化学の問題に関する質問です。

容積が300mlの丸底フラスコにある液体を入れて、小さな穴を開けたアルミニウムはくでふたをし、沸騰水中のビーカーに浸した。フラスコ内の液体が完全に蒸発して容器内が蒸気で満たされた状態のとき、フラスコ内の温度は77度であり、その蒸気の質量は1gであった。アルミニウムはくに開けた穴から液体の蒸気は失われないものとする。この時液体の分子量を求めよ。ただし大気圧は1.01×10^5 Paとする。

という問題で、解答には気体の状態方程式を使って
1.01×10^5×300/1000=
1/M×8.3×10^3×(273+77)

と書いてあったのですが、なぜここでの圧力に、大気圧1.01×10^5が使われているのか分かりません。
どなたか解答していただけるとありがたいです。

回答の条件
  • 1人50回まで
  • 登録:2014/01/04 18:40:47
  • 終了:2014/01/11 18:45:09

回答(2件)

id:rsc96074 No.1

rsc回答回数4387ベストアンサー獲得回数4012014/01/04 20:59:53

アルミ箔に小さな穴が開けてあるから。(^_^;
穴が開いている状態で空気は自由に動けるのに、アルミニウムはくに開けた穴から液体の蒸気は失われていないということは、中と外の圧力が釣り合っていると考えるのかも。

id:takejin No.2

たけじん回答回数1466ベストアンサー獲得回数1892014/01/04 21:52:38

pV=nRT のpが大気圧なのです。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません