ルーマニア、ブルガリア、フィリピンの医者の地位はどれくらいでしょうか?(エリート度、職業威信、弁護士や公認会計士との比較など)(東欧の医者は地位が低いと聞いたので本当か質問しました)また、東欧、西欧、東南アジア(タイ、カンボジア)でも分かれば回答をお願いします。医者の地位が低い国としてロシア、中国もありますが、他の国やどれくらい低いのかも分かればお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2014/01/30 10:29:53
  • 終了:2014/02/06 10:30:05

回答(5件)

id:bg5551 No.1

bg5551回答回数1184ベストアンサー獲得回数802014/01/31 16:05:47

ポイント100pt

何と比べてプレステージが高いかというのは、単純に比べるのは非常に難しいですが、フィリピンでは医者にもよりますが、プレステージは高いです。
アメリカや西欧でもプレステージは高いと思いますよ。
それは単純に収入などでも庶民に比べて高いことからも表されていると思います。
http://blog.goo.ne.jp/nak2006/e/342e869e07895ababd51b0c3115aaab9

一方、中国ではやはり他国に比べて低いと思われます。
それは不正や犯罪に手を染める医師の数が多いことからも想像できます。
http://www.jtw.zaq.ne.jp/cfbvu100/iryou.htm

id:kzmmtsd

回答ありがとうございます。フィリピンについて根拠となるurlはありますか?

2014/02/01 12:03:04
id:tibitora No.2

tibitora回答回数3037ベストアンサー獲得回数2022014/02/01 22:39:50

ポイント100pt

地位を賃金という形で比較する場合、こちらがご参考になるかなと思います。
医師の技術によって違いがあるようです。
http://ceburyugaku.jp/salary-list/
・一発で分かる!フィリピンセブ島の職業別給料リスト
ドクターは1回の診察で300pesoから500pesoを一人あたりもらいます。
スペシャルな手術を行える人たちは、一人あたりの手術で最低10,000pesoは給料として受け取ります。
以前、知り合いの知り合いで盲腸になった子がいたのですが、その子のオペレーション費用は30,000pesoだったそうです。

id:yabloko No.3

yabloko回答回数63ベストアンサー獲得回数122014/02/02 01:08:26

ポイント100pt

・ルーマニア・ブルガリア・フィリピン
これらの国の医師の現状に共通しているのは、
海外に人材が流出することが社会問題となっていることです。
自国での待遇が悪いことが原因です。
http://www.jmnn.jp/archives/5343
http://www.jetro.go.jp/jfile/report/05000575/05000575_001_BUP_0.pdf
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/europe/bulgaria.html
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/europe/romania.html

・西欧
2004年頃の少し古いデータですが、欧米諸国の医師の給与のデータです。
http://pediatrics.news.coocan.jp/my_paper/nichii2010_4.pdf

・ロシア・東欧
旧ソ連圏は医師の地位が低い傾向が強く、医療の質もあまりよくありません。
http://www.jomf.or.jp/include/disp_text.html?type=n200&file=1995090110
これは、旧ソ連時代に、医師を含む第三次産業全般が軽視された影響です。

最後に、話半分のネタですが、
「海外ではどんな職業の男女がモテる?」という記事があり、
http://news.mynavi.jp/news/2013/04/30/164/
回答している方の個人的な価値観ですが、
アメリカ・モロッコ・イラン・イタリア・フランス・イギリス・スペイン・タイの方が、
医師はモテる職業であると回答しています。

id:zzman No.5

燕雀安知鴻鵠之志回答回数285ベストアンサー獲得回数362014/02/05 01:40:33

ポイント100pt

こちらの記事はいかがでございましょうか。
http://freedoctor.jp/overseas/east_europe/

2013/04/07 日本経済新聞朝刊 地球回覧の記事。
債務問題に揺れる欧州。西欧諸国の失業率が上がり、排外主義の危険が増大しています。2014年1月からは新たにルーマニア・ブルガリアからの労働者が自由に西欧に行けるようになるため、東欧からのさらなる労働者の流入に神経を尖らせている実情がわかります。

今回の記事で取り上げられていたのはルーマニアの医師。医師になっても月給が6万円なので国外流出が止まらないようです。「ドイツかオーストリアに行くためにどんな努力もする」と。

医師という職業のステータスの高さの理由として高給取りであるということは外せないと存じますがそのような意味では日本やアメリカほどステータスが高くないのではないのではないかと存じます。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません