、さようなら。最期まで勝手な私でごめんなさい。幸せを願っています。

コイル「クローズド・エンド・・・!改めて読んだけど、もう、なんかすごいね!主人公の心情&文章が斬新すぎる!!」
サンダー「この、切ない感じが・・・。もう、ハンパないですね。お題を見事に盛り上げちゃってますね。力作読ませていただきましたよ」
コイル「これは、実はBA候補だったんだけどね、やっぱたけじんさんのが一本になっちゃうかな・・・ごめんね想京さん」
サンダー「僕もたけじんさんを選んじゃいますね。夢だったらどっちかというと、たけじんさんのほうが強い」
コイル「うん。でも、ホント上手くお題を昇華してるね。BAの他の賞なら、優秀賞つけたるわ!」
サンダー「あと、コイルさん。貴方のここの開催なかなかでしたから、こんな良作が来たんじゃないすか?」
コイル「・・・想京さん!とにかくありがとう!」
サンダー「さ、次がラストですね・・・」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ツバサ:『ドングルをたどれば

コイル「さぁて、これでラストだな」
サンダー「ラストとしてだったら、「カシオペア」の方が好きですがね」
コイル「まあ、確かにそれはそうだけどさ、さ、評価に行くか」

「ドングルを持っているのか」
「あります。近野さん、そこから動かないと約束してください。動いたら、これ、水に沈めます」
「どうしたんだ、菅生。それがなくなれば、もうシステムにログインできなくなる。賞に参加することもできなくなる」
「望むところです」

サンダー「お、だんだん展開が開いてきましたね」
コイル「菅生ちゃん、どうしたんだろう」

「私、ほんとうに、みんなの心を動かしたいんです。揺さぶりたいんです。けれど私には、力不足なんです。私へのコメントなんて、成長とか、斬新とか、同じような台詞ばっかり。私のことなんて、だれも見ていないんですよ」
「私は、飛び込んでしまうの。そしたら、ツバサを授かるの。それで私は、飛んでいってしまうの」

コイル「・・・・・・。ツバサを授かる・・・」
サンダー「菅生ちゃんの「辛い」という心情が目にしみますねぇ」
コイル「・・・自分なんて、誰も見てない・・・?」

冷たい水面の波紋が、悪しきツバサになる前に。重たい鍵の鎧が、菅生を連れ去ってしまう前に。
僕は駆け出した。ドングルよりも大切なことがある。
僕は菅生を、掬う。…救う

コイル「凄いね、心情が活き活きと出ている」
サンダー「今回のキーワードは、「心情」ですね」
コイル「うん、菅生の心情をセリフでしっかりと描いてるなぁ」
サンダー「辛いという気持ちが、大きいですね。これは最後にふさわしいと言っていい作品かな」
コイル「いろいろ印象に残るフレーズが多かったなぁ。グリスタ&引用スター3つつけたよ」
サンダー「菅生=sokyoさんだって想像すると、sokyoさんの苦労というのがわかりますね。ついつい共感してしまいます」
コイル「ただね、自分の心情が菅生に乗っ取られてる気がする。というか、セリフじゃないところの自分の感情が少ない」
サンダー「いやぁ、いい締めくくり作品でしたね。印象深いフレーズもたくさんあったし」
コイル「って、21~30作目って、しりとりで繋がってたんだ。言われてみればそうだね」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
コイル「よし!感想文完了!」
サンダー「い、いつの間に書いてたんすか。早いっすね」
コイル「ま、んなこたぁ置いといて、さ、評価終わったね」
サンダー「どれもいい作品でしたね。ホント」
コイル「想京さんは、半端じゃないな。俺も上達したのも、一部は想京さんのおかげだし・・・い、一部だからね!」
サンダー「ま、貴方はこれから頑張んなきゃあいけないですからね」
コイル「ハハ、そうだな。ところで、ちょっとランキング作ってみたんだ」

21~30で好きな作品 ベスト3
1.山奥の少女ハイジ
2.スペサル・サプライズ
3.いま、マスターは記憶の中で

コイル「個人的これかな。でも、どれも好きだったよ!」
サンダー「いやぁ、読んでよかったですね。コイルさん。想京さんも多分どっかで応援してますよ」
コイル「そうかなぁ。だといいなぁ。あと、サンダー。お前も最後は想京・・・」
サンダー「では、ありがとうございました!」
f:id:shogo2469:20140107083943j:image
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ありがとうございました。長々とすいませんorz
11月の末からじっくり作ってますた。
コイル(自分)&サンダーで行ってみたよ。
たけじんさんでいえば、「水野さんと望月君」。meeflaさんでいえば「質問者ミーフラ・回答者ミーフラ」。ぐらんこ。さんでいえば「ファー&ミーちゃん」というキャラであります。これから、いろんなとこで活躍するでしょう。
30作目おめでとうございます。
想京さんの作品、いつも楽しみにしてます。
では、・・・thank you sokyo♪

他6件のコメントを見る
id:shogo2469

そーいえば、この間のツバサで、10作行ったなぁ。
......要するにsokyoさんの3分の1。
ということで僕の作品の感想ください!((え
ちょっとだけでいいので。

ちなみにsokyoさんのやつの感想を簡単にまとめて
これについてコメくれるといいな☆

☆…うわ、やられた!
○…いいね!
△…まあまあかな

バケツを蹴る △
留守番ジャックと丸井天の部屋 ○
山奥の少女ハイジ ☆
じぶんガラス △
スペサル・サプライズ ☆
ずる休まない △
いま、マスターは記憶の中で ☆
天体観測 ○
クローズド・エンド ○
ドングルをたどれば ○

2014/01/09 19:36:08
id:sokyo

こんにちはー。

ええと、申し訳ないけれど私に感想は書けません…(u_u)o
こないだは試しにがんばってみたけれど、結局後半は感想じゃないのよね…。
私はそういうの、すごく苦手だし、自分で主催したときにも書いてこなかったし、
ごめんけどほかの人に語れるような言葉、私は持ってないみたいです><

かきつばたには私よりも力のあってコメント上手な人がたくさんいらっしゃるので、
そういう人にお願いしたほうがきっとコイルさんのプラスになると思います♪

2014/01/12 00:03:13
id:kokiri385 No.7

銀鱗回答回数59ベストアンサー獲得回数82014/01/08 18:47:29

ポイント60pt

 「あぶくの恋」

 それはトンボ玉だった。転がって転がって、穴を空けて僕の心に住み着いた。薄い青が穏やかで、白の曲線が滑らかで、透けた輝きが美しかった。僕は仲良くなりたくて、赤い花をめいっぱいに咲かせた。それでも薄桃色が恥ずかしがる心のようで、これでは君に好いてもらえないだろうと落ち込んだ。けれど君は、
「薄桃色、かわいいね」
と小さな僕を撫でてくれた。恥ずかしがり屋をこんなに喜んだことはなかった。
「僕はかっこうよくはできていないから」
と言うと、君は薄青を空のように暖かくして
「かわいい君が良いと思ったの」
と輝いたのだった。

 僕らは海を見た。夕焼けにもなれない薄桃はまだ水平線の上を浮かんでた。あぶく一つない透明を感じた。それが何かは分からなかったけれど、悪い心持はしなかった。
 僕らは夜を仰いだ。大粒のともしびたちが僕らを輝かせた。透明は青白い月に温かい黄色を教えて、傍にいる君がその青さで凍えることはなかった。
 僕らは緑を辿った。大きな赤い花は僕のお母さんのようで、君は花に埋もれた僕に
「やっぱり、かわいい君が好き」
とキスをした。莅々とこすれた葉がさらに桃色に染まった僕を隠してくれなかったら、君はもっとおかしそうに笑ったのかな。

「久しぶり。やっぱり忙しいのかな。元気ですか。暇があったら電話下さい。声が聴きたいよ。東京でも頑張ってね」

 ケータイにぶら下がった赤は、遠い島を思い出させた。青をお揃いにつけたケータイで、君は電話をくれたのだろう。向き合わずに逃げ出した透明の輝きは、ようやく名前を僕に教えてくれた。
「初恋……今からでも間に合うかなあ」
ボタンの感触のあと響くコールに、胸は高鳴って熱を生む。
 気付いていたんだ。もう僕は逃げないよ。透明の輝きは濁らせないと誓おう。

「……もしもし?」
好きだよって、言うんだ。

明けましておめでとうございます。
リハビリなしに一発書きでごめんなさい、素敵なお話台無しですね…
スピンオフなんか書いちゃってラムネの瓶みたいになってしまって申し訳ないです。sokyoさんの「じぶんガラス」、六芒星のガラスのオーナメントのようで、つるつるの表面が児童文学のようで素敵です。
sokyoさんの世界奥が深くて私大好きです。まだまだ勉強不足なのでもっとsokyoさんのこと知りたい!
毎度お騒がせしてしまってすみません、今年もよしなにどうぞ。

id:sokyo

おかえり!ヾ(・ω・*)ノ

お待ちしてました。うれしい。

すごくうれしい!

2014/01/08 18:52:07
id:sokyo

あけましておめでとうございます。
またお会いできてうれしいです。
…なんて、英語の直訳みたいだけど、ほんとにそう思います。
新しいお名前はすごくきらきらしていてステキですね。

『じぶんガラス』と向き合ってくださって私は幸せです。
もっと知りたいだなんてお言葉、私にはもったいない!

これからもよろしくお願いします♪♪

2014/01/10 20:41:30
id:a-kuma3 No.8

a-kuma3回答回数4439ベストアンサー獲得回数18232014/01/10 01:09:43

ポイント60pt

なんか最近、あまり参加できてないこともあってすれ違い感が半端ない気がする a-kuma3 です。

ひとつ前の「感想文ぼしゅうー!」で感想を書かせた方に読ませてみました。
あれから一年以上も経ってるんだなあ。最近は、本屋などで手に取ってる本を見て、それは結構面白いとか、つまらんとか生意気なことを言うようになりました。
受験勉強も追い込みの時期なので、読み飛ばしたやつもある感じなのですが、こんな感じだそうです。

:バケツを蹴る
:留守番ジャックと丸天井の部屋
×:山奥の少女ハイジ
:じぶんガラス
:スペサル・サプライズ
:ずる休まない
:いま、マスターは記憶の中で
:天体観測
:クローズド・エンド
:ドングルをたどれば

  ×:あんまり好みじゃない
  :ちょっと難しい
  :結構、面白い

だそうです。
『ずる休まない』については、もうちょっと突っ込んで聞いてみました。

時間が前後したり、もうひとりの自分が出てきて自分としゃべるってるのは面白いと思う。
でも、ひきこもりで学校に行きたくなかったのに、なんで最後に「まだ間に合う」なのかなあ。
実は学校に行きたかったってこと?

ご近所に同学年で不登校になっちゃった子がいるので、ちょっと考えるところがあったみたい。
あまりはっきりとは聞けなかったけど、不登校の子は学校に行きたいなんて思ってない。
だから「やっぱり、行きたい」ってラストにつなげるには、ちょっと飛躍してたかな、ということみたいです。



ちなみに一番好きなのは『天体観測』なんだとか。
ふっ、青臭いのを選んだな。やっぱり、まだ子供だ。
とか言いながら、ぼくも今回の十作の一番を選ぶとしたら、それか、『留守番ジャックと……』のどちらかだからなあ。
やっぱり、親子だ :-)



というわけで、ヘタレなぼくですが、今年もよろしくお願いします。

# 自分の感想をほとんど書いてないという (^^;

他1件のコメントを見る
id:a-kuma3

回答が遅くなっちゃってすみません。

うちのこに限った話ではないと思うのですが、最近ってガチな SF を読む機会がほとんど無いので、日常がベースか、アニメにありがちな(剣が無い)ファンタジー、もしくは、ゲームの延長にありそうな電脳のような世界観が用意されているものじゃないと、とっつきにくいのかな、という気がします。

こぐまさんはもちろん、元ネタ曲ご存知なんですよね…??

さあ、どうでしょうね。
BUMP OF CHIKEN を聞いてるのは見たことが無いからなあ。
GReeeeN → 嵐 → ORANGE RANGE ときて、数ヶ月前から関ジャニ∞に御執心、という感じなのです。

2014/01/11 02:18:52
id:sokyo

私もガチなSFって読んだことないと思います。
なのに(勘違いじゃなければ)そんな私が曲がりなりにも
かきつばたで居場所を作っていただけているなんて、
なんだか不思議でこそばゆい気持ち…。

私も便利な世界観に頼りたくなっちゃいがちですが、
そこを逃げずに挑戦するa-kuma3さんはかっこいいです☆

GReeeeN → 嵐 → ORANGE RANGE ときて、数ヶ月前から関ジャニ∞

おお! 機会があったらその辺を意識した選曲を心がけようと重います♪
受験の成功、かげながら応援申し上げております。

2014/01/11 23:48:34
  • id:sokyo
    私がかきつばた杯で書いた文章についての感想文を募集する、というていですが、私が開催した回についての話でもかまいません。
    http://q.hatena.ne.jp/1360365109
    ↑コレ。

    てか要はなんでもいいです♪

    あと、何人かの人には回答リクエストをお送りしますが、人数には限りがあるので、リクエストお送りできない人もいます…。
    なので「リクありがとうございます!(`・ω・´)」みたいなコメはやめてくださいませ。
    本当に回答ほしいなぁって思っている人にはお送りしませんので、リクなくても安心して回答ください!

    たのしみたのしみ☆

    あと、遅くなりましたがあけましておめでとうございます!

    今年もよろしくお願いしますっっ!(ර⍵ර)✧
  • id:kobumari5296
    sokyoさん、お久しブリーです。
    滑り込みになると思いますが、感想文書かしていただきたいので、待っとってください!
    もしかしたら、本戦には参加でいなくなるかもですが……
    待っとってくださいorz
  • id:sokyo
    コブマリさんあけましておめでとうございます♪

    別にこれはかきつばた杯じゃないし、そんなにちゃんとしたのを
    書こうとしてくださらなくても大丈夫ですよ〜。
    私ごときにそんなに根詰めないでくださいね☆

    もし締め切り後になってしまっても、コメント欄に投下してくだされば
    歓喜しながら拝読しますし、遅くはなりますが若干のポイントもお送りします。
    あまりお気になさらず、できそうならやるぜぐらいのスタンスでいていただければOKです。
    私だけでなくほかの人も、このシリーズでは締め切り後も割と遅くまでいてくださるので、
    コブマリさんのいいタイミングでお話を聞かせていただけたらもうハッピーです( ๑॔˃̶◡ ˂̶๑॓)◞♡

    ごあいさつありがとうございます♪
  • id:takejin
    年末年始進行が過ぎたら書かせて頂きます。
  • id:sokyo
    たけじんさんあけましておめでとうございます♪
    お待ち申し上げております★
  • id:gm91
    なにぶんあっしも明日から年末ほったらかし分の回収作業なので、ぼちぼち書きます。
    とりいそぎ、ありがとうございます!
  • id:sokyo
    いっつもそうだけど、このシリーズの質問を立てると、
    いろんな人がいろんなところにコメ書いたりスターを付けたりするので、
    私は気になって、結局全部のコメ開いて読んじゃうし、
    全部のスターに指をかざして、だれがどこを引用しながら付けたスターなのか、
    確認しながら読んじゃうよ!(≧▽≦)/

    みなさんどうもありがとうございます!
    みんなもスターに指をかざして読んだらよいです♪♪
  • id:shogo2469
    みなさん、こんにちは。

    ところで、皆さん。想京さんの作品の感想文書いてる方いるでしょうが、
    本戦始まりましたぜ。
    http://q.hatena.ne.jp/1389052774

    本戦のほうもよろしく!(`・ω・´)キリッ
  • id:shogo2469
    「じぶんガラス」のスピンオフ

    「灯影」
     夜11時。暗い夜道。
     私は一人で歩いていた。

     辺りはとても静か。今、ここには私以外誰もいない。
     辺りはとても寒い。ポケットを探っても、暖まるようなものはない。
     辺りはとても暗い。そして星も全く出ない。
     ―怖くて逃げ出したくなる。
     私は口を閉じて、ひたすら静かに自宅へ向かう。

     街灯の下を歩く。
     私は立ち止まって下を見た。
     灯影だった。私の影だった。
     私は辺りを見回した。ここ以外に街灯はなかった。
     光っている場所でも、誰かの家の中だった。余所の家には入れない。
     私の周りはほとんど光というのはなかった。

     私は前に進んだ。
     おや、余所の家の電気が消えた。一件だけでない。周りの建物に光は消える。停電だろうか。
     振り返ると、当然街灯の光も消えていた。
     でも、地面には影が写った。とても明るかった。そしてなぜか暖かくなった。
     夜空には星が大量に輝いた。とても綺麗だった。
     
     不意に私は怖くなくなった。
     静かな夜道の中、私は星と、星が灯す影と自宅へ向かって行った。

    参考:sokyo様作。「じぶんガラス」
    ゆず作曲「灯影」
  • id:sokyo
    締め切りました! 来てくださったみなさま、どうもありがとうございます。
    私に借りがある人は続きをお待ちしております♪
    回答するおつもりがない方も、よければおしゃべりがてらコメ欄にどうぞ♪

    今年もよろしくお願いします。
  • id:shogo2469
    結局、殿下様来なかったなぁ。(´・ω・`)

    ところでところで、本文に書きそびれちゃったんだけど、
    「山奥の少女ハイジ」
    僕は結構好きでした。
    たださ、キャラのイメージ崩壊してない?
    そこに気をつければ、GM91さんも高評価だったのかな?

    ところでところで、実は僕、この間の作品で10作行きました。
    よかったらここのコメにて僕の作品についての感想書いてくれると嬉(以下略
    これが面白かったとか、つまんなかったとか←


    あと、本戦。
    参加する方!早うせんと、間に合わへんで!(゚Д゚)ノ
  • id:sokyo
    >結局、殿下様来なかったなぁ。(´・ω・`)
    来なかったねぇ…。(´・ω・`)
    tk、来たけどコメとかくださらなかったですねぇ…。シャイなのかな。

    キャラのイメージって…?
    私が書きそうにない文章だった、ってこと、かなぁ?
    それは、難しいことですねぇ。
    私の振る舞いそのものが私のキャラを形づくっていくものですからね。
    そういう文章を私が書き続けていったら、いつの間にかそういう文章が
    私のキャラに合ったものだと思われるようになっていくと思いますので=☆
  • id:a-kuma3
    >結局、殿下様来なかったなぁ。(´・ω・`)
    スーパーシャイなんじゃね >電化
    # あ、間違えた (・ω<

    奴を釣るには、もっと挑戦的なお題(かきつばたか、クイズ)が必要なんだ。
    # 天岩戸か、ってえの。


    コイル>たださ、キャラのイメージ崩壊してない?
    そう言えば、こんな質問があったねえ。
    http://q.hatena.ne.jp/1320499057

    そう言えば、どういうふうに見られてるんでしょうね >各方(おのおのがた)
    「良心」とか書かれて、驚くやら、こっぱすかしいやら :-)
  • id:takejin
    かきつばたの良心でござい。
    両親?
    あ、良心回路か。無用の機能の。良心回路が無いゼロワンのほうが惑わされないっていう。
  • id:takejin
    後で来ます。水野さんだけ忙しいんだわ。
  • id:a-kuma3
    呵責を感じるってことは、ぼくの良心回路は正常に動作してるってことだな。
  • id:sokyo
    ># 天岩戸か、ってえの。
    かきつばた界は闇に包まれているのですね…υ
    しかし申し訳ないんですが、ダンス係はだれか別のヒトで…(ゲス顔

    私てきには、a-kuma3さんは良心っていうよりかはも少し身近な存在です♪
    神じゃなくて王、みたいな(たとえが分かりづらい)。
  • id:sokyo
    たけじんさん、お待ちしてますね〜☆ わーい。

    GM91さんもあとで来てくださるそうですし、
    ほかにもほのめかしてくださってる方がいらっしゃるので、
    幸せはまだまだ続きそうです♪ うれしいなぁ。

    私しばらくここにいますので、遊びにきてくださいね。
  • id:shogo2469
    かーんそーぶん♪かんそーぶん♪ ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
    つーぎーもーやりまーすかー♪ (((o(*゚▽゚*)o)))
    かーんそーぶん♪かーんそーぶん♪ *・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
    つーぎーもーぼしゅーしてー♪ ♪───O(≧∇≦)O────♪

    ↑ナニ、この歌。Σ(゚д゚lll)
  • id:shogo2469
    本戦も終わったー!
    でも、学校始まったー!

    てわけで、しばらく、ここで・・・。( ^∀^)
  • id:sokyo
    イラッシャイ(○^∇^)_旦~~♪
  • id:takejin
    「あけおめあけおめあけおめあけ」
    「望月君。たまにはきちんと挨拶をば致しませんか」
    「みーずーのーさーまー、あけまして!ベベン、あ、おめでとう、あ、ございますぅぅぅぅぅ」
    「歌舞伎じゃないっての」
    「お忙しいところ、申し訳ございませんが、sokyoさんの感想の続きって話してして」
    「宿題になってたところに、上乗せだよねぇ」
    「そうそう、15作までしか感想書いてないし」
    「では続きですな」

    「はいはい。『ケーキを代入!』です」
    「臨場感は半端ないよね。」
    「教室にいて、見てる映像として、違和感なく存在できる」
    「ただなぁ、普通の大学の講義の時間に、義務教育中の生徒が頻繁に訪れるのはどうなの」
    「そっちで引っかかるの」
    「うん。大人なので」
    「僕は、これプロローグにしか読めない。続きを読まないとね、って感じです」
    「それとね、応用言語学なのに方程式?って違和感かな」
    「本質じゃないところで引っかかってますね」
    「だから、惜しいと思うのだな」

    「えーと、どう読むのこれ」
    「読まなくていいの」
    「スパンの長い、三つの願いですねぇ」
    「まあいいだろう。わかっているラストへ向かうんだから」
    「どこかで読んだような、読まなかったような」
    「キングなら、お母さん悪魔と交渉して、あの世からおとこのこを呼び戻すんだけどなぁ」
    「それって、もとのおとこのこですか?違う気が」
    「そりゃ、ち が う に決まってるだろ」

    「『泣かないで』ですが」
    「続き物だよね。」
    「そうそう、『これだからガキは嫌いだ』の」
    「前作では、たっくんが死に面してるってのは欠片もなかったけどねぇ」
    「ちょっと唐突かな。それと、続編ってのは扱いにくいのもある」
    「淡々とつづってるんだけど、最初の2行が生かされてないまま終わってしまう」
    「最後の言葉はなんなんだろう。」
    「最後から二番目の言葉はわかったけどね」
    「ちょっと消化不良だ」

    「『この夏初めてのアイスコーヒー』」
    「題名で種明かししてしまってからの第一センテンス。惜しいんだよなぁ」
    「私が誰なのか、ですよね」
    「そう。もっと擬人化して、もっと思わせぶりな題名で、の方がいいなぁ」
    「コーヒーを夜明けのコーヒーとかにしてさ」
    「ちょっとベタすぎじゃ」
    「テッテーテキにベタにせめて、種明かし」
    「それも手だなぁ」

    「『sokyoさんになりたい』」
    「これ卑怯だよ」
    「え、なんで」
    「題がこれじゃあ、とりあえず読んじゃうじゃない?」
    「でも、内容はスランプ克服系」
    「以前も同じような、違うようなのなかったっけ」
    「内輪系、結構あるのな」
    「まあ、素直に読める文章だから、かえって身近な感じでいいんだけどね」
    「このフレーズどうなんでしょ”sokyoさんは、実はかきつばた杯のために、無理をして書いているのではないかな”って」
    「深読みするか、スルーするのか」
    「どうなの?無理してるの?」
    「作家なんて、ある意味無理して書くんだよ。」
    「”ちょっと気取って書け”って丸谷才一先生も書いてたよ。」
    「無理してねー(by宇宙兄弟)」
  • id:sokyo
    わーいたけじんさんこんばんは!
    まさか前回の続きからかかってくださるとは思っていませんでした。
    ありがたき幸せ♪
    昔のやつって恥ずかしいけど…成長の証だと思うことにする!

    ●『ケーキを代入!』
    >「臨場感は半端ないよね。」
    おお。うれしい!
    >「それとね、応用言語学なのに方程式?って違和感かな」
    それ、途中までは文章の中に説明があったのですが、
    最終的に消えてしまったのですよね。

    私はついうっかり文章を長くしてしまいがちなので、
    いっつもがんばって短くしようと思っているのですが、
    違和感が残るまで短くしちゃだめですねぇ。
    前にもたけじんさんには「説明不足と説明過多が共存してる」とかって
    言われたことがあるはずなのに進化してないですね私。むむう。

    ●『 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ● 』
    これってどこにでもあるような話なんですかねやっぱり。
    そして「キング」ってスティーヴン・キングですか??
    読んだことないなぁって思いながらWikipedia見てたら、
    『スタンド・バイ・ミー』って項目を発見。
    これなら読んだことある気がする!(内容は忘れちゃったけど)

    ●『泣かないで』
    >「そうそう、『これだからガキは嫌いだ』の」
    …って、あれ? 私これ直接書いてないですよね?
    なんでバレたんですかすごい!ストーカー!(←違)

    >「ちょっと消化不良だ」
    ああ、だれもが口を揃えて消化不良だと訴える問題作ですね、悪い意味で。
    http://q.hatena.ne.jp/1303828293#c200305
    このときにたけじんさんに教えてもらったやり方と同じなのですが、
    うまく気づいてもらうのは難しいですねぇ…。
    スターの付き方からして、id:meeflaさんは分かってるっぽくて、
    それはそれでなんだか恐ろしいけど…!><

    ●『この夏初めてのアイスコーヒー』
    このときの伊吹。さんの作品が
    http://q.hatena.ne.jp/1342882618#a1158813
    傑作すぎてあきらめそうになってたのを思い出しました。

    ところで今回取り上げていただいた5つは、あんまりたけじんさんの
    お好みでないですかね…。
    私、GM91さんにも銀鱗さんにもこぐまさんにもたけじんさんにも、
    みんなに喜ばれるようなの書けたいです!(`・ω・´)
    最低四兎を追う生き方をしていくので、これからもよろしくお願いします!

    ●『sokyoさんになりたい』
    今回の10個は、諸事情ありタイトルのことほとんど
    気にかけてられなかったので、

    >「題がこれじゃあ、とりあえず読んじゃうじゃない?」
    このご指摘には新鮮な想いがしました。
    みんな題によっておもしろそうかどうかを判断しますよね。
    そりゃそうですね。
    私は今回特にタイトルをないがしろにしてたので、
    今度からはもっとタイトルとか気を遣っていこうと思います☆

    …ってかこれくらいのこと、
    コブマリさんとかだったら当然考えてるんだろうな…汗

    >「内輪系、結構あるのな」
    よくないですよね。ほんとよくない。
    とか言いつつ、ついうっかり続編になってしまったり、
    GM91さんのブログを下敷きになってしまったりしてるのは私なのですが、
    これからはほんとに内輪のをなくしていきたいなぁって思っています。
    いつも間口を広く取っているたけじんさんの作品は素敵です。

    これからも無理します!
    たけじんさんがコメくれる間は、がんばってやっていけそうな感じがする!!
  • id:takejin
    好みかどうかというと、微妙。
    でも、水準以上なだけに、余計に注文を付けたくなる。
    というのが本音。
    あと10作分、徐々に書いていきます。
  • id:takejin
    スタンドバイミーは、原作も映画もお勧めです。
    が、スティーヴン・キングはその路線じゃないのが本筋。
    「ミスト」か「ペットセメタリー」が読めれば、OKです。

    好みってのは、手塚先生と筒井康隆とスティーヴン・キング。
    まあ、このプロ中のプロのような作品が書ける人なんて、そうそういるわけがありません。
  • id:shogo2469
    過去の感想文の続き。暇なもんで。また、優紀くんたちで行きますわ。
    じゃあ、今度は4作で。ちなみに、残った10作は今度ね。


    『アイポの誕生日』 by真奈美

    記念すべき、初作品だね。
    正直、私にとって、ストーリーはそんなに面白くなかった。
    オチが弱いというか。
    でも、ipodが寿司を食べようとするのを、書く発想は、変わってるねぇ。
    初とは、とても思えないよ。ちょい期待はずれでは、あったけどね。

    『Birth』 by隆史

    死神への手紙か。挑戦状。小説とはちっと、ちがうけどね。
    主人公達の、辛い気持ちを書くというか、これは面白かった。
    お題をうまく使ってて。
    あるぴにっくすさんの、文学の真髄は「読者のこころをいかに揺さぶったか」には、賛成するところだな。


    『これだからガキは嫌いだ』 by優紀

    たっくんといちごちゃんの話だね。読みやすいのはOK。
    2人のやりとりっていうか・・・。それが面白かったりする。
    主人公と、不思議な幼稚園児(?)というね。ストーリーはなんだかんだ面白い。
    って、どうでもいいけど、さしこって誰・・・?指原莉乃?


    『欄干の上から』 by隆史

    要するに、悪になるってのは、欄干から飛び降りるってわけ?
    うーん、ちと、やっぱり、お題の処理が弱いかなぁ。うん。
    ストーリー自体は気に入ったけど。

    じゃあ、今日のとこはここまで
  • id:sokyo
    たけじんさんこんばんは。

    >でも、水準以上なだけに、余計に注文を付けたくなる。
    うおーい! うれしいぜ☆
    キングにとって『スタンド・バイ・ミー』がメインストリームじゃないのは
    なんとなくWikipediaから察しました。

    筒井さんはたけじんさんのお話に繰り返し登場しますよね。
    かきつばたを極めるためには避けて通れない感がいっぱいです。

    去年は小説を1冊も読みませんでした…だいじょうぶなのか自分…υ
  • id:sokyo
    コイルさんこんばんは。

    なかなか手厳しいんですね…昔のやつなので手加減とか…だめ??(上目遣い)

    ●『アイポの誕生日』
    >初とは、とても思えないよ。
    まぢすかありがとうございます〜(@_@)o
    なんか真奈美さんのコメが全体的に欧米か!って感じで趣深いです。
    寿司とか出てくるからますますいけないんだな。
    私はこのときの印象がすごく強くて、いまでも回転寿司に行くと
    レーンをさえぎってお皿がざらざらと崩れていくメージが頭に浮かびます。

    ●『Birth』
    これはいまだに自分でもよく分かりません。
    自分で分からずに投稿している文章ばっかりですけど、
    『Birth』は特に分かりません。
    みなさんはこれを読んで心を揺さぶられるのですかね?
    そうだとしたらうれしいような気持ちもするけれど、
    それを自分でコントロールできないのはもどかしい気持ち。

    ●『これだからガキは嫌いだ』
    さしこっつったらもちろん指原さんでしょうがぁーっ!!
    ったく、これだからガk…(以下自粛)
    この文章は、当時のはてなの雰囲気を押さえるともっとおもしろいと思うので、
    だれか当時の人に聞いてみるといいかもですね♪

    ●『欄干の上から』
    そいえば私は昔「お題の処理」ってことばめっちゃ聞かされたものですけど、
    最近はとんと聞かなくなってしまったような感じ。
    現にこのページでも「お題」って言葉はコイルさん以外ほとんどみんな
    使ってないのですよね…なんで??
    も、もしかして自分「お題の処理」がうまくなったとか…!!(違)
  • id:takejin
    本を読めとは言わないけど、あまり読まずにこの方向性の描写になるのは、すごいなぁ。
    私は、どこかで読んだフレーズの寄せ集め(私は”パッチワーク”と呼んでる)になってしまうので、だいぶ方法論が違うのだろうなぁ。
  • id:sokyo
    いやいやいや! 読まなきゃ!
    だから私も、自己言及パッチワークみたいになっちゃうのですよ〜><

    高校のときとかは割と本読んでたので、当時の記憶がぼんやりと生きているのかも。
    本読みたいです〜。児童文学が好きだったので、またその辺から手を出したい。
  • id:takejin
    小説に限らず、何か読んでいないと禁断症状が出る私には、「理解できない」領域。
    1日一冊でもダメかも知れない…
  • id:shogo2469
    5作。行くよ?

    『いちかばちか』by優紀

    お前はムリ星人かよ!いや、そうじゃねぇな。えっと。
    面白いね。ギャグ映画だったら(少しは)笑い取れるかもしてないねwいや、冷やかしじゃなく。
    ふなっしーみたいな(落ち着きがないと言う)いちごちゃんを、より良く書いてますねぇー。
    リドル・ストーリーにもなってるし。よし、☆4つくらいくれてやる!捨てたら死刑!(σ;*Д*)σ←ぇ

    『白い光』by真奈美

    へへぇ、こういうの嫌いじゃないよ。
    クライマックスのシーンが、私、好きだったよ。
    日記のつもりだよね、とてもいい文章。

    『えっとあとがきです』by隆史

    叙述トリックのあれ。あとがきというか、書く様子みたいなの。あとがきストーリーというか?
    リズムがよくて、面白かった。うん。
    meeflaさんもいいが、これも好きだな。何なんですか、これ!

    『山手線占い』by shogo2469

    おぅ!謎解き系ですね!面白ーい♪楽しく読めました。
    3333文字あった割には、読みやすくてよかったです。
    今回は特に好きです。いいもん読ませていただきますた。
    さ、俺がこの文書いたのバレたら、優紀くんに怒られるんで、そろそろ帰ります。

    『きみはアイドル』by優紀

    おぉぉ♪うぃねぇ♪ふははははw
    何なのこれ、違う意味で怖い。もう、爆笑だよw
    Lチキかw最初は可愛いレジのお姉さんかと思ったよ。これこそ叙述トリックじゃないか。
    お題も上手く使ってていいね。
  • id:kokiri385
    お久しぶりです。ちゃんと挨拶すべきなのかな、ここはこそこそしとこうかな、とこんな感じになりました。
    また沢山楽しみたいです。
  • id:shogo2469
    >昔のやつなので手加減とか…だめ?
    この甘ったれが!( *`ω´)キリッ

    >自分で分からずに投稿している文章ばっかりですけど
    あーわかるわかる。
    実は、僕。自分の世界が一番謎だなと思ったりしてます。
    「コイルワールド」・・・今、最も気にかけてるキーワードです。
    ま、これから、もっと自分的に、意味不明ワールドを作ってくと思いますよ。自分の。

    >さしこっつったらもちろん指原さんでしょうがぁーっ!!
    え、そんなの、初めて聞いた(´・ω・`)指原さん自体は知ってるけども。

    >も、もしかして自分「お題の処理」がうまくなったとか…!!(違)
    多分、そうじゃね(´ρ`)=3 ・・・うわなにす
    今回は、上手く使ってるね♪、が割りと多かったですね。そういえば。
  • id:sokyo
    たけじんさん!

    1日1冊以上読んでるってことですか??Σ(・ω・ノ)ノ!ビックリ

    あ、でも私、小説以外なら読んでたんですよ?
    お勉強の本とか、あと実用書みたいな、そういう系。

    小説を読まない人はゲームなりマンガなり、とにかく何かの方法で
    物語を摂取しているものだよ、って話を前に聞いたことがあるのですが、
    私どれにも当てはまらないんですが…どういうことだろう…。
    かきつばたを読むのは物語の摂取に入りますか…??
  • id:sokyo
    コイルさん!

    ●『いちかばちか』
    これ自分で久しぶりに読み返しました。
    もう何言ってんだかよくわかんないですねこれ。よく居場所もらえたな…。
    結局リドル・ストーリーがなんなのか、当時の自分は分かってなかったし、
    いまの自分も分かってない感じがします。それでいいのか…。

    ●『えっとあとがきです』
    わーいほめてもらった!
    ところで前から気になってたんですが、コイルさんのご評価って、
    GM91さんとかグラ娘。さんとか、当時の私にリアルタイムでコメくれてた人と、
    ほとんど同じないようだったりすることありませんか?
    コイルさんって、そゆのも読んでから私にコメくださってるのです?
    なにせ、

    ●『山手線占い』
    >3333文字あった割には、読みやすくてよかったです。
    このコメにもなんか覚えがあるし!!
  • id:sokyo
    銀鱗さんこんばんは!

    こそこそでもいいんじゃないですかね? きっとみんなシャイなのですよー。
    またたくさん遊びましょう♪
  • id:sokyo
    コイルさん
    >この甘ったれが!( *`ω´)キリッ
    マジでいまブーメランというもの恐ろしさを思い知った…。

    コイルさんは自分がやってることにとても自覚的な人だと思いますよ私。
    だって、
    >自分的に、意味不明ワールドを作ってくと思いますよ。自分の。
    なんて言えるんでしょう?
    私は自分で自分ワールド?を作るとか言ってこなかったし、いまも言えないです…。
    「自分で作ってる」感じ、私はぜんぜんないもんなぁ。
    なんて言うとまたたけじんさんからツッコミ入りそう。

    「お題の処理」と並んでよく出てきてたのが「オチが弱い」なのですが、
    それも最近聞かないぞおかしいな…みんなわざわざ口にするのあきらめたのかな…。
  • id:takejin
    自分の世界とか、表現の範囲って、決めない方がいいと思う。
    自然にできてしまったのはいいとしても、それにとらわれない。
    これを意図的に壊したり、出かけたりするのが結構煩わしくなる。


    一日一冊。小説じゃなくても、パンフレットでも、論文でも、取説でも。
    科学解説本とか、仕事の本とか。速読でもOK。
    昔は、本屋めぐりをしながら、話題の本(小説じゃないの)を立ち読みで速読、なんてやってた。
  • id:takejin
    「水野さん、戻ったよ」
    「長いトイレだな」
    「まあまあ、次です。『バケツを蹴る』」
    「バケツの必然性はともかく」
    「説明をギリギリ省いているってのは」
    「そうそう、好感がもてる」
    「ついていける読者とついていけない読者がでそうだけど。水野さんは、こういうギリギリ少ない描写って」
    「好きだねぇ」
    「読者層限定って感じかな」
    「かきつばただから。まあついてこれる、と踏んだ感触はいいんじゃない?」
    「でも、生命をかける案件とは思えないんだけど」
    「そこの必然性は、個人差がありそうだな」


    「『留守番ジャックと丸天井の部屋』」
    「超ハイレベルな短編がそろった、ハロウィーン特集だったよねぇ」
    「異世界への入り口としての、ハロウィンがあって、ジャック・オ・ランタンがいる」
    「説明しない、できない世界を、説明を省いて描くのはちょっと抵抗があるよね」
    「でも、雰囲気で押し通すというのは、文章力が無いとできないと思うし」
    「論理を超越してるのに、画が見えるのは」
    「sokyoさんの特徴」
    「それって、杉浦日向子師匠の”百物語”に通じる感触だな」
    「sokyoさん、これ褒めてますって。」


    「『山奥の少女ハイジ』」
    「これは、勢いだけだな」
    「ハイジが題材なのに、真逆な表現」
    「逆パカなんて、今の時点で全くの死語ってのがおかしい」
    「出題者の嗜好をしっかり把握していたとも言えそうですねぇ」
    「こういう文章も書けるんだ」
    「sokyoカタログの極端な商品例って感じだ」


    「『じぶんガラス』」
    「詩なんだよね。改行の自由が氾濫していて、詩と散文が同じフィールドにいるから」
    「谷川俊太郎チックな、説明アリの詩って感じ」
    「お題が深夜急行なんだよね。昼の記述もあっての、深夜?」
    「ちょっと未消化な感じ。」
    「雰囲気勝負かな」
    「落としどころ探りつつ、降りきらなかったってところか」


    「『スペサル・サプライズ』」
    「テディベアは?」
    「うん。玄関の外にいるんじゃ」
    「そっちが気になって、最後がよくわかんない」
    「たしかに。コウ君の努力をなんとかしてやって」
    「いちごちゃんがたくらんだことと、コウ君が新年になるところで家にいないことがリンクしているのかどうか」
    「ある意味謎解きなんだから、ちゃんとカタルシスを読者に感じさせてほしいってことですよね」
    「読者も謎解きでサプライズしたいんだな」
    「贅沢なもんだ」
  • id:sokyo
    そうだそうだ! 自分の世界とか決めないほうがいいってよ!
    (たけじんさんに背中を押してもらって急に勢いづく←)

    引用スターできないからなんかスター連打してるみたいになってるけど、
    そんなことないから! 気持ちは引用スターしてるから!
  • id:sokyo
    わーおかえりなさい♪

    ●『バケツを蹴る』
    このめっちゃほめられてる感!≧▽≦
    お読みして、これが一番水野さん&望月さんに認められたと思いました。
    あと考えてみたらたけじんさんの作品はこんな感じでソリッドだと気づいた!
    私もソリッドにがんばります♪
    楽1978さんには認めてもらえなかったけど!

    ●『留守番ジャックと丸天井の部屋』
    このときは楽しかったな〜♪
    >「論理を超越してるのに、画が見えるのは」
    >「sokyoさんの特徴」
    なんですかこのおふたりの仲いい感じ! 私も入れてくれ!(違)
    杉浦日向子さんって聞いたことなかったのですが、
    なんだかものすごい大物感があります(!)いいんですか!
    前にあるぴにっくすさんには宮部みゆきになぞらえられた?ことあるし、
    なんというか噓から出たまことみたいな感じになりたいです。

    ●『山奥の少女ハイジ』
    >「出題者の嗜好をしっかり把握していたとも言えそうですねぇ」
    今回の質問ではぜんぜんほめられたりしないのに、
    なぜだかかきつばた賞をいただいた回なので、
    たけじんさんの言う通りかもですね。
    てかこれは正直、楽1978さんがかませ犬になってしまっているが故の
    単なる偶然、って感じがしております。
    楽1978さんごめんなさい…。

    ●『じぶんガラス』
    >改行の自由が氾濫していて、詩と散文が同じフィールドにいるから
    これって、かきつばた杯の現状を言っているのですか??
    改行の自由が氾濫するのはよいことですかね? いけないこと?
    明らかに詩ですよ、って作品はかきつばたではあまり見たことないですけど、
    えと、もしかして詩はルール違反??汗

    ●『スペサル・サプライズ』
    >「テディベアは?」
    私がこの文章を読んだ感じだと、テディベアは
    はしゃいでるふたりの足元に転がってて、ふたりの視界からは消えてるのだと…。
    ほ、ほら、あれですよ、 「恋は盲目」!

    いちごちゃんがコウくんのたくらみもぜんぶ知った上で、
    それを織り込んでケーキ作ったよ!みたいな流れだったらカタルシスですね〜。
    いちごちゃんにバレてるってことが、最後の最後まで読者にバレなければ
    私の勝ちですよね? 次があったらそうなりたい!

    GM91さんやコイルさんが個人的お好みを書いてくれてる中、
    たけじんさんのコメはそれ全部を包括してるような視野の広い感じがして、
    なんというか、たけじんさんのおっしゃることは常に正しいなぁ、
    っていう根拠のない実感があります♪
    主観のコメはテンション上がるし大好きだけど、
    たけじんさんはいつもそれとは違うアプローチをしてくれるから、
    お話を聞けてうれしいです。
    次回は『天体観測』入るかな?
    カメラが出てくるからたけじんさんのお話が聞きたい!
  • id:shogo2469
    >コイルさんって、そゆのも読んでから私にコメくださってるのです?
    え、なぜバレた。なぜ俺の行動がわかる(いや、バレバレか
    いやぁ、参考までにね。でも、僕が書いてることはホントウにそう思ってることだからね。
    誤解だけは勘弁してくださいますように。


    『落とし物』by隆史
    なんだかんだで面白い。ファンタの神様…。
    相変わらず、発想が面白いね。ちょ、こわ。
    笑えるw笑えるw
    あとさ、女神様のセリフ、無茶苦茶性格付けしてるねぇ。どんだけツンデ…の設定だ

    『さらば愛しき“イエロウバルーン”』by真奈美
    エッセイ風作品ですね。あ、ネタということで、ここから敬語。
    発想も悪くないし、描写が丁寧。というところですね。
    やられた感は少なくとも、個人的に75点くらいです。
    私も、これはいいかなと思います。結構面白かったですよ。

    『ケーキを代入!』by優紀
    ? ? ? ごめん、楽さんと同じく、よくわかんなかった。
    でも…何コレ、想像の絵が頭から離れない…。
    何ぼか、いいとは思ったんだけど、俺にはわからん!ごめんっ!
    よし、2年後にもう一度、作者に読み返してもらおう。なんぼか、わかるようになるかも…

    『 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ● 』by真奈美
    をを、童話風作品ですね。
    しかも、ひらがなの使用は物語の雰囲気を出していいと思います。
    描写が、私の頭を遮ってます。面白かったです。

    『この夏初めてのアイスコーヒー』by隆史
    内容薄っ!
    でもさ、意見被るけど!描写悪くないね&短く纏まってていいね。
    「皆さん、せいぜい、70点以上は付けとけ」だな。
    ストーリー自体は、グラ娘。さんや伊吹。さんの方がお好み。
    ↑これは個人の意見のつもりだから!

    オマケ by優紀
    >そうだそうだ! 自分の世界とか決めないほうがいいってよ!
    あい?大体、人から味方にされて、急にエラそうにするってどういうことだよ!
    って、作者が言ってました。キリッ
    (ぇぇ、言ってないよぉ by作者)

    あぁ、やっと終わった。ダル((
  • id:shogo2469
    どうでも良くなりますが、次のかきつばた杯開催されるんの、いつになるのかな。誰が開催するのかな~♪
    俺はしばらくしないつもりなんで。
    誰か、開催してくれぇぇぇ((2分後に、蹴られて黙る
  • id:sokyo
    コイルさん♪

    ●『落とし物』
    >あとさ、女神様のセリフ、無茶苦茶性格付けしてるねぇ。どんだけツンデ…の設定だ
    えーでもさ、キャラ立ってるほうがおもしろくないです??
    私はそういう人が出てくる文章のほうが読みやすくてスキですよー。
    私だれがだれだか分かんなくなっちゃうからね♪(←頭よわいww
    隆史くんとか3人ってキャラ的にどんなひとですか??

    ●『ケーキを代入!』
    >? ? ? ごめん、楽さんと同じく、よくわかんなかった。
    ま━━ΣΣ(゚Д゚;)━━じか━━!!
    ってことはa-kuma3さんと同じ予想だと、
    2年後とかでもまだよく分かんないままで、
    6年後とかになったら、ちょっと分かるようになってる、かも。

    ●『この夏初めてのアイスコーヒー』
    >ストーリー自体は、グラ娘。さんや伊吹。さんの方がお好み。
    異論なし! 特に伊吹。さんのはマジ大好き♪♪

    かきつばた杯はしばらくないかな…?
    私個人としては、開催したことないあの人とか
    やってくれたらテンション上がるって思ってます。
  • id:shogo2469
    〉キャラ立ってるほうがおもしろくないです??
    え?別に嫌いじゃないですよ?そして、批判してる訳じゃないっす。
    むしろ、ええなぁwと思ってますけど、何か?

    〉隆史くんとか3人ってキャラ的にどんなひとですか??
    そうですねぇ、
    優紀:(一応)主人公。ボケ役であるが、たまに、ツッコミになったりと。マジな時は、マジになる男子
    隆史:主にツッコミ役。一人称の主になることが多い。キレやすく、照れくさがる男子。
    真奈美:大体、ツッコミだが、たまにボケる。どっちかというと、優等生?な女子

    〉6年後とかになったら、ちょっと分かるようになってる、かも。
    ということは、高校3年ですね。子供にはわかりませんorz系の作品なのかな?

    思ったんだけど、常連さんの中で、一番幼い人(最小年)って、僕かな?もうすぐ12歳。
    常連さんって、みんな僕より上だよね?
  • id:takejin
    「次だよ、水野さん『ずる休まない』」
    「いい感じじゃね?」
    「アイデアOKですよね」
    「そうなんだけど、細かいところが引っかかる」
    「戻ってきたのが俺ってとことか?」
    「時計の時刻とか」
    「主人公の最後の行動とか」
    「奴とのやりとりとか」
    「説明していないのに、説明してるんだよね」
    「バッサリ切ったらいいかもしれない」
    「それと、今回出かけただけで主人公の心情が、そんなに変わるの?ってとこも」
    「一か所変われば全てが変わるって伏線が欲しいんだなぁ」

    「水野さん、これこれ。」
    「ああ、『いま、マスターは記憶の中で』ね」
    「久々の渾身の作だった、水野さん三部作を蹴散らした奴」
    「まあ、しょうがないじゃない。俺のは推敲不足もあったし。」
    「超短期連載って」
    「ライブ小説読めるのなんて、めったにないことだし」
    「それをやってのけるって、sokyoさん、只者ではない」
    「タイムスタンプの話と、時間よ止まれのお題が絡んでいて」
    「お題重視も甚だしいぞ。お題軽視はどこへ行ったんだよ」
    「水野さん、興奮しない」


    「『天体観測』」
    「なんで、若い男女が夜中の2時に、丘の上で二人きりで、星を撮影してるんだ?」
    「そこは、突っ込まない」
    「いや、なにかイベントをでっち上げてでも、理屈つけるべきだな」
    「を、強硬ですね」
    「機材の名称とか、カメラやレンズを並べたところは、いい感じだな」
    「微妙に雰囲気は出てると思うけど」
    「俺なら、独り言を入れるな」
    「独り言って?」
    「赤道儀って、天の北極を指さないと役に立たない。だから、極軸合わせを必ずする」
    「へええ」
    「だから、”雲台に赤道儀。取り付けにくいんだよなこれ”とか”北極星、北極星っと。ど真ん中”みたいな独り言を入れて、臨場感を醸し出す」
    「をを、意味は解んなくてもいいわけね」
    「気になったら調べろよ、という姿勢ね」
    「でも、調べられたらボロが出ちゃだめだよね。これ、大丈夫?」
    「実際撮影して無いから断言できないんだけど、露光時間が短くない?暗いズームレンズ使ってるでしょ」
    「わかりまへん」
    「10秒くらいなら、赤道儀使わなくてもなんとかなりそうだし」
    「そうなんだ」
    「分単位にしてしまった方が、良かったかも。ピントいじりはいいんだけどな」
    「いつもに比べて長いですぅ」

    「『クローズド・エンド』」
    「論理の向こう側にある”夢”を、うまく書いてるよね」
    「夢を説明していないのが好きだな」
    「望月君も、説明が極力少ないのが好きだよねぇ」
    「そりゃそうでしょ、どれだけ説明省くかが勝負どころでしょう」
    「セリフも減らして、表情だけどかね。舞台なら」
    「脈絡のない雰囲気を続けてるんだけど、意味は汲める」
    「なにかわかるようでいて、やっぱりわからない」
    「それが夢だろ」
    「うむむ、お題が見事にはまってる」


    「『ドングルをたどれば』」
    「種明かし編ってこと?これ」
    「キックオフ→エンドとか、しりとり題名とかですね」
    「一人でアンソロジーにしてしまってるってことだよね」
    「お題無視とか、題名軽視とかどこ行ったんでしょう」
    「うむむ、おそるべしsokyo」
    「で、あのこって誰」
    「わかんないんだな、これ読んだ限りじゃ」
    「ドングルってガジェットも」
    「位置情報が伝わるって、そんなのあるの?」
    「水野さん知らないんじゃ、僕知らないっス」
    「こまけぇことは気にしねぇ、ってとこか。」
    「でも、すらすら読める」
    「そこ重要。小説はそこからだ」
    「いい種明かしでした。というか、仕込んでるの気づかなかったよ」
    「腕を上げたな、おぬし」

  • id:takejin
    おぢさんには、大学3年生の娘がいますよ。
    もう、孫がいてもおかしくないってわけで…
  • id:sokyo
    はてなスターの調子が悪いから引用できないけど、
    a-kuma3さんは「6年後とかになったら、」のとこを
    引用しようとしてくれたのだと勝手に思ってる♪
  • id:sokyo
    たけじんさん! 水野さんと望月さん!

    ●『ずる休まない』
    これ、けっこうイケるんじゃないかなって思ってたんですけど\(^o^)/
    なんかくどくどと説明しがちに見える文章が重たい、って感じですかね…。
    >一か所変われば全てが変わるって伏線
    たけじんさんにそう言われるってことは絶対必要だってことなので、
    今度があったらできるようになりたい!

    ●『いま、マスターは記憶の中で』
    めっちゃ渾身感が伝わってきましたよたけじんさんのあれ!
    なんかちょっと申し訳ない気持ちになりました。。
    私なんとかライブな感じにできて成功した感じになってますけど、
    あれmeeflaさんにリアルタイムで見ていただけたという偶然が
    一番貢献度が高い気がしてます…υ

    >「お題重視も甚だしいぞ。お題軽視はどこへ行ったんだよ」
    めっちゃ笑わせていただきましたwww

    ●『天体観測』
    >「なんで、若い男女が夜中の2時に、丘の上で二人きりで、星を撮影してるんだ?」
    言い訳させてください!
    ちょうど前日のAM3時がペルセウス座流星群の極大だったんですよぉ。
    http://www.astroarts.co.jp/special/2013perseids/
    ↑ほら!
    ちゃんとわかるようにしとかないとだめですね…。

    赤道儀とか、見たことなかったのがバレたか…((ノд`*)っ))
    でもこれに関しては、こんな風にコメいただくだけでとてもうれしいです♪
    ピントのところ、楽しんでもらえてよかったわぁ。
    次からはアンダーにならないように気をつけます…。

    ●『クローズド・エンド』
    かきつばた賞をかっさらったたけじんさんにほめていただけるなんて…♪
    >「脈絡のない雰囲気を続けてるんだけど、意味は汲める」
    これうれしいですね〜。
    銀鱗さん(まえ京さん)って、まさにこんな感じじゃないですか?
    私が銀鱗さんに対して思っていることをたけじんさんから言われるなんて、
    こんなにうれしいことあんまりないですよわー!(≧▽≦)/

    ●『ドングルをたどれば』
    >「お題無視とか、題名軽視とかどこ行ったんでしょう」
    やったぁ! 修行の成果!!(`・ω・´)
    ぜったい途中でだれかに気づかれてるんだろうなって思ってた…。

    今回、水野さんと望月さんのテンションがいつもよりも高くて、
    私もつられて舞い上がっちゃいました〜。
    どうもありがとうございます☆★ いろいろうれしい〜!

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません