1406033022 子どもができて嬉しいけど…


「妊娠7ヶ月目です。待望の1人目なのでとても嬉しいのですが、お腹が目立ってくるにつれ「本当にちゃんと育てられるのかな…?」と不安に。出産・育児に関する情報が知りたいです。」(30代女性)
というお悩みが寄せられています。こちらのお悩みに回答をお願いします。

【「BOOKFESTA 2014 summer」キャンペーン用の質問です。ブックリスタに寄せられた「お悩み」への皆様のアドバイスをお待ちしております。】

総勢44誌の人気雑誌編集部の回答はコチラ → http://www.booklista.co.jp/index.php/feature/magazines/magqa2014/qa024

※「BOOKFESTA 2014 summer」とは、ブックリスタ主催・日本雑誌協会協賛の電子書籍フェア企画です。
詳細はコチラ → http://www.booklista.co.jp/index.php/bookfesta/2014summer
※いただいた回答は「BOOKFESTA 2014 summer」の回答ページに転載させていただく可能性がございます。あらかじめご了承ください

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2014/07/22 21:43:42
  • 終了:2014/08/21 21:45:03

回答(8件)

id:yotaca No.1

よたか回答回数426ベストアンサー獲得回数462014/07/22 22:22:54

ポイント13pt

後4年で子育てが終る予定の男性です。女性の方の不安に的確な回答を出来る自信はないのですけど、いままでの事を思い返してお返事させていただきます。

ぶっちゃけ、「ちゃんと」子育てなんてできないと思います。

うちの場合は、子供が小さくて経済的に余裕がある時にきちんと貯金しておけばよかったモノを独身気分で散在してしまい、上の息子が第一希望の大学に入っても奨学金とバイトでなんとか学校に通えてる状態です。
あの時のお金があれば子供にしんどい思いをさせなくてもすんだモノを……と思ってます。
下の娘は大学受験を控えて、本当は東京の美大に行きたそうにしてるけど経済的な理由から地元の美大を第一志望にしてます。

それでも子供2人は真っ直ぐに育ってくれたと思いますし、100点満点でないにしろ世間を行きて行ける程度には育っていると思います。

子供に対して常に満点を求めていると、子供も自分もしんどくなるばかりなので、欠点は欠点として受け止めて、出来る範囲の子育てをやる事を心がければ、プレッシャーを感じないと思いますよ。

これから先、楽に子育てできる時代ではないと思いますので、こういったスタンスが益々大事になってくると思います。

これからの子育て、ぜひ楽しんで過ごしてください。

id:Yacky No.2

エネゴリ回答回数1375ベストアンサー獲得回数1552014/07/23 01:31:44

ポイント13pt

子供が産まれてきて大人がおろおろしてたらどうです?
子供にとって嫌じゃないですか?
まずはどしっと構えることです。
子供も育てる親も一緒に成長しながら進んでいくのが家族です。
もし心配で何をしたらいいか分からなければ、自分が子供だった時、親は何をしてくれたかを思い出しながら行動するといいでしょう。

id:NAPORIN No.3

なぽりん回答回数4707ベストアンサー獲得回数8652014/07/23 01:36:03

ポイント13pt

いろいろな育児ブログがあるので読むといいですが、基本的には「案ずるより産むが易し」です。
妊娠時には、産婦人科のお医者さまの意見を絶対にききのがさないこと、検診をさぼらないこと、
必要になりそうなものを準備しておくことです。妊娠中毒症にならないこと。
そして出産直後の3ヶ月くらいは寝るヒマもないくらい人生で一番苦しくて大変な時期になるでしょう。そこが不安なのでしょうが、やはりそこだけは安心しろとはいえません。
どうしても助力とか慣れが要ります。
そして、出産育児で一番大変な部分の感じ方は、母と子の相性により十人十色です。
上の子が大丈夫だったのに下の子は大丈夫じゃなかったとか、同じ夫婦の子供でもその都度違うのです。
つまり生まれてから悩みが生じるものなので、今から予習してもだいたいは無駄ですよ。
 
ただ、松田道雄さんの「育児の百科」はたくましいどっしりとしたお母さんになれそうな本ですのでお勧めです。いろんな病気の可能性についても書いてあり、私は妊娠中にヒマにまかせて読破しました。
それほどヒマでもなく読書好きでもない人は、「妊娠中」の項目だけ読んで、生まれたら次の項目にすすめばよいとおもいます。
子供がいる生活は本当に楽しいですよ。

id:nazeka2014 No.4

nazeka2014回答回数290ベストアンサー獲得回数162014/07/23 21:58:52

ポイント13pt

子供に教えられることが多い。

子供と一緒に親として成長していけば良いと思うよ。

id:pottyamiju No.5

名前はまだない回答回数90ベストアンサー獲得回数12014/07/24 13:48:08

ポイント12pt

子どもの気持ちを考えて、大切に育てていきましょう。

id:kanonk No.6

kanonk回答回数327ベストアンサー獲得回数162014/07/29 02:31:21

ポイント12pt

子供が親を育てるんですよ。
いつだって、誰だって不安なんですよ。

もう、お腹にいるんだから出すしか無いんだよ。
がんばれ。。。。

id:Baku7770 No.7

Baku7770回答回数2832ベストアンサー獲得回数1812014/07/31 02:06:17

ポイント12pt

一応それなりに評価されている国立大学に進学した(してくれた)間もなく成人式を迎える男の子の父親です。

まずは妊娠おめでとうございます。

初めてのことで不安一杯でしょうが、子育てって面白いですよ。ちゃんと考えて、親として勉強して、育てれば思った通りに育ってくれる。逆に親としての手抜きは許されません。
 
忘れられないのが、息子が幼稚園の頃。丁度平成ウルトラマンと仮面ライダーが始まったんですね。親の私は初代ウルトラマンを教え込んだわけですよ。で、誕生日に親の世代のウルトラマンシリーズの主題歌のCDと、当時の平成ウルトラマンの主題歌CDとどっちが欲しいって聞いたら、親の世代のウルトラマンシリーズの主題歌のCDの方が良いって言ってくれましてね。親としてはもう涙ボロボロです。
お陰で困りましたよ。幼稚園の先生は、ウルトラマンがまともに放送されていない世代です。息子が何言ってるか解らないって言われました。
 
私は現在ではそれなりに高く評価されている受験校から私大に進みましたが、息子は私をライバル視してくれましてね。中学の時に数検で賞を頂きました。
息子のじいちゃん、ばあちゃんである私の両親は大喜びです。でも、私はここで終わってくれても困ると思って本人の前では「お父さんの時代に数検はなかったからな」とそっけない態度をとり続けました。
でもね、会社では数検のHPにアクセスして同僚たちに自慢しまくりましたよ。嬉しくてね。
 
高校時代は学校から、「総合的には優秀なんですが、国語の成績が」って言われました。親としてまず試験の分析から始めました。
そうしたら、ある模試の成績が典型的なんですが、学内で1位だったんです。細かく見ると現代国語が50位。古典と漢文が7位だったんですね。
長くなるので詳細は省きますが、学校もその事実に気が付いていませんでした。
息子には、「お前の学校の生徒で現代国語ができるのは、古典と漢文が全くの馬鹿なんだな」ってからかうと同時に、じゃぁ息子は何が苦手なんだって徹底的に分析しましたよ。で、私なりに考えて、現代国語もそこそこのレベルに押し上げた。

本人の努力もあったとは思いますが、親の苦労は多分それ以上。

この本を読んだことありますか?

子育てって親として努力・苦労した分がちゃんと反映されます。
面倒臭い反面やりがいのある行為です。
だから、今考えているより少しだけで構いませんから頑張ってみて下さい。
それだけで人生がかなり面白くなります。

id:adgt No.8

adgt回答回数944ベストアンサー獲得回数662014/08/17 21:54:08

ポイント12pt

私のとても好きなブログのエントリがあります。

「人は子どもをもつことで本当に大人になれる」という意見がある。件の記事にも、「一人の人間を産んで育てられる」ことに「立派な大人」であるという前提があった。順序は逆だが、子育てと大人になることが結び付いている点では似ている。

人は養育、教育されてやっと社会に参入する大人になるのだが、その次に、親になる(なる資格を得る)ことでさらに本当の(立派な)大人になる、という段階があるらしい。


「いや、子どもをもっていたって全然大人になりきれてない人は一杯いる」「毒親を見よ」「子どもがいるいないに関わらず、大人な人は大人、子どもな人は子ども」といった反論はあるだろう。

しかし、子どもを育てるという、多大のエネルギーと時間とお金のかかる、楽しみも多いだろうが苦労もそれ以上に多そうな試行錯誤の大事業をやり遂げていく過程で、人は子どもと共に成長し、一皮剥けて真の大人というものになっていくのだ‥‥という考えは、上記の反論の後でもなお、真実味をもった言葉として響くのではないだろうか。私は子どもをもたなかったが、そう感じる。
「再び大人になる」ということ - Ohnoblog 2

子育てというのは、完璧な親が子どもを完璧に育てるというものではなく、お互いに手探りの試行錯誤で進んでいく大仕事を経て一緒に成長していくのだと思います。人は、できることしかできませんし、自分の思う最善を尽くしていけばきっと大丈夫です。そしていつか、子も親となります。自分を育ててくれた両親や先輩方にも助けてもらいながら、やっていかれるのが良いと思います。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません