本当にどうしようもなくなったとき自殺は最終手段としてありだと考えますか?

  • 登録:2014/11/08 16:25:16
  • 終了:2014/11/15 16:30:05
  • id:Harlock
    生きる権利があるのと表裏一体で死ぬ権利は誰にでもある。逆にだからこそ生きるか死ぬかの選択は自分自身で責任を持たなければならない。「自殺が許されないから」と自分の命を他人のせいにして逃げるのは卑怯だと思う。そうやって生きている事を他責にして、死んでるみたいに生きているのは間違っている。生きたくても生きることのできない人はいっぱいいる。「命を粗末にするなら、その命を私に下さい」と言いたい人がいっぱいいることを忘れてはいけない。
    だから、死ぬ権利は誰にでもある、その前提で、自分の人生に責任を持って、しっかり生きる道を選んで欲しいと思います。
    (たまには熱く語ってみました)
  • id:Kaoru_A
     難しいのは難病で苦痛にさいなまれる状態になった時でしょう。または老衰で重度の介護が必要だったり「胃ろう」をしなければならない等になったら悩みます。
     それ以外の事であれば、福祉や司法の力でなんとかなるケースもありますから生きる為にもがきあがいていたいですね。
     

この質問への反応(ブックマークコメント)