匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

かつて交際していた50代の女性は、


「私は、大変な苦労をしてきて生きてきて、精神病にならなかった。だから、この世の中に精神病なんかない。精神病患者は全員仮病だ」
と、発言しました。

私はこんな考え方は暴論で、彼女と別れてよかったと思っているのですが、精神病についての、皆様の見解をお聞きかせいただけますでしょうか。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2014/08/16 23:39:42
  • 終了:2014/08/17 17:53:52

ベストアンサー

匿名回答6号 No.5

匿名回答6号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2014/08/17 09:13:57

正常な精神状態というものには「範囲」があります。
少なくとも、周囲への理解という点では正常の範囲を逸脱しているのかも知れませんね。
他者を気遣い・配慮する能力も、健常者としては必要でしょう。
たまたま、自分の人生に於いて入院を必要とするほど精神状態が乱れなったからといって
他者が皆そうであると言い切るのは、大変な傲慢です。
精神を病んで、自らの命を絶ってしまう人までいるのですから。

端的に表現すれば「無知で傲慢」な人物だということでしょう。
決して、この方自身の精神状態が正常とは言えないと考えます。
他者に対して、大変な悪影響を与えかねないと感じますから。
問題なく、社会生活を送ってきたからといって、自分が正常のど真ん中にいると
考えることが、大変憐れで悲しいことと考えます。

匿名質問者

ご回答ありがとうございました。

2014/08/17 12:13:11

その他の回答(5件)

匿名回答1号 No.1

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2014/08/17 00:06:35

その女性のほうが病気や障碍者だったのでは?

匿名質問者

それはありませんでした。

ご回答ありがとうございました。

2014/08/17 00:14:21
匿名回答3号 No.2

匿名回答3号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2014/08/17 00:42:23

暴論というより単なる無知です。

匿名質問者

そのとおりかもしれません。

ご回答ありがとうございました。

2014/08/17 00:46:44
匿名回答4号 No.3

匿名回答4号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2014/08/17 00:53:57

「私は若い頃からずいぶん無茶な働き方をしてきたが、体を壊したことがない。だからこの世の病気なんてみんな仮病だ」というのと同じ理屈ですね。単なる無知、に一票。

匿名質問者

ご回答ありがとうございました。

2014/08/17 12:10:35
匿名回答5号 No.4

匿名回答5号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2014/08/17 07:19:32

心の痛みに鈍感というか、
強靭過ぎると、
かえって危ないかも知れません。

苦労が多過ぎると、
ある時、いきなり重症の欝になりそうです。

匿名質問者

ご回答ありがとうございました。

2014/08/17 12:10:56
匿名回答6号 No.5

匿名回答6号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2014/08/17 09:13:57ここでベストアンサー

正常な精神状態というものには「範囲」があります。
少なくとも、周囲への理解という点では正常の範囲を逸脱しているのかも知れませんね。
他者を気遣い・配慮する能力も、健常者としては必要でしょう。
たまたま、自分の人生に於いて入院を必要とするほど精神状態が乱れなったからといって
他者が皆そうであると言い切るのは、大変な傲慢です。
精神を病んで、自らの命を絶ってしまう人までいるのですから。

端的に表現すれば「無知で傲慢」な人物だということでしょう。
決して、この方自身の精神状態が正常とは言えないと考えます。
他者に対して、大変な悪影響を与えかねないと感じますから。
問題なく、社会生活を送ってきたからといって、自分が正常のど真ん中にいると
考えることが、大変憐れで悲しいことと考えます。

匿名質問者

ご回答ありがとうございました。

2014/08/17 12:13:11
匿名回答7号 No.6

匿名回答7号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2014/08/17 11:00:53

みんなが書いている通り、その女性は精神病です。
なぜならば主観的にしか考えられないからです。
まともな人は物事をある程度、自分のことも含めて事実関係を客観的に評価しようとします。
しかしその人は自分の主観だけで物事を判断しています。
これは完全に精神病の兆候です。
全て主観的に判断するならば、私は今まで警察に捕まらなかったから、犯罪をして良いとか、裸踊りをして良いとか想う事もあるでしょう。
たまたま今まで犯罪や奇行に走らなかっただけで、これからする事も在るでしょう。
あなたもここで聞くという事はある程度、他人の意見も聞いて客観的な判断をしようとしていますが、それが聞き入れられず、主観的に判断しようとしているならば、同じ思考過程に陥る危険性もあります。

匿名質問者

ご回答ありがとうございました。
客観的に判断しようと努力しています。

2014/08/17 12:15:51
  • 匿名回答2号
    匿名回答2号 2014/08/17 00:07:47
    そんな発言をしてしまうその女性もある意味、精神病なんですがね。気づいてないところが厄介です。
  • 匿名回答8号
    匿名回答8号 2014/08/18 00:35:24
    難治性のうつ病に悩むものです。
    お答えを見ていて、科学的根拠に乏しい回答がいくつか見られたのでコメントさせて頂きます。
    何人かの方々がこの女性を精神病のごとく言っていますが、偏った人生哲学を持っていることがそのまま精神病であることにはならないと思います。
    そのヒト自身がおかしいとも思わず周囲もそれほど迷惑していないとすれば、少なくとも病名のつく精神科領域の疾患ではないと考えられます。
    逆に同じような自身の経験から、口には出さなくてもそのように考えているヒトは多く、日本では実はその方が多数派ではないでしょうか?

    ではこの女性が言ったことが正しいかと言うと、それは他の回答者の方同様に明らかに間違っています。
    まず第1に発言の論理的な間違い。
    何人かの方が指摘されているように、ご自分の経験とその結果だけが正しくてその他は間違いである、と言うのが正しいとすれば「回答4号さん」の示されている例から分かるように明らかに間違った命題が導き出されるので、論理的に誤りです。

    第2にご指摘のように「無知」であること。
    生物の進化をたどって人間からさかのぼって行くと、マウスどころかお魚まで、うつ病の病態を示すことが実験で証明されています。
    例えば、互いに見えるようにガラスで仕切った2槽の水槽の片方にある魚を泳がせ、もう片方にその天敵の魚を入れて長時間飼うと、喰われるはずの方の魚は初めは猛然と逃げる行動をしますが、ある時からほとんど動かなくなるのだそうです。
    動かなければ喰われるので病的な状態です。
    このように魚以上の生物は精神病を発症することが証明されているのです。
    よって「精神病はない」というのは誤りです。

    第3に精神病理学的な誤り。
    この女性が念頭に置かれている精神病がどのような疾患だか不明ですが、うつ病を例にとりますと、うつ病発症原因の現在主流の考え方によれば、この女性が言われる中の「大変な苦労をした」だけではうつ病にはなりません。
    この女性は「苦労」したのですから、置かれた環境が快適でなく苦しいと感じるような厳しい環境だったのでしょう。
    このような「苦しく厳しい環境」と言うそのヒトにとっての外的要因はうつ病の原因にはなりません。
    原因になるとすれば、それはその「苦しく厳しい環境」に対してそのヒトが「どのように考えたか?」に依存します。
    例えば「苦しくて厳しい環境だけれど、与えられた環境だから仕方なく、この先こつこつと出来ることを頑張って行けばきっと乗り越えられる」と言わば前向きで柔軟な考え方を持つとすれば、うつ病にはなりません。
    ここで「この苦しくて厳しい環境は自分が何か悪いことをしたせいだ。だから何をやってもうまく行かないし今日もやっぱりうまく行かなかった」と自分を激しく責めたり、「このような苦しく厳しい環境に自分が置かれているのはどう考えても理不尽で間違っている」と現状を決して容認しない頑な考え方を持ち続けたりすると、うつ病を発病します。
    これらの言わば自分を責めたり、もの事を決めつけてそれを決して変えない等の「考え方」を、精神医学では「認知の歪み」と言ってうつ病の原因になる、と言うのが現在の主流です。
    統合失調症(古くは精神分裂病と言った病)の場合は良く知りませんが、「妄想」や「幻覚」症状の原因にはなるかも知れません。
    ここで重要なのは、うつ病は環境など「外的」要因が原因ではなく、その「外的」要因に個人がどのような「考え方=認知」をするか?と言う、そのヒト個人に原因があると言うことです。
    おそらくこの女性は、苦しく厳しい外的「要因」に対して、自分を責めずダメだとも決めつけず、「ある程度仕方ない」など環境を容認して、ある程度その場その場で柔軟に対処して来たのだと思います。
    それはある意味、認知が健康だったので、うつ病にはならなかった訳です。
    このような、精神病の病理が分かっていますので、「精神病はない」というのは誤りです。
    ただ、真のうつ病と「詐病(=単なる怠け)」は異なるので、それはきちんと問診による診断基準が定められています。

    第4に精神生理学的な誤り。
    上記の「認知の歪み」によって、実際に脳神経系にどのような病的な変化が現れるかが次第に分かって来ています。
    その中で最大のものは、脳神経のシナプス(=神経細胞と別の神経細胞の接点)において、セロトニンやノルアドレナリン、あるいはドーパミンと言った神経情報伝達物質(ある種のホルモン)の濃度の低下です。
    これらの物質の濃度が低いと、体を動かそう、と理性的に考えてもその情報が実際に体を動かす脳の部位によく伝わらず、そのためいくら思っても体が動かない、と言うことが起こり、これがうつ病の病態と考えられている訳です。
    言わば「脳の潤滑油」が減ってオイル切れが起こっている、と考えると分かりやすいです。
    実際近年、これらの物質の濃度低下を抑える薬がいくつも開発されて、うつ病治療の特効薬とまで言われています。
    逆にこれらの情報伝達物質の働きと同じような働きをして、その働きが異常に強い薬が麻薬であり、覚せい剤です。
    このように物質を基本とした生理学の観点からも精神病の病態が解明されつつあるので、「精神病はない」と言うのは、明らかに誤りです。

    以上長くなりましたが、科学的な側面からその女性の発言の誤りを論じてみました。
    先に述べたように、このような間違った考えの方が日本に多いのは、とにかく忍耐を美徳として、この女性のように苦しく厳しい環境に耐えて生き抜いたヒトこそ偉い、逆に負けて自殺(=逃避)したりホームレスになるようなヤツはダメなやつ、と言う島国的日本人の精神文化とも言え、これが良い面では世界を驚かせた東日本大震災後の東北日本人の秩序を維持した落ち着いた行動になり、悪い面では1年間の死者が大震災での死者・行方不明者を超える数で一向に減らない自殺者や、ヘイトスピーチに見られるような根強い差別感情の基にもなっています。

    是非上記のような科学的な考察による知識が広まって、暴動も起こさないけれど差別もしない日本人になって頂くように願うばかりです。


  • 匿名質問者
    匿名質問者 2014/08/18 01:09:37
    丁寧で科学的にも説得力のあるコメント、ありがとうございます。
  • 匿名回答8号
    匿名回答8号 2014/08/18 01:12:47
    「もの事を決めつけてそれを決して変えない等の「考え方」」がうつ病の原因になるなら、この女性のこの頑な考え方もうつ病の原因になるではないか?との疑問が湧いたので補足します。

    「もの事を決めつけてそれを決して変えない等の「考え方」」はうつ病の原因になりますが、それは周囲の環境が個人の具体的な「決めつけ」と異なっていて、いつまでもその「相克」の状態に置かれることがが必要になります。
    この女性の「決めつけ」は、そう考えていても現時点での環境では自身の中に相克がないと思われるのでうつ病にはならないと思われます。
    また、精神病を自称するヒトが現れてもその「決めつけ」通り「こいつはやっぱり精神病でなく怠け者や詐病」なんだ、と思っている限り相克になりません。
    そして過去厳しい環境でも精神病にならなかったことから考えて、どんな環境に置かれても(例えば周囲が自分以外皆真の精神病患者である等)その「決めつけ」が正しいと考えられる逃げ道を用意出来ると思われる(=柔軟な認知)ので、相克にならず、精神病にならないと考えられます。
    もっとも、そうなれば「決めつけ」をあっさり放棄するかも知れません。

    このようにどんな状況でも自己を正当化出来る柔軟な思考形態(=無責任とも言う)を持つヒトは精神病にならないのです。

    日本は現状無責任なヒトほど偉くなる傾向にあるとも言え、それで良かった時代は良いですが、グローバル化の時代責任感の強いヒトが皆自殺して良い訳がなく、繰り返しになりますが、皆が精神病の病理病態を正しく理解して正しく好ましい責任の取り方を考えることが、ひいては将来の日本を救う道だと考えています。
  • 匿名回答2号
    匿名回答2号 2014/08/19 00:04:08
    今回は署名がないですが、8号さんはいいコメントしますね。
  • 匿名回答9号
    匿名回答9号 2014/08/21 00:14:02
    精神病を正しく理解する事は確かに必要だと思いますが、8号さんがコメントした「責任感の強いヒトが皆自殺して良い訳がなく」や「正しく好ましい責任の取り方を考えることが」とはどういう状況によるものでしょう?
    責任の取り方として自殺が適切な事などほとんどあるはずはなく、また、すべての精神病の人が責任を取らなければならない状況にある可能性は極めて低いと思います。
    普通に暮らしている人の一部が、学業、仕事、病気、人間関係等で悩んでいるうちに精神病になってしまうのだと思いますから、ほとんどの人は責任の取り方を考える必要はないと思います。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません