会社勤めと違い、個人事業主は保険料や年金などの支払い額や種類が異なると思います。

少し調べてみたのですが複雑なので、分かる方にお聞きしたいです。
たとえば、年収400万円の会社員が個人事業主になった場合、手取り額が同じになるには個人事業主としての年収はいくら必要でしょうか。
所得税だけでなく、健康保険料や年金、その他なども考慮してほぼ同じ条件にした場合の手取りです。

詳しい方がいましたら、それぞれの場合の比較を加えていただけると嬉しいです。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2014/10/27 21:29:22
  • 終了:2014/11/03 21:30:03

回答(3件)

id:yokosasa No.1

よこささくん回答回数377ベストアンサー獲得回数152014/10/28 14:50:31

ポイント34pt

会社員は厚生年金の他に、実は、国民年金にも加入しています。
http://homepage2.nifty.com/h_noguchi/sakusaku/1_1.htm
「年収400万円」で算出している、ちょうど良いサイトがあったので紹介します。
http://www.office375.com/announce_21845.html
会社員が40年満額を支払っている場合、貰える給付額は、国民年金(基礎年金)76万円+厚生年金87万円=年額163万円、月額13.58万円です。
 
個人事業主は国民年金しか加入できません。
国民年金の納付額は一定です。なので、当然、貰える給付額も一定です。
個人事業主になった期間が長ければ長いほど、貰える給付額は少なくなります。
それ以上が欲しかったら、民間の個人年金を利用です。

id:lalalaanonki No.2

lalalaanonki回答回数404ベストアンサー獲得回数142014/10/28 18:39:01

ポイント33pt

個人事業主

健康保険について
国民健康保険、または所属している業界団体の保険
例えば飲食業なら食品販売国民健康保険となる。

年金について
年金は国民年金、その上で基礎年金に上乗せできて、将来受け取る年金額を増やせる国民年金基金にも加入できます。
しかしあくまで任意です。

一般的に会社勤めのほうが両方共に多額に支払っている
ゆえに個人事業主は少ない国民年金でも自己責任で老後を過ごすことになる

ほぼ同じ条件にした場合の話だと・・・
年収400万円の会社員に対して
個人事業主年収400-500万円にて、50-100万多いだけ国民年金基金にも加入するような感覚で捕らえるとよいかも。

以上、アバウトな話として捕らえてください。

id:bnn

質問者から

bnn2014/10/29 03:12:51

お二方、年金の給付額の違いの情報をありがとうございます。
できれば年金の支給額は置いておき、1年間の給料、手取りを同じにする場合、会社員400万円に対して個人事業主だといくら必要かが知りたいです。

id:secretofme No.3

secretofme回答回数158ベストアンサー獲得回数62014/11/01 08:10:29

ポイント33pt

年収400万円=手取りとしますと、
同等の手取り金額が欲しい場合は400万円+下記1~4の金額の合計となりますので、
80万円前後ですかね。

◆年間でかかるお金一覧

1:健康保険 30万円(ざっくりです。家族構成によって変動)
2:国民年金 約18万円(2014年)
3:所得税  20万円(経費や税率によって変動)
4:小規模企業共済 12万円(※)

※年金が減る分は、小規模企業共済に入り、月1万円積み立てるとします。
 節税にもなります。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません