自分だけしかMacを使っていません。「ディスクのアクセス権の検証」を行う必然性はありますか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2014/06/29 08:08:00
  • 終了:2014/07/04 17:10:01

ベストアンサー

id:fiwa No.1

fiwa回答回数1189ベストアンサー獲得回数2502014/06/29 11:22:24スマートフォンから投稿

システムが不安定になったりアプリケーションが起動しなくなった、という場合にアクセス権の修復によって回復することがあります。少し古い記事ですが定期的に検証と修復を行っている人もいるようです。
アクセス権の修復を実行するクセをつけよう:リンゴが好きでぃす♪

なお上の記事にもあるようにアクセス権の修復を行ってもすべてのエラー表示がなくなるわけではありませんが、修復されなくても問題ないものもありますので過剰に気にする必要はありません。

id:torimaki

fiwaさん、ご回答、ありがとうございます。

じつは、ディスクユーティリティ>ディスクのアクセス権の修復は、
思い立ったように、やっておりまして。

ディスクの修復なら納得がいくのですが、
アクセス権の修復が、動作の修復とどう関係あるのか、
というのが、その都度、気にかかっていました。
(アクセス権という言葉じりに、引っかかているような気がします)
 

添付頂いたウェッブページは、偶然にも、
当方、チュックしております。

ページの文章の最後にある
「ところで、そもそもアクセス権とは、
 なんぞね?」こそ、読みたかったのですが、

まだ、そのページがアップされてないようで、
残念であります。

興味本意の質問にお答え頂き、恐縮です。
この質問は、もう少し主旨をクリアにできたら、
折をみて、アップしたいと存じます。

2014/07/04 17:09:52

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません