会計について相談させてください。


現在A社とB社を経営しております。

B社の設立前(先月設立)からB社の仕事を依頼していたスタッフがおりまして、給与の支払いをA社から現金で1度設立前に支払いました。
ただ、この支払いは本来B社で行わないといけないと思うのですが、A社がB社に建て替えで支払ったような形で請求することは可能なのでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2014/12/25 11:48:44
  • 終了:2014/12/25 18:03:10

ベストアンサー

id:nnknnc No.1

nnknnc回答回数159ベストアンサー獲得回数252014/12/25 14:27:49

ポイント50pt

可能です

AからBに立替費用として請求してください
Bの使用人給与は創立費として計上可能です

id:matyo-123

ありがとうございます。業務委託なのですが創立費として計上できるよう税理士に相談してみます。

2014/12/25 17:52:07

その他の回答(1件)

id:nnknnc No.1

nnknnc回答回数159ベストアンサー獲得回数252014/12/25 14:27:49ここでベストアンサー

ポイント50pt

可能です

AからBに立替費用として請求してください
Bの使用人給与は創立費として計上可能です

id:matyo-123

ありがとうございます。業務委託なのですが創立費として計上できるよう税理士に相談してみます。

2014/12/25 17:52:07
id:MIYADO No.2

みやど回答回数404ベストアンサー獲得回数832014/12/25 17:35:30

ポイント50pt

A社は保証人やそれに類するものでないという前提で話します。

> A社がB社に建て替えで支払ったような形で請求することは可能なのでしょうか?

請求したとしてもA社は応じる義務はありません。
なら、A社は応じて良いのかというと、原則は良いのですが、B社の意思に反する場合は応じてはいけません。

民法

(第三者の弁済)
第474条
 債務の弁済は、第三者もすることができる。ただし、その債務の性質がこれを許さないとき、又は当事者が反対の意思を表示したときは、この限りでない。
 利害関係を有しない第三者は、債務者の意思に反して弁済をすることができない。


なお、「民法(債権関係)の改正に関する要綱案の原案」では、B社の意思に反することをスタッフが知らなかったときは、スタッフはA社から受け取って良い(A社は払って良い)ことになります。
http://www.moj.go.jp/shingi1/shingi04900237.html

この点は意見を述べたければにそちらに言いましょう。この旧バージョンについては連絡先がこちらにあります。
http://www.moj.go.jp/shingi1/shingi04900227.html

ただ、素人がちゃんと理解した上で意見を述べるのは厄介ですが。

他1件のコメントを見る
id:MIYADO

> A社とB社は逆ですよね???

どの部分でしょうか。
本来B社が払うべきものをA社が払って良いのか、ということですよね。
それはB社の意思に反しなければ払って良いということです。

2014/12/25 17:59:07
id:matyo-123

理解できました。意思に反してはいないので問題なさそうですね。どうもありがとうございました。

2014/12/25 18:02:27

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません