日銀は年後半に原油価格が上昇すると言っていますが何を根拠に言ってるのでしょうか

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2015/04/10 15:05:53
  • 終了:2015/04/17 15:10:03

回答(3件)

id:rafting No.1

ラフティング回答回数2652ベストアンサー獲得回数1762015/04/10 15:14:43

ポイント34pt

1.IEAは15年需要見通しを前年から日量平均90万バレル(1%)増え9330万バレルになると予想していること。⇒供給が増えなければ価格上昇へ
2.中東、ロシアにおける地政学リスクが厳然として存在するため。
⇒原油価格は地政学リスクに振れやすく、過激派「イスラム国」の勢力拡大、イランの核開発問題、ロシアとウクライナの対立などが想定される。
http://www.morningstar.co.jp/event/1412/ms3/id025/

id:alfa-gadget No.2

alfa-gadget回答回数254ベストアンサー獲得回数502015/04/16 11:41:42

ポイント33pt

http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKBN0MR0O120150331

同時に原油価格の動向は「地政学リスクで上昇したり、米シェール在庫増で下落するなど、微妙でわからない」「先行きなどに不確実性がある」と繰り返した。


http://japan.zdnet.com/article/35062485/2/

 サウジの思惑通り、原油価格は急落し、北米のシェール油田の多くで生産コスト割れが起こった。ところが、それでも、足元シェールオイルの生産はまだ増え続けている。なぜだろうか。

 冷静に考えればわかることだが、たとえコスト割れになっても、ひとたび生産を開始したシェール油井は、掘り尽くすまで生産を続けるしかない。生産を始めるまでに多大なコストがかかるが、生産を開始してしまえば、追加でかかるコスト(変動費)はさほど大きくない。当初かかったコストをすべて回収できなくても、それでも生産は止められないのだ。

 ただし、シェール油井には、比較的短期に採掘可能量を掘り尽くすものもある。次々と新しい油井を開発していかなければ、生産量を維持できない。注目すべきは、今、北米のシェール油井の新規開発が、原油価格急落の影響を受けて、前年比3割近く落ち込んでいることだ。

id:wakwak_koba No.3

こばさん回答回数99ベストアンサー獲得回数132015/04/16 18:48:06

ポイント33pt

日銀が希望を述べているだけのような気がしますが
それか、これからも際限なく円をすりまくって、さらに円安(ドル円200円とか)にさせる気なのか・・・

  • id:jwrekitan
    3/31 ロイター(Yahoo!ニュース等も同一ソース)
    http://jp.reuters.com/article/idJPL3N0WX2Q920150331

    「上昇する」とは言ってませんねぇ…。

    原油価格上昇を「前提」として、2%の物価上昇目標を達成できる見込みである、
    と言っているに過ぎないようです。

    もっと新しいところでは、上昇に触れてすらいないように見受けられます。

    4/8
    http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0MZ0QH20150408
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2464690.html
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00289911.html

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません