活性化マクロファージとかキラーT細胞細胞が関与するアレルギーは何型ですか?

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2015/04/12 19:32:41
  • 終了:2015/04/19 19:35:05

回答(2件)

id:rafting No.1

ラフティング回答回数2648ベストアンサー獲得回数1762015/04/12 21:02:01

ポイント50pt

Ⅳ型(遅延型アレルギー)
http://kusuri-jouhou.com/immunity/allergy.html

id:alfa-gadget No.2

alfa-gadget回答回数254ベストアンサー獲得回数502015/04/13 00:57:41

ポイント50pt

http://www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/react-immun.html

IV型アレルギー=遅延性アレルギーcellular immunity type, delayed type
---24?48時間に反応がおこる遅延型過敏症
抗体の関与なしに、もっぱら抗原に対するT細胞の反応によってもたらされる組織障害。
抗原の侵入から数日を経て発症するので、I型の即時型と対比して遅延型アレルギーと呼ばれる。

  [発症機構]
MHC2を持つ専門的抗原提示細胞より抗原提示を受けたT細胞は種々のサイトカインを放出する。
それによってマクロファージや好中球の浸潤、血管透過性亢進による血漿の滲出、線維芽細胞の増殖など による組織障害が起こる。
活性化マクロファージはさらにIL-1やTNF-αを分泌して、反応を増幅させる。

 [代表的な疾患]
移植での拒絶反応、ウイルスなどの対する反応,ツベルクリン反応、うるしかぶれなど

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません