匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

喜連川氏は、徳川将軍と主従関係あるのでしょうか(軍役義務など)。また、武家諸法度の対象になるのでしょうか。また、喜連川氏の所領について、将軍代替わりごとに、朱印状が交付されたのでしょうか。更に、喜連川氏の名乗りについて、徳川幕府は朝廷に取り次いでいるのでしょうか。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2015/03/03 14:20:14
  • 終了:2015/03/10 14:25:05

回答(0件)

回答はまだありません

  • 匿名回答1号
    匿名回答1号 2015/03/03 15:33:11
    徳川を盟主にした同盟という関係に過ぎないと思うから、
    主従っていうのはおかしいんじゃないかな?
    徳川将軍家と主従関係にあるのは、
    本多とか井伊とかの三河時代からの家臣であるとか、
    徳川に降った武田の残党とかの譜代の家臣だけでしょう。
    その徳川にしたって名目上は天皇の家臣なわけで。

    あと、参勤交代も臣従の証ではなく、
    あくまで盟主に対する同盟者からの人質ですね。
    喜連川は参勤交代が免除されていたらしいのですが、
    自主的に参勤交代させていたとWikipediaには書いてあります。
  • 匿名質問者
    匿名質問者 2015/03/03 23:58:15
    有難うございます。
    ●参勤交代は、自主的に行い、義務ではなかった、ということふうに、とりあえず、頭を整理してみました。
    ●どちらにしても、江戸城に登城の際は、どこに詰めるか、決まっていたのだろうと想像しております(これが武家諸法度で決まっていたのか、よくわからないのですが)
       最初は、大廊下(下之部屋)だったのが、その後、格下されて、表高家扱いでしょうか?
       柳之間になったようでした(Wikipedia)。
    ●官名の名乗りは、勝手にやっており、幕府からそれが咎められなかったということで、
    官記はもらっていなかったということだと思われました(Wikipedia)。
    武家社会では、認められていたのでしょうが、万一、
    朝廷へ出向いたならば(将軍上洛のお供など)、不都合だったと思います。
    他方、位階はなかったのかと思われました。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません