時間的な制約の下で早く走る為に最適なトレーニングとはどのようなものですか。スポーツ経験有り BMI22 程度


目的
100m、1500mを早く走る

制約ある環境(時間は3時間/1週間 期間2ヶ月)で可能な限りのパフォーマンスを獲得するのが目的です。今までは一般的な筋トレとyoutubeを中心にスプリント関連のメニューを参考にする程度。

鍛えていない段階から始めた為、すぐスピードは向上するものの暗中模索は否めません。のみならず故障が非常に多い。ハムストリングの肉離れや足首の捻挫など、回復に3ヶ月や半年かかる事も。理想的なフォームのイメージもないです。早い人のフォームなどを目視し、マネをする位です。(早い人を見ると綺麗に感じるフォームをしている人は多いですよね。)

素人レベルであれば理想的なフォームなどと考えるより、反射速度を早めるとか、ストライドを如何に伸ばすか、ピッチを如何に速めるか、という点だけに留意すればいいのでしょうか。極端に言えば速筋と遅筋を使い、心肺機能を伸ばす走りこみだけしていれば十分ですか。


この状況下では、どのようなトレーニング計画を建てますか。
ウェイトトレーニングは除外して下さい。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2014/10/18 21:43:29
  • 終了:2014/10/25 21:45:05

回答(1件)

id:miharaseihyou No.1

miharaseihyou回答回数4487ベストアンサー獲得回数5532014/10/18 22:13:44

先ず、早寝早起きは必須です。
ウェイトコントロールも必要です。
早起きして、ジョギングして、ストレッチ。
この三つは最低限必要です。

さて、100mと1500mでは競技としてはかなり違ってきます。
100mは最短距離なのでスプリンターですね。
短時間に最高のパワーを集中して、集中したパワーを無駄なく「使い切る」必要があります。

1500mは中距離になります。
ペース配分とかリズム感覚や、心肺機能のなかでも持久力がある程度要求されます。

このように、ある程度相反する性格があるので、どちらを重視するかを決めるべきでしょう。
お勧めとしては1500m重視です。
爆発的なパワーを要求される100mよりも、スタミナ重視で1500mの練習を続け、身体がある程度できてから100mの方が故障が少ないでしょう。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません