匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

江戸時代の転封や改易につき、金森重勝を初代とする金森左京家を例に質問します。①金森藩(飛騨高山藩)の時代に、高原郷3,000石として藩内で成立したそうですが(藩領内分与)にて、この時は、幕府の直臣(旗本)ではない、つまり、飛騨高山藩家臣の身分と理解してます。高原郷は飛騨高山藩の領地の中であったということですね。この理解で正しいですか。②次に、高山藩が出羽上山へ転封になった際、この時、高原郷は、そのまま金森藩の領地だったんでしょうか(出羽上山藩の飛び地として)。つまり、まだ、藩領内分与であって、出羽上山藩主の家臣の扱いでしょうか。③その後、出羽上山藩は、転封で、美濃郡上藩となりますが、金森左京家は、幕府直臣にはならず、美濃郡上藩家臣のままの筈。やはり、高原郷は郡上八幡藩の飛び地の扱いだと思います。④美濃郡上藩改易のとき、金森左京家は、主家が領地召し上げなのに、どうして、3000石を維持できたのでしょうか。しかも、幕府旗本になっていますから、身分上昇みたいです。幕府から特別な配慮があったのでしょうか。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2014/08/03 16:09:44
  • 終了:2014/08/10 16:10:03
匿名質問者

質問者から

匿名質問者2014/08/04 03:28:32

http://www.geocities.jp/heavenryo/siseki-new/sakyohaka/sakyohaka.htmlによると、
>金森左京重勝は、金森可重の五男として生まれ母は江馬氏の血を引く女性とされています。可重は飛騨の北部を治めていた名家の江馬氏の存続を考え重勝には江馬氏の旧領高原郷三千石を知行として与え左京家と名乗らせ、金森氏の分家が誕生しました。重勝は兄であった三代目藩主、金森重頼とも仲がよかったようで参勤交代で不在の多かった兄に代わり藩政をよく補佐して名家老と呼ばれていました。
・・・ということのようです。
これだけでは、金森藩の家臣の中の重要な家であっただけのように見えます。
つまり、主家が転封されたら、自分の知行地もなくなってしまい、付いていく筈ですし、
主家が改易になったら、知行地もなにかもがなくなり、そのまま、浪人する筈です。


なお、金森左京家は、金森本家の改易の際に、高原郷から、越前に領地を変更するそうです。
結局、越前白崎にて、旗本ということで、幕末まで存続するそうです。いつのタイミングで旗本扱いになったのだろうか、と思います。

ベストアンサー

匿名回答2号 No.1

匿名回答2号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2014/08/03 20:18:39

①は正しいと思うのですが、②と③には誤認があるのではないでしょうか?

http://www.geocities.jp/heavenryo/siseki-new/kamioka-skyoyasiki/kamioka-skyoyasiki.html
http://pandapanda.meblog.biz/article/5634312.html
等を見る限り、左京家は宗家の転封に伴って移転したように書かれています。
http://www.library.pref.gifu.lg.jp/gifuken-mokuji/hida/mokuji_top.htm
の「高原郷史の研究」の目次を見ても、飛騨高山の天領化に際して、高原郷が特別扱いされたようには思えません。

補足的な情報ですが、
http://hidasaihakken.hida-ch.com/e109089.html
で祥雲寺に墓所のある人たちの名が示唆的であるように思えます。

他1件のコメントを見る
匿名回答2号

祥雲寺に眠る人々及び家系図
http://homepage1.nifty.com/t-kubo/Japan/koutai/onreishu.htm
を見ると、左京家はそれなりに藩の外との付き合いもあったように思えます。おそらく、その力が白羽の矢を呼び込んだのではないでしょうか。

また、越前での金森家は単なる旗本でなく交代寄合ですので、家名を存続させてショックを緩和する目的だと推測しても間違いではないと思われます。
類似例としては、例えば讃岐丸亀藩分家の山崎家があります。こちらは本家が無嗣断絶となりましたが、分知を受けていた藩主の叔父が交代寄合として存続しています。

2014/08/05 02:27:14
匿名質問者

山崎氏の場合も、当該の家は断絶するも、家名存続させるにあたり、一族の中から、白羽の矢が立てられ、そこが交代寄合として、存続したのですね。

2014/08/05 21:48:07

その他の回答(0件)

匿名質問者

質問者から

匿名質問者2014/08/03 19:26:48

質問文を編集しました。詳細はこちら

匿名回答2号 No.1

匿名回答2号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2014/08/03 20:18:39ここでベストアンサー

①は正しいと思うのですが、②と③には誤認があるのではないでしょうか?

http://www.geocities.jp/heavenryo/siseki-new/kamioka-skyoyasiki/kamioka-skyoyasiki.html
http://pandapanda.meblog.biz/article/5634312.html
等を見る限り、左京家は宗家の転封に伴って移転したように書かれています。
http://www.library.pref.gifu.lg.jp/gifuken-mokuji/hida/mokuji_top.htm
の「高原郷史の研究」の目次を見ても、飛騨高山の天領化に際して、高原郷が特別扱いされたようには思えません。

補足的な情報ですが、
http://hidasaihakken.hida-ch.com/e109089.html
で祥雲寺に墓所のある人たちの名が示唆的であるように思えます。

他1件のコメントを見る
匿名回答2号

祥雲寺に眠る人々及び家系図
http://homepage1.nifty.com/t-kubo/Japan/koutai/onreishu.htm
を見ると、左京家はそれなりに藩の外との付き合いもあったように思えます。おそらく、その力が白羽の矢を呼び込んだのではないでしょうか。

また、越前での金森家は単なる旗本でなく交代寄合ですので、家名を存続させてショックを緩和する目的だと推測しても間違いではないと思われます。
類似例としては、例えば讃岐丸亀藩分家の山崎家があります。こちらは本家が無嗣断絶となりましたが、分知を受けていた藩主の叔父が交代寄合として存続しています。

2014/08/05 02:27:14
匿名質問者

山崎氏の場合も、当該の家は断絶するも、家名存続させるにあたり、一族の中から、白羽の矢が立てられ、そこが交代寄合として、存続したのですね。

2014/08/05 21:48:07
匿名質問者

質問者から

匿名質問者2014/08/04 03:28:32

②と③は事実誤認ではないか、とのご指摘をいただきました。そのとおりかと思います。申し訳ございません。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません