固定資産の交換は税金がかからないという制度がありますが、所得税法でいう交換の特例と租税特別措置法でいう特定の事業用資産の交換の特例と、似たような特例があります。利用する上での両者の違いがよくわかりません。ある取引事例が、前者と後者両方ともに利用できるケースがあるのか、その場合は納税者の選択なのか、選択ならどういう基準を考えたらいいのか、わかりやすく教えてほしい。また、ケースによっては片方しか使えない場合、どういうケースなのか知りたい。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2014/10/19 21:23:33
  • 終了:2014/10/22 21:25:04

回答(0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません