進路に声優を目指すなら?


私は現在、高校1年の女子です。
将来の選択が近づき、少し焦っています。その選択に声優の仕事はどうかと考えています。

私は声が高いと言われていて、録音すると確かに高いなぁと思ったりします。オマケに歌も好きで某人気女性声優さんの声マネの歌を披露したり、現在合唱部に入っています。他には兼部として、漫画研究部も入っています(ほぼアニメ好きの部活)。元々、小さい頃からアニメや漫画、ゲームが好きで、中学生後半に、いつも聴き慣れている声優さんはどんな方がいて、何の声を担当しているのだろうと調べたりしました。そこから、声優に対して興味が出てきたのではないかと思います。中学からの進学先では近所の都立高校を受験し、見事合格で今に至るわけです。ある友人は某専門学校に行きました。そこはアニメ映像、声優などを目指す場所なのですが、つい先日文化祭へ招かれて行きました。出し物は、歌やダンスと、色々あったのですが、声優科の出し物として外国映画(実写ですが何か分からず)の公開アフレコをしていました。感動しました。

下に続く

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 登録:2014/11/03 23:27:32
  • 終了:2014/11/10 23:30:03
id:minss0409

それからアニメを見るときは、アフレコをしている絵を思い浮かべています。そして、我が高校にて、文系・理系を分ける予備調査が行われました。そこで、私は何がしたいのか真剣に考えようと思いました。まず、理系として提出。職業として心理学系、事務系、情報系、、、などなど色々考えましたが、声優が頭から離れません。なので、候補に挙げてみることにしました。親は副業としてやれば?と言いましたが、調べてみると何とも難しそう。

なので、声優を進路として考えてみたのが↓
高校卒→大学入・卒→専門学校
というものです。もちろんこのまま上手くいくわけがありません。大学に入れるかどうか(卒業もまた然り)、入学費用、、、

声優について、リスクやオススメなど教えてください。また、情報系なども教えていただけると幸いです。

回答(1件)

id:practicalscheme No.1

practicalscheme回答回数157ベストアンサー獲得回数422014/11/04 06:29:31

兼業俳優です。声の仕事はごくたまにナレーションやラジオドラマをやる程度で、日本の声優業界特有の事情には疎いので、一般的な話しかできませんが、もし自分の子供から相談されたらこう答えるだろうな、という点を。

選択肢を広く持つこと: 声優を目標のひとつに置くことは良いと思います。でもまだ高1ですから、それだけに絞ってしまう必要もありません。まだあなたが知らないおもしろい仕事は世の中に山ほどあります。だから興味のあることは何でも、どんどん学んで挑戦してみてください。大学に行く選択肢があるのなら、行くべきです。

商業アニメの声優に絞るとコースが限られるかもしれませんが、演技の世界というのは間口が広く、一直線で目指さなければならないというものでもありません。それにこの業界で食べて行くのは大変ですから、他にできること(=食べて行ける技能)があればあるだけ役に立ちます。下積み時代はだいたい生活のための仕事もしないとならないわけですが、時給900円でバイトするのと、専門技能で時給3000円の仕事を取れるのとでは、後者の方が演技に割ける時間も増えますよね。

色々体験してゆくうちに、どうしても声優一本に専念したくなったらその時はその時にまた考えれば良いでしょう。

実際にやってみて、評価されること: ご質問には「考える」「思い浮かべる」などの言葉がありますが、誰でも自分の頭の中では何だってできるものです。Acting is doing、演技とは何かを「する」ことであって、思うことではありません。

もちろん考えることも必要ですが、それは何かを「する」ことを前提に、じゃあどうすればできるのか、どうすればもっとうまくできるのか、といったことを考えるんであって、「する」の無い考えは寝てるのと同じです。

部活動でも自主制作でも何でもいいので、何かを創って人に見せて批評してもらう、ということをたくさんやりましょう。絵の描ける友達と組んで短篇アニメを作ってもいいでしょう。都市部なら、高校生でも行ける演技や歌のワークショップがあるので積極的に参加しましょう。知らない人に自分の作品を臆せず見てもらって、批評を受け止められるようになりましょう。

一番大事なことは、実際にやってみることで本当にその道に進みたいかどうかわかるということです。オーディションに落ちまくって凹んでも諦めずにいられるのは、良いものが創れた時にどんな感じがするかを身体で知っているからです。

仕事にすることと、好きなこと: この業界に限らないですが、「好きなこと」と「稼げること」が一致する必要はないということは常に頭に置いておきましょう。声の演技が好きなら、仕事以外でもそれをやる場は作れます。それを仕事にしなければならないのは、「他のことを一切やらずに専念したい」か、「商業作品のようにプロしか使わない作品にも関わりたい」場合だけです。

質問者さんは、なぜ声優という「職業」を選ぼうと思ったのでしょうか。好きだというだけなら他にもやってゆく道はあるのに。いろいろなことに挑戦しながら、それが仕事である必要があるのかどうかについても、自分に問うてみてください。

id:practicalscheme

質問に情報系を考えているとあったので、追記。

私のもう一つの職業はプログラマで、収入の大半はそちらからです。法人化してますが要は在宅勤務のフリーランスで、納期までに仕上げさえすれば時間に自由が効くので、突然のオーディションや撮影にも対応しやすいです。役者仲間には、時間に自由が効く専門職を持っている人は多いです。まあ、こういう道もあるということで。

2014/11/04 16:17:21

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません