長期国債の長期金利が上がると、それに連動して企業への貸出金利(市中金利)が上がるのは何故ですか?

色々調べたのですがよくわかりません。
詳しくご教授お願いします。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2014/03/17 10:58:41
  • 終了:2014/03/19 09:34:58

ベストアンサー

id:Ganan No.3

Ganan回答回数11ベストアンサー獲得回数12014/03/18 18:39:32

ポイント100pt

企業と国債のリスクプレミアムが固定だからと思います。例えばA社がいて、国債とのリスクプレミアムが1%だとします。もし国債の利回りが2%なら、A社への貸出金利は3%になります。A社は国債より信用がないのは当たり前なので、国債よりも破綻しやすい確率がリスクプレミアムになります。この場合単純計算ではA社は日本国債よりも破綻しやすい確率は1%高いことになります。この破綻しやすい確率はA社の状況が変わらない限り固定なので、この場合、国債利回りが2%から3%に上昇すると、A社への貸し出す金利も3% + 1%の4%になります。

id:koko24

ありがとうございます。
なるほど!!!、、、こういう解説を待っていました。
リスクプレミアム、、、初めて聞く言葉、、、検索してみます。

2014/03/18 19:53:10

その他の回答(2件)

id:bg5551 No.1

bg5551回答回数1184ベストアンサー獲得回数802014/03/17 16:10:46

国債には「額面」が決まっています。
ところが、価格は金融機関の入札で決まってきます。
どういうことかといえば、国の信用が高いうちは「額面」ぎりぎりの高い値段でも買ってくれるので利率が低くくても売れるのですが、
信用が下がってくると安い値段でしか買ってくれなくなります。
すなわち金利を高くしないと、買ってくれないということになります。

国債の値下げをすること = 国債の利回りが上がること

また、国 債の利回りは長期金利の指標になっている ので、
もし、国債の価格が下がり利回りが上がったら長期金利もつられて上がることになります。
さらに長期金利の上昇は、当然に、短期金利の上昇のつながります。

他2件のコメントを見る
id:koko24

↑を見てわからなかったので質問しています。
「国債の利回り」ではなくて
国債の金利が上がったらなぜ「市中の貸し大金利も上がる」かを
知りたいのですが。。。

2014/03/17 22:59:55
id:snow0214

そのサイトの内容を理解している回答者の方が答えてくれるでしょう。

2014/03/18 07:45:04
id:NAPORIN No.2

なぽりん回答回数4719ベストアンサー獲得回数8712014/03/17 20:31:58

「国 債の利回りは長期金利の指標になっている」
 
「さらに長期金利の上昇は、当然に、短期金利の上昇のつながります。」
この部分が理解できません。
よろしくお願いします。
 
国債というのは国にカネを貸すということで、一番安定な金貸し先なのはわかりますよね。
銀行は預金者からあつめたカネをなるべく安全な金貸し先に貸したいです。
ただ国債そのままだと預金者は国債買えばいいじゃん。という話になるので、
色をつけて魅力的にするために国よりはちょっとリスクの高い企業(といってもガス会社やトヨタなどガチなところが多いですが)にも分散投資します。(他にも、償還期間以外でも出し入れしやすくするなどの国債をくずしたようなサービスをつけてその手数料ということでも納得してもらってるわけです)
ですから、国債金利は世間の金利とほぼ連動しています。銀行家が朝晩気にしている長プラ、短プラという指標もたしか国債(の買われ方)などを基準にして決めているものだったとおもいます。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E6%9C%9F%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88

id:koko24

私のこと覚えてますか?
お引き取りください。

2014/03/17 20:39:38
id:NAPORIN

えっ今思い出しましたが生物化学の質問しまくってた方です?
その後ポルフィリン環鉄塩とはいかがおすごしでしょうか

2014/03/18 00:29:16
id:Ganan No.3

Ganan回答回数11ベストアンサー獲得回数12014/03/18 18:39:32ここでベストアンサー

ポイント100pt

企業と国債のリスクプレミアムが固定だからと思います。例えばA社がいて、国債とのリスクプレミアムが1%だとします。もし国債の利回りが2%なら、A社への貸出金利は3%になります。A社は国債より信用がないのは当たり前なので、国債よりも破綻しやすい確率がリスクプレミアムになります。この場合単純計算ではA社は日本国債よりも破綻しやすい確率は1%高いことになります。この破綻しやすい確率はA社の状況が変わらない限り固定なので、この場合、国債利回りが2%から3%に上昇すると、A社への貸し出す金利も3% + 1%の4%になります。

id:koko24

ありがとうございます。
なるほど!!!、、、こういう解説を待っていました。
リスクプレミアム、、、初めて聞く言葉、、、検索してみます。

2014/03/18 19:53:10
  • id:Yoshiya
    http://club.pep.ne.jp/~nonoyama/KokusaiKinri.htm
    国債と金利のはなし
    >>
    1.価格が下がれば、売るためには金利を上げないと売れない よって金利が上昇する 裏腹の関係

    繰り返しになりますが、国債が大量に発行され続けばいずれ人気がなくなる、または、投資家たちが国債を売却しはじめるなどで
    需要・供給のバランスが崩れるときがくるやもしれず、そうなったら国債が売れなくなる事態が起きるでしょう。
    心情的には想像したくもありません。

    が、そもそもが危うい仕組みの上で動いているものであり、
    かつ、絶対的なモノで担保されていないので、あらかじめそういう事態も想定しておかなければなりません。
    万が一、そんな事態に陥り、国債が売れなくなれば、「値下げ」して売ることになります。
    そうなれば、定価では売れなくなり、価格を下げないと誰も買ってくれなくなります。
    それを見ていて、買い控えをしていた人は「安くなったので買おう!」と心が動くかもしれません。
      (この人のようにリスクを覚悟の上で一儲けしようと、スケベ根性を出した人が買うこともあるかもしれない)
    このように、政府がどうしてもお金がほしい場合は値下げざるを得なくなります。

    国債には「額面」が決まっています。
    ところが、価格は金融機関の入札で決まってきます。
    どういうことかといえば、国の信用が高いうちは「額面」ぎりぎりの高い値段でも買ってくれるので利率が低くくても売れるのですが、
    信用が下がってくると安い値段でしか買ってくれなくなります。
    すなわち金利を高くしないと、買ってくれないということになります。

    国債の値下げをすること = 国債の利回りが上がること

    下の図はこの関係が少しでもわかりやすいようになればと、私が考えたイメージ図です。
    もちろんこれで厳密に表現できているかという自信はありませんが、理解の助けになれば幸いです。
    国債の価格と金利の関係を模式にした図です。
    これで価格が下がることと、金利が上がることの関係が視覚的につかめるのではないでしょうか。
    また、国 債の利回りは長期金利の指標になっている ので、
    もし、国債の価格が下がり利回りが上がったら長期金利もつられて上がることになります。
    さらに長期金利の上昇は、当然に、短期金利の上昇のつながります。
    <<
  • id:koko24
    「国 債の利回りは長期金利の指標になっている」 Why?

     
    「長期金利の上昇は、当然に、短期金利の上昇のつながります。」why?

    よろしくお願いします。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません