ビタミンB1の活性型への変換について

体内ではチアミンジホスホトランスフェラーゼによりリン酸化を受けて、活性型のチアミンピロリン酸となり、酸化的脱炭酸反応、トランスケトラーゼ反応(ケト基の転移反応)などの酵素反応の補酵素として作用する。
とあるのですが、この反応が行われる場所はどこでしょうか?肝臓?
B1だけでなくB2とかB6とかも活性型に変換されて使われるそうですが体のどの部分で変換されるのかなと疑問です。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2014/06/25 23:00:16
  • 終了:2014/07/02 23:05:05

回答(0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません