匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

ネット上のトラブルで個人にネットウォッチされてる?


相談よろしくお願いします。
創作系のことをやってるもので3年ほどブログを続けてます。
そのブログですがコンスタントに閲覧してくれる方が2人いらっしゃいます
誰かと考えたときに思い当たる人物が3人います

一人は創作活動を始めたときに成り行きで一時的にチームを組んだ方。
もう一人はやり始めたときにいろいろ教えてもらってた方。
それともう一人は別のサークルでちょっともめて喧嘩別れみたいになっちゃた人です。
喧嘩別れした人にもブログのアドレスは知れてるはずです。
かなりどうでもよい日記なので何か動機がないと自分のブログなど読まないだろうと思うので、前者二人が関係がいい意味でも悪い意味でも関係が深いので読んでるんじゃないんだろうかと思ってるんですが。

創作活動で一応習作を発表することになりまして個人名でitunes storeに登録しました。ブログにもそのことを書いたのでフルネームがばれたのは確実なんじゃないかと思ってます

質問したいのはこの場合での自分の取りうる対応策って何がありますか?
ブログは登録は消してないですが更新はやめてます。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2015/03/01 00:56:59
  • 終了:2015/03/01 18:05:46

ベストアンサー

匿名回答1号 No.1

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2015/03/01 03:25:58

対応策といわれましても。
まず2人しか定期購読者のいないブログをなぜ面倒がらずに続けていたのかよくわかりませんが、
長年読んでくれていたこと自体に丹念にお礼をいっておいて、
「更新しません、6ヶ月後にバックログも消します(非公開にします)」、という形で閉鎖しては。
 
ブログだけでつながっていた人と連絡とれなくなって寂しくなるなら、
たとえばスカイプや、ツイッター、ラインというありふれたツールで相互フォローしてくださいといって自アカウントをかいておけば、1人ずつと個別に連絡がとれますよね。
その上で、あ、この人とは会話しちゃだめなのかと判定したら
ブロックすればよいだけです。
またツイッターで全世界向け日常報告もできますね。
 
それとアイチューンで本名が出るのとは別の話だとおもいます。
作品が有名になれば、創作の癖を良く知る人の目にふれ、
間違いなくあの人、とわかるでしょう。
毎月毎日沢山の人が新規公開しているので公開タイミングだけでは
マイナー作者を探し当てられないです。
ブログにわざわざ書いたのなら本名で発表したあとも
見守ってくださいねという意図がすこしはあったわけでしょう。
応援する気が定期購読者にあればそのとおりにしてくれるでしょうし、
日常報告だけを読みたかったなら作品は購入しないかも。
それはあちら次第です。
 
ただここで迷いや恐怖が出るのなら、2~3人の旧読者がどうこうではなく、
本名で創作発表すること自体があなたには危険なことなのかも。
今後はまた新しいつきあいが増える(つもりでしょ?
名が売れたいから堂々と本名のお店を出すんでしょうから)が、
今後はだれが相手でもトラブルのないようにお気をつけて。
というか自分はアイチューン登録などしたことないですが
本名以外(グループ名など)では公開できないんですかね。
外国人は炎上きにしなさすぎるのですが、セキュリティの意味だけでなく
長くつかったペンネームがあればネット販売店側も
普通そちらで公開したがるものですけどね。
今まで活動実績のない人の作品はなかなか売れずにサーバーが重くなるばかり。

匿名質問者

回答ありがとうございました。
itunesは屋号を取得してIDを入手すれば法人名義での出品もできるはずなのでそちらも考えてみます
セキュリティについて軽率な考えがあったかもしれません。
別にどうってことないと考えることもできなくはないですが、もしかしたらという一抹の不安があるので対策考えてみます ありがとうございました。

2015/03/01 18:05:12

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません