死ぬのは怖いですか

あなたは『死』についてどう思いますか?
僕は怖くありません
生物の最後は『死』なので
『死』についての率直な気持ちをお願いします

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 登録:2014/04/02 18:16:56
  • 終了:2014/04/09 18:20:04

ベストアンサー

id:sano_094 No.3

梓篤回答回数1ベストアンサー獲得回数12014/04/03 16:42:16スマートフォンから投稿

私の場合、
死ぬという事は全て終わり、終点と思っています。

なので死ぬ事に抵抗はないです。

でも、まだやり残した事があるので今が死ぬ時とは思っていません。

やるべき事が全て終わったらぱっぱと死にたいなぁとは思います。


とにかく、未練を残さず死ねるなら怖くないです。

でもやはり、死の瞬間に訪れる痛みには恐怖しか感じませんね。

その他の回答(3件)

id:miharaseihyou No.1

miharaseihyou回答回数4499ベストアンサー獲得回数5572014/04/02 22:20:17

先日作ったキャラにも言わせたんですが「死にたくない。」ですね。
つまり「嫌だ」です。

id:I11 No.2

ラージアイ・イレブン回答回数732ベストアンサー獲得回数552014/04/03 00:19:33

イギリスの精神科医・エリザベス・キューブラー=ロスが書いた『死ぬ瞬間』という本がありますが、その本の中でエリザベス氏は、死の受容には5段階のプロセスがあると書いています。このことを「キューブラーロスモデル」と言います。
 
http://en.wikipedia.org/wiki/K%C3%BCbler-Ross_model
 

第1段階 「否認」 わたしは死なない 死は怖くない 自分は必ず助かる
第2段階 「怒り」 死ぬことは許せない 自分は悪くない 死を与えるものを許さない
第3段階 「取引」 生き残るためになんでもしたい 助けてほしい 
第4段階 「抑うつ」 私は死ぬ 死ぬしかない 生きられない なにもできない
第5段階 「受容」 死を受け容れて生きたい 死までの時間をよりよく生きたい

 
死が怖くないと思っている人は、死の受容プロセスの第一段階「否認」の段階にいます。そして「否認」から「抑うつ」までの段階の時間が長ければ長いほど、その人はよりよい人生を歩む時間が少なくなります
「否認」の段階から「受容」の段階に進むためには、まず死の恐怖を感じなければなりません。死の恐怖は死を受け容れるための前提条件です
 
死に直面したときの死への恐怖心は、生物として健全な反応です。
進化生物学の観点では、死の恐怖は、遺伝子が与えた生存プログラムであり、かつ、生物として正常な反応です。
進化した生物が、野獣の接近など、死に直面したときに恐怖心を感じ、脳がアドレナリンを分泌し、心臓の鼓動が早くなり、血圧が上昇し、呼吸が早くなり、脳や筋肉や神経の活動能力が通常よりも高くなることで、生き残る行動をとりやすくなるという 種としての生存戦略。それが恐怖を感じさせる遺伝子、「恐怖遺伝子」です。
健康な人は 恐怖遺伝子を持つ肉体によって、死に直面して恐怖することができます。恐怖することによって生き残る可能性が高まります。
 
人類など高等な生物の場合、大脳の発達により、肉体が死に直面しなくても、「死に直面した状況」を想像して恐怖する能力があり、同時に 自分以外の「死」をも 想像し共感する能力があります。
人がホラー映画を観てドキドキするのは、「恐怖遺伝子」を持つ細胞や組織が機能しているだけではなく、想像したり、共感したり、脳が高度な知的活動をしているからです。

そのような人類の「死への想像力」こそが、「死なないためのどうすれば良いか」を考える集団を形成し、死に備えて農業を発展させたり、死に備えて軍事力を発展させたり、死に備えて宗教や国家を発展させたり、文明を築いてきたのだ、と解釈することもできます。
 
そういう意味で言うなら、宗教も、軍隊も、国家も、科学技術も、歴史も、文学も、人類の文明と人間生活のなにもかもが、死の恐怖によって作られ支えられてきたと言っても良いでしょう。
 
対して、死の恐怖が足りない社会は、どうなったでしょうか?
かつて大日本帝国は、アメリカや中国など、連合国と勝ち目の無い戦争を始め、核戦争によって滅亡し、アメリカの植民地として日本国がつくられ、その様々な矛盾が現代の日本であらわになっていますが、そのルーツは、かつて大日本帝国の政治を支えてきた帝国臣民に「死への想像力」が足りなかったからです。
 
死を怖くないと言う質問者は、神のようには生きられるでしょうが、人間らしく生きることは難しいでしょう。そして人は、神にはなれません。
私が、質問者が知りたかったことは 死ぬのは怖いかどうかということではないと疑っています。
質問者は、本当は、どうすれば死ぬまでの間、自分は人間らしく生きられるのか?ということを、知りたかったのではありませんか?
 
質問者に死の恐怖が無いのであれば、質問者は死に一番近い人です、ですから質問者は、近い将来、本当に死ぬでしょう。
 
死を怖がる者は幸いなり
その者は人間らしく生きられるだろう
 
死を怖がらない者は災いなり
その者は神のように生き 失敗するだろう
 

id:sano_094 No.3

梓篤回答回数1ベストアンサー獲得回数12014/04/03 16:42:16スマートフォンから投稿ここでベストアンサー

私の場合、
死ぬという事は全て終わり、終点と思っています。

なので死ぬ事に抵抗はないです。

でも、まだやり残した事があるので今が死ぬ時とは思っていません。

やるべき事が全て終わったらぱっぱと死にたいなぁとは思います。


とにかく、未練を残さず死ねるなら怖くないです。

でもやはり、死の瞬間に訪れる痛みには恐怖しか感じませんね。

id:kicr-pp No.4

kicr-pp回答回数451ベストアンサー獲得回数142014/04/06 21:07:28

なんというか、終わるんだな。。。という気持ちだと思います。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません