匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

1426065844 自分が正しいと考えることを支持する人がほとんどいなかったり、圧倒的少数だったら、あなたはどうしますか?また実際にそのような状況になったことはありますか?(その時どうしましたか?)


戦う、折れる、引く、分析・勉強する、距離を置く、妥協する、忘れる、暴れるなど、いろいろあると思いますが。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2015/03/11 18:24:04
  • 終了:2015/04/10 18:25:04
匿名質問者

質問者から

匿名質問者2015/03/11 23:43:42

よかったら画像も参考にどうぞ。

回答(7件)

匿名回答2号 No.1

匿名回答2号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2015/03/11 22:26:14

「引く」「分析・勉強する」かなぁ。

基本、ヘタレで、当意即妙な受け答えが苦手なので、批判を受けるとすぐ引っ込むのですが、精神的に落ち着いた時に、改めて調べたり、考えたりします。

自分が勘違いしていたり、見落としていたり、知識が不足していて、誤った判断をしている可能性はあるし、実際、そういう所から、あれこれ調べて、自分の中で再構成して、間違っていたところは修正し、逆に正しければ、その正しさを補強していく、ということの繰り返しをしています。

匿名回答3号 No.2

匿名回答3号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2015/03/12 00:40:41

 
 我理例 ~ それでも地球は動く ~
 
 多数決は、地動説も、進化論も、遺伝の法則も生みださない。
 その事実が何で、なぜ、いつ、どこで、だれが、いかに論じたかを、
具体的に明示しない意見には、論拠となる整合性が認められない。
 
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20120710
 5W1Hの典拠 ~ What Why When Where Who How ~
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n324070(20141215)
 
…… かつて誰もが知っていたが、いまや政治家の誰もが読んでいない。
http://q.hatena.ne.jp/1419165426#a1241881(No.2 20141222 05:19:12)
 Beware the Ides of March ~ きわめつけの悲劇・史劇・政治劇 ~
 |
 罪と罰 ~ 読まない者とは語れない、読んだ者とは争えない ~
http://q.hatena.ne.jp/1368251442#a1200703(No.1 20130511 18:31:49)
…… 清張きわめつけ実録シリーズ総目録より。
 
 むかしは、ともすれば声の大きい者が議論に勝つと信じられた。
 勝ったような気分だけが記憶されて、なぜ勝ったのか忘れられた。
 ネットでは、ながく保存されるので、感情や利害には束縛されない。
 
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1142970.html(20041228 08:58)
 当時 My Web リンクが禁じられていたので、論点が整理できなかった。
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20041227 終りなき反論
 |
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/7572642.html(No.4 20120706 13:16:32)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5629958.html(No.13 20100129 13:49)
http://q.hatena.ne.jp/1264879334#c170109(20100201 02:21:24)
 

匿名回答4号 No.3

匿名回答4号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2015/03/12 01:14:06

圧倒的少数の仲間を大切にしました。

匿名回答5号 No.4

匿名回答5号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2015/03/12 02:14:33

少数である事は間違いである事とイコールではないね。
自分の知ってる常識論を押し付けようとするだけの人もいるのだから。

昔、政党というものがあるから政治がおかしいんだと言ったところ、
聞く耳持たんという感じで家族から猛反発された事があるんだけれども、
郵政選挙で家族が推してる地元の政治家が刺客の標的になって以降、
家族は宗旨替えして私の発言に耳を貸すようになりました。
自分の意見よりも政党命令を優先するんじゃ独裁政治となんら変わらん、
という説明を昔の発言に付け加えただけなんだけれども。

しかし、少数が常に正しく、多数が常に間違ってるわけでない事も確か。
むしろその逆の場合の方が多いよね?。
だから2号さんが書いてるように、
自分の考えが本当に正しいのかを自問自答する事は重要ですよ。
そのうえで自分が正しいと確信できたとしても、
対話相手が自分の主張を理解できる下地がなければ対話するだけ時間の無駄で、
無理に自分の考えを押し付けようとしても喧嘩にしかならんのよ。

つまり、自分の場合は距離を置くという選択をしたとも言える。

匿名回答6号 No.5

匿名回答6号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2015/03/12 15:03:29

味方を増やすべく動く。

匿名回答7号 No.6

匿名回答7号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2015/03/13 01:36:29

ふつうに説得します。
学校で作文したでしょ。ブログも書けるでしょ。
それでも全然通じないなら、まずは背中で語る。俺の生き様を、お前ら、見てろと。
生きていれば、折に触れて(=ちょくちょく)考える。
折に触れて考えていれば、
そのうち、ふと、説得力のある言葉に結実します。
ああ、そういえば一言でわかってもらえたのか。となります。
(今はツイッターなどで考えるヒントがまわってきますしね)
 
人間80年の人生の大半は周りに何らかの影響をあたえて、あたえられて、すごしてますよね。
自分の言葉(主義・主張)は人生のなかでみがきあげられるものです。

https://twitter.com/ebleco/status/574873362301747200

https://twitter.com/tamakeno/status/575249065652281344
https://twitter.com/tarareba722/status/575526615976906752

匿名回答8号 No.7

匿名回答8号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2015/03/14 17:42:50

深く考えない。本当に自分が正しいと思っているなら悩む必要ないから。

  • 匿名回答1号
    匿名回答1号 2015/03/11 20:46:51
    どうするかは、何をしたいかによるので、質問の内容だけでは回答できないです。

    大雑把に分ければ、

    1. 他の人が違う考えでも特に困らない場合:放っておきます。場合によっては他の大多数の人が違う考えでいてくれた方が助かることもあるので、そういう場合はなおさら声高に自分の主張を述べることはしません。

    2. 他の人が違う考えでも直接は困らないけれど、長期的に自分と同じ考えの人が増えてくれたら助かる、という場合: 自説の利点をなるべくわかりやすく、理詰めで述べる文章を折にふれ公開します。考えの違う人に対してやんわりと議論を持ちかけます。直接話す場合は、相手がどのくらい考えを変えそうかを見て、変わりそうな場合だけやります。基本的に、他人の考えを変えるというのは難しいです。ネットなどギャラリーがいる場の議論では、直接の相手の考えを変えさせるよりは、議論を見ている人に影響を及ぼすことを狙って発言します。

    3. やりたいことの実現のために、どうしても他人の支持が必要な場合: 「12人の怒れる男」的な、どうしても多数決をひっくり返したい状況になったことはほとんどないのですが、目的を果たすために最低限必要な支持を取り付けられるように戦略的に動きます。自分の意見に賛同するところまで相手を変えられなくても、「この点について互いに合意はできないけれど、迷惑もかけないからいいだろう」といった決着にもってゆくだけでも十分なことが多いです。





この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません