1428816672 ウィリアム・H. マクニールの「世界史」について質問です。上巻の P.400 に記載されている以下の文章で、『「古典的」な可能性』、『厄災』とは、具体的には何を指しているか教えていただけないでしょうか?


『ヨーロッパ(もっと最近では西欧)文明が異常なほど激しく変化することは、その最も際立った特色である。休むことを知らない西欧世界は、例えば中世時代にはじめて「古典的」な可能性を持った生活スタイルを努力して作り出したかと思うと、大きな災厄に見舞われて、その特定の社会、文化の秩序が捨て去られてしまう。すると、厄災の時期が過ぎてから、「古典的」 な可能性を持った新たな型が出現し、結局はこれもまた同じ運命をたどる。このような具合に、自然に変転が繰り返される文明は、世界でも例外的だった。』

世界史 上 (中公文庫 マ 10-3) 文庫 – 2008/1/25
ウィリアム・H. マクニール (著), 増田 義郎 (翻訳), 佐々木 昭夫 (翻訳)

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2015/04/12 14:31:12
  • 終了:2015/04/19 14:35:03

回答(0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません