1395070739 言語学者のノーム・チョムスキーは、フランス語のla langue も、le langageも、ともに英語ではlanguageとして訳出(対訳)しています。これによって、ソシュールのラング、パロール、ランガージュという概念が英語では区別がつかなくなっているようです。このチョムスキーの訳出について、きっぱりと批判している学者や思想家がいたら教えてください。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2014/03/18 00:38:59
  • 終了:2014/03/25 00:40:08
id:ShinRai

チョムスキーは、1975年のピアジェとの論争においても、英語版タイトルはLanguage、仏語版タイトルは le langageを使っています。ですから40年近くこの対訳を使い続けています

回答(0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません