これはいけるという家庭用品の構造の発明をしたときまずどうしますか。

大きさは20cmの立方体に入るくらいで、量産されれば1個1000円くらいのものです。
あなたは、簡単な模型はできますが、製品を作ることも試作品も作ることもできません。
あなたは、店頭での販売ルートがありません。
下の(1)~(5)から、1個選んで、選んだ理由と、更にその中で細かい選択と、その後の方針を教えてください。
(1)有償で試作品を作ってもらえるか良ければ量産品も作ってもらえそうなメーカーを探してコンタクトをとる。
(2)売ってもらえそうで、しかも製造メーカーも知っていそうな会社を探してコンタクトをとる。
(3)特許又は実用新案の出願をするべく特許事務所にコンタクトをとる。
(4)特許出願中と言い、特許になったら実施権を有償だが許諾するよと言って、乗って来そうなメーカー又は販売会社などにコンタクトをとる。
(5)その他。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2014/04/09 11:33:43
  • 終了:2014/04/16 11:35:04

回答(5件)

id:NAPORIN No.1

なぽりん回答回数4713ベストアンサー獲得回数8692014/04/09 12:00:26

ポイント20pt

当然(3)一択なのですが、そのまえに
無料相談のご案内 | 弁理士に依頼するには | 知的財産のご相談 | 日本弁理士会
[INPIT]特許電子図書館(IPDL)サービス一覧 | 独立行政法人 工業所有権情報・研修館
で手応えを確かめねば。

※外出からもどってきたらなんかいっぱい後ろについてたw
追加情報かきますね。
弁理士は職務柄守秘義務を守ります(心配なら確認しても失礼にあたらない)。
またネットを使える相談者にはほぼ必ず[INPIT]特許電子図書館(IPDL)サービス一覧 | 独立行政法人 工業所有権情報・研修館
での自己サーチか、有料外注(弁理士に頼んでの有料サーチ)をしたほうがいいとアドバイスしてきます。
個人顧客の単発依頼は弁理士にとってお金にならないことはわかっていて、
ボランティアで相談をうけているだけですからお願いできることには限界があります。
無料相談は利用するべきですし、アドバイスも丁寧に訊くべきですが、その前にできるだけ自助努力でサーチにチャレンジしてから尋ねると、自分自身でどこまでできるかを把握したことになり、何度も足を運ぶ可能性を減らします。(IPDLは完全無料ですから何度やってもよい)

id:karuishi No.2

ニャンざぶろう回答回数765ベストアンサー獲得回数1282014/04/09 12:58:51

ポイント20pt

取りあえず知的所有権については先に申請しておく必要があります。

資金については (5)
アイディアに対して投資を募るというWebサイトで集金する方法もありますよ。
http://camp-fire.jp/

id:Yacky No.3

エネゴリ回答回数1375ベストアンサー獲得回数1552014/04/09 13:21:52

ポイント20pt

(3)特許又は実用新案の出願をするべく特許事務所にコンタクトをとる
試作品の前にまずこれをしとかないと。
あとはニコニコ技術部で作れそうな人にコンタクトをとって作ってもらう。
http://www.nicovideo.jp/tag/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%8B%E3%82%B3%E6%8A%80%E8%A1%93%E9%83%A8
企業との交渉はその後でします。

id:kicr-pp No.4

kicr-pp回答回数451ベストアンサー獲得回数142014/04/09 17:13:35

ポイント20pt

(3)特許又は実用新案の出願をするべく特許事務所にコンタクトをとる。

そのまえに似たような発明品がないか調べます。
http://www.inpit.go.jp/ipdl/service/

id:vekustr No.5

vekustr回答回数53ベストアンサー獲得回数02014/04/10 11:37:49

ポイント20pt

まずは発明学会へ相談してみましょう。
法的な手続きや商品化へむけての相談をしてくれます。
これを利用して莫大な利益を得ている方々がたくさんいます。
http://www.hatsumei.or.jp/idea/index.html

  • id:takejin
    本当に、先行技術が無いか確認しないと。採算性が無いなどの理由で、出願されてるのに製品化されてない可能性が。
  • id:takejin
    図面書けます?構造図でも、概念図でも、システム構成でも。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません