匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

画家のピエール・ピュヴィス・ド・シャンヴァンヌ(1824-1898)は、名前に「ド」がつきますが、貴族かなにかの末裔なのでしょうか。貴族ほどでなくても、王様から貴族扱いとして、「ド」を許可されたなど。ちなみに、先日 渋谷のBunkamuraで展覧会がありました。

Wikipedia(日本語)を読んだだけではわかりませんでしたので、ここで伺います。

Wikipwdia(フランス語)なら、わかるかもしれないですけれど。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2014/10/05 19:37:30
  • 終了:2014/10/12 19:40:04

回答(1件)

匿名回答2号 No.1

匿名回答2号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2014/10/06 17:36:49

匿名質問者

リヨンはフランス屈指の経済都市ですね。ご紹介のサイトを見たところ、
そこの織物業の名門ということが書いてありました。

古い貴族出身かどうか、別として、織物業で成功を収めた一族ということなのかもしれないですね。
有難うございます。

2014/10/09 00:46:14
  • 匿名回答1号
    匿名回答1号 2014/10/05 20:11:46
    ある程度絵が売れたら画壇が後付けで「De」を付けてくれたようだよ。
    顧客はほとんどがお貴族さまだった時代だから。
    貴族の館に飾る絵はそれなりの格式が必要だったらしい。
    バックに付いたスポンサー次第では適当な賞にも入選させてくれたらしいし、実際に王家から爵位を授与された例もある。
    拒否した人までいるけどね。
  • 匿名質問者
    匿名質問者 2014/10/05 21:28:08
    そうだったのですか、ありがとうございました。

    画壇の後押しで、政府に頼んでくれるのでしょうか(画壇に推薦枠などあったりして)。
    ブルボン王朝(復古ブルボン、いや、オルレアン朝)かな、
    と思いましたが、王政自体1848年までですから、
    第三共和制か第二帝政の時代なのでしょうか。
  • 匿名回答1号
    匿名回答1号 2014/10/06 01:14:43
    今の日本の画壇なんかと違って、格式も権力もあるパリ画壇だからね。
  • 匿名質問者
    匿名質問者 2014/10/06 01:28:50
    失礼しました。

    ピエール・ピュヴィス・ド・シャンヴァンヌは、1824-1898ですから、
    第二共和制か、第二帝政の頃か、第三共和制のころといことになります。
    イギリスでは、今でも、
    芸術家に、サーの継承(世襲の準男爵か、一代称号か)を与えていますし、
    フランスが共和制であっても、「ド」を与えてもおかしくないかな、と思いました。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません