当方が有効と判断する回答には先着1名様に300ポイント進呈!

以下の2社
1.ファンドクリエーショングループ
2.ジェクシード
の2社の経営分析をお願いします。
知りたいのは
①財務の健全性・・・潰れにくいかどうか
②自己資本比率・・・FCは高いが信用できるかどうか
③収益性、成長性などについて詳しく教えてください。
要するに潰れにく会社かどうかが知りたいです。
宜しくお願いします。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2014/12/01 20:28:05
  • 終了:2014/12/05 07:26:56

ベストアンサー

id:NazeNani No.1

なぜなに回答回数1615ベストアンサー獲得回数2762014/12/03 16:35:26

ポイント300pt

下記に財務情報があります。

1.ファンドクリエーショングループ
http://www.fc-group.co.jp/ir/highlights.html
http://www.fc-group.co.jp/ir/highlights2.html
http://www.fc-group.co.jp/ir/highlights3.html
http://www.fc-group.co.jp/ir/highlights4.html

2.ジェクシード
http://www.gexeed.co.jp/ir/highlight.html

いずれも高いリスクを伴う投資の様ですが、高リスクの場合、
1のファンドクリエーションの方がまだましな気がしますね。
しかし、配当金ゼロですか…。
というか、2が心配です。レシオ分析以前の問題な気がします。
今すぐに株で投資を集めないと倒産してもおかしくない状況の様ですが、
赤字続きなので、もし投資が集まったとしても大丈夫なのでしょうか。

id:seconduser2008

ありがとうございます。
出来れば詳しい数字的な解説をお願いします。

2014/12/04 14:38:52
id:NazeNani

1のファンドクリエーショングループの方は、経常利益がずっと
赤字だったのが、最近になってようやく黒字になりました。
しかし、売上高に対しての経常利益の割合が少なく、
経費に無駄があるようなところと、
今までに積み重なって来た赤字のうちに、
投資や銀行からの借用も含めた総資産は大幅に減っています。
赤字が原因で負債が出たり、銀行等が貸し渋りをしたり
投資が減った可能性がありますが、経常利益は黒字になってきたので、
今は特に投資を集めたい時期なのでしょう。
自己資本比率の他に、純資産比率で安全性を見る場合があり、
経常利益が赤字だった今までは、借り入れや投資などを含めた総資産が
純資産の割合に対して8倍くらいもあったのが、
最近では倍もしないくらいになっています。
純資産比率と自己資本利率は厳密には異なりますが、
例えば自己資本利率が30%以上だと健全だが、
高すぎても良いかというと、利益率が下がってしまうことがあるのですが、
この会社の方は、自己資本比率の高さから、今は投資を集めたいのです。
経常利益が出始めた今、利益が出しやすくなる可能性があります。
ただ、今期からようやく経常利益が出たばかりの元は赤字続きの会社でしたので、
このまま経常利益が出てくれれば良いですが、そうでない場合は、リスクは伴います。

2のジェイクシードが心配になった理由ですが、
経常利益がずっと赤字続きで-100,000,000くらいなのに加えて、
借用金などの支出が大きいのか、純利益も倍近い赤字続きです。
次期の経営方針に、借入金の返済による金利負担の軽減がありますが、
負担がかなり大きいようです。それだけ借金があるのか分かりませんが、
銀行は経常利益に着目するので、もしかしたら貸し渋りをされてたり、
返済利息が大きいので、返済をせまられている可能性もあります。
売り上げに対しての経常利益の低さもずっと続いており、
諸経費などに無駄が多く、根本的なコスト削減の必要性が考えられます。
企業単体の資本金も前期に比べて半分近くに減っています。
関連企業等からの連結資産はあったようですが、今期はまだ数字が出ていませんし、
その前の状態から予想するに、関連企業などからの連結資産は多くあるとしても、
それも前期には減っていますので、減っている可能性が高いです。
資本金91,719万円(平成25年12月31日現在)ということで、負債が多いです。
公表されている範囲で一度も経常利益がないことは非常に気になります。
経常利益のない会社には銀行も貸し渋ります。
借用金が多く経費に無駄が多い…何か経営に問題でもあるのではないでしょうか。

2014/12/05 00:33:30

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません