学生野球(高校、大学)の試合で審判の判定に抗議する権利について

①高校野球で、例えばアウト、セーフの判定に抗議するとき、監督ではなくて選手がいくことのようですが、規則はどう決まっていますか。また、そう決まったルールのもとになっている考え方はどのようなものですか。
②上記①で、抗議するときは、主将でなくて一般の選手でもいいのでしょうか。
③大学野球では、監督が抗議しているようですが、選手はしてはいけないのですか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2014/11/08 10:35:22
  • 終了:2014/11/18 10:40:05

回答(0件)

回答はまだありません

  • id:Yoshiya
    >①高校野球で、例えばアウト、セーフの判定に抗議するとき、監督ではなくて選手がいくことのようですが、規則はどう決まっていますか。また、そう決まったルールのもとになっている考え方はどのようなものですか。

    http://www.jhbf.or.jp/rule/specialrule/26.html
    高校野球特別規則(公益財団法人日本高等学校野球連盟)
    >>
    26.審判員に対して規則適用上の疑義を申し出る場合

    審判員に対して規則適用上の疑義を申し出る場合は、主将、伝令または当該選手に限る。
    <<

    >②上記①で、抗議するときは、主将でなくて一般の選手でもいいのでしょうか。

    >>
    上記①の回答参照
    <<

    >③大学野球では、監督が抗議しているようですが、選手はしてはいけないのですか。


    大学野球は公認野球規則に準じていますので、公認野球規則9.02a及び9.02bが適用されます。


    >>
    9・02 『審判員の裁定』
    (a)打球がフェアかファウルか、投球がストライクかボールか、あるいはランナーがアウトかセーフかという裁定に限らず、審判員の判断に基づく裁定は最終のものであるからプレーヤー、監督、コーチまたは控えのプレーヤーがその裁定に対して異議を唱えることは許されない。
    「原注」ボール、ストライクの判定について異議を唱えるためにプレーヤーが守備位置または塁を離れたり、監督またはコーチがベンチまたはコーチスボックスを離れることは許されない。もし宣告に異議を唱えるために本塁に向かってスタートすれば、警告が発せられる。警告にもかかわらず本塁に近づけば試合から除かれる。

    (b)審判員の裁定が規則の適用を誤って下された疑いがあるときには、監督だけがその裁定を規則に基づく正しい裁定に訂正するように要請することができる。しかし監督はこのような裁定を下した審判員に対してだけアピールする(規則適用の訂正の申し出る)ことが許される。
    「注1」イニングの表または裏が終わったときはピッチャー及び内野手がフェア地域を去るまでにアピールしなければならない。
    「注2」審判員が規則に反した裁定を下したにもかかわらずアピールもなく定められた期間が過ぎてしまったあとでは、たとえ審判員がその誤りに気づいてもその裁定を訂正することはできない。
    <<
  • id:sixic83
    Yoshiyaさま
     ありがとうございました。よくわかりました。これでさらに試合観戦が楽しくなります。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません