1398737943 この2つの問題の解き方を教えてください。連立方程式です。

回答の条件
  • 1人50回まで
  • 登録:2014/04/29 11:19:03
  • 終了:2014/05/06 11:20:04

回答(2件)

id:sasada No.1

sasada回答回数1482ベストアンサー獲得回数1332014/04/29 11:53:11

これ、間違えたら、どうしよう(笑)

4) 式にx=4、y=-2を代入

 ( 3×x +   y  )  /2  +  ( x - 2×y    ) / 4
= ( 3×4 + (-2) ) / 2  +  ( 4 - 2×(-2) ) / 4
= (  12  -   2  ) / 2  +  ( 4 + 4 ) /4
= 10 / 2 + 8 / 4
=  5 + 2
=  7

  • xとyをそれぞれ代入して、式を解きます。
  • 左右の項目で、それぞれ分母で分子を割ります(約分)
  • どちらの項目も整数になりますので、足せば答えが出ます。

5) 式にx=-1、y=-2を代入

  ( x + y ) / 3 - ( x - y ) / 4
= ( (-1) + (-2) ) / 3 - ( (-1) - (-2) ) / 4
= (  -1  -   2  ) / 3 - (  -1  +   2  ) / 4
= ( -3 ) / 3 - ( 1 ) / 4
=   -1       -   1   / 4
= ( -4 ) / 4 -   1   / 4
= ( -4 - 1 ) / 4
= - 5/4

  • xとyをそれぞれ代入して、式を解きます。
  • 左の項目は分母で分子を割る(約分)するとー1になります。
  • 右の項目は分子を足し算するとー1/4になりますよね。
  • 右の項目といっしょに左の項目を計算したいので、左の項目を通分します。
  • ー1はー1/1で、分母と分子にそれぞれ4をかけて(通分して)ー4/4です。
  • あとは、分母が同じ分数の引き算ですので、分子を単純に引いてやればOKです。

 わかりましたでしょうか。

他1件のコメントを見る
id:sasada

どこを重点的に解説すれば良いのかが、いまいち分かりませんで。。。
失礼な回答になっていたら、ごめんなさい。

2014/04/29 12:14:23
id:sasada

 一般に中学レベルの連立一次方程式はn個(今回は2個)の変数をもつn+1個(今回は3個)以上の式から成り立ちます。
 基本は、n個の式を、変数 = (式)の形にまとめて、n+1個目の式に代入することで答えが求まります。
 中学1・2年の問題なら、何とかしてこの形に持ち込めばOKですよー。

2014/04/29 13:25:20
id:LOVE-suki No.2

魅唯沙回答回数2ベストアンサー獲得回数02014/04/29 16:04:11

これはコメントにも書いていらっしゃる人もいらっしゃいますが、連立方程式ではなく、ただの式の計算問題ですね。
とりあえず、代入する前に、式をスッキリさせましょう。
4番の問題は分母が2と4なので、2分の3X+yを2倍して分母をそろえます。
すると6x+2y/4 + x-2y/4 =7X/4 となります。
x=4 を代入したら、28/4で答えは 7 となります。
5番も分母が3と4なので、それぞれ4倍と3倍して式を簡単にし、あとは文字に代入すれば答えが求められるかと思います。
不十分な点、不適切な点があれば申し訳ありません。

  • id:Yoshiya
    この問題、連立方程式じゃないですよ。
    連立方程式とは2つ以上の式と2つ以上の変数から解を求める方程式の事をいいます。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません