アポロ11号から17号は、実は月にいっていなかったということを主張している、あるいはそれを前提にしたストーリー展開をしているSF小説、映画などあったら教えてください。月の石と言われているものは、実は地中深いところから掘り出されていたという小説もどこかで読んだ気がするのですが、思い出せません。これも含めて、20世紀最大の嘘であったアポロ計画をSFの形で批判している作品を紹介してください。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2015/02/25 12:56:18
  • 終了:2015/03/04 13:00:04

ベストアンサー

id:a-kuma3 No.1

a-kuma3回答回数4558ベストアンサー獲得回数19032015/02/25 13:36:17

ポイント100pt

アポロは月に行かなかった

アポロは月に行かなかった

アポロ11号が月に着陸してから、そう時間が経ってないとき*1に出版された草川隆のSF。
アポロ計画は進行中の時期で、捏造論などは無かった(多分)ときの本です。
「主張をしている」というのとは、ちょっと違ってて、空想小説として書かれたのだと思います。

カプリコン・1 [DVD]

カプリコン・1 [DVD]

その後でこの映画を見たときには、あの小説が原作かとマジで思いました。
舞台は火星ですけど。
いや、行ってないのか、火星には。

 

*1:調べてみたら、打ち上げの翌年でした (^^;
これ、昨年、再刊行されてるんですね。知らなかった。

他1件のコメントを見る
id:a-kuma3

リアルタイムではありませんが、なぜか家にあったので読みました。
そのときは、あまり SF って印象は無かったんですよね。
当時だと、筒井康隆や平井和正などの正当な SF がすでに読めたからでしょうか。
あれを SF として楽しむには、まだ子供過ぎたか……
戦前の海野十三のような怪奇小説っぽい SF も嫌いじゃないんですが。

2015/02/27 11:52:37
id:ShinRai

カプリコン1も、すごそうですね。ありがとうございました

2015/03/02 01:17:43
  • id:hkwgch
    『インターステラー』では、アポロが月に行ったことはウソだったという設定だったけど、その設定は無くてもいい程度のもので、ストーリーの前提として不可欠な設定というわけではない。

    アポロの陰謀説は、陰謀論好きの人がネタとして面白がってる要素が大きく、映画や小説ではなおさら「ウソ上等」なので、根拠を挙げて「『サイエンス』フィクション的」に批判することを律儀に行ってるものがあるとは思えないなぁ。
  • id:miharaseihyou
    それってどっちかというとタブロイドページあたりのネタだよな。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません