看護助手の資格、制度というのは割合新しい印象があります。いつごろからあるのでしょうか?

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 登録:2014/07/26 22:35:14
  • 終了:2014/08/02 22:40:07

回答(0件)

回答はまだありません

  • id:Yoshiya
    http://www.nurse.or.jp/home/publication/information/report82.html
    看護補助者の業務範囲とその教育等に関する検討報告書(日本看護協会)
    >>
    はじめに

    昭和25年に、病院の看護は、看護婦自らまたは看護補助者の協力を得て行うという趣旨をもって「完全看護」制度が創設された。

    昭和33年には完全看護制度は看護要員配置基準を設定した「基準看護」制度となり、社会保険診療報酬において看護要員の配置数が評価されることになった。その際、告示された看護要員の比率の基本は、看護婦5対准看護婦3対看護助手2という割合であった。配置基準は、一類看護で患者4人に看護要員1人以上、二類看護で患者5人に看護要員1人以上、三類看護で患者6人に看護要員1人以上の3種類が定められた。

    (以下略)
    <<

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません