私は国立大学の4年生で現在、卒業研究にて有限要素法(FEM)の動的解析を行っています。

有限要素法解析にはプリ・ポストプロセッサにFemap、ソルバーにABAQUSを使用しています。
プリプロセッサで形状や条件を作成し、ソルバーで解析を行い、filファイルを取得するまではできるのですが、ポストプロセッサに解析結果をインポートすると解析結果が表示されず、ポストプロセッサ上のメッセージウィンドウに「Line Truncaed. Too Long.」と赤文字が出ます。
静的解析では結果表示までうまくいっていたのですが、動的解析では何度やってもこのメッセージが出てうまくいきません。
もし、少しでも心あたりのある方いらっしゃいましたら回答いただけるととても助かります。
よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2014/11/28 17:52:40
  • 終了:2014/12/05 17:55:04

回答(0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません