VBScriptに関しての質問になります。


【実行環境】
  Windows2008R2
【データベース】
  Oracle Database
【実現したいこと】
  同じテーブルが存在しているメインとサブ2つのデータベースから同じSQLを実行してデータを取得し、取得データを主キーでメインとサブのデータを比較して共通のものはすべて合算してExcelに出力したい。DBLINKは使えません。
【例】
  メインDB:10件取得
  サブDB:5件取得
  主キーの値が同じ:4件存在
 上記の場合、主キーが同じ4件はメインとサブで足算をしてExcelに書き込み、残りはそのままExcelに書き込んでファイルを作成。作成されるExcelの行は11行になる。
というのを実現したいのですが、私の知識では実現できず、足算して書き込みまでは可能だったのですが、その次に計算する前のデータも出力され結局、計算だけされたメイン10件とサブ5件の15行のファイルになってしまいました。そこでどう処理をするのが良いでしょうか?ぜひとも知恵をお貸ししていただきたく。よろしくお願いいたします。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2015/04/29 09:51:28
  • 終了:2015/05/06 09:55:03

回答(2件)

id:a-kuma3 No.1

a-kuma3回答回数4523ベストアンサー獲得回数18802015/04/29 12:33:01

考え方だけですが、2通りほど。

汎用的な方法

Dim 計算したフラグの配列    大きさはサブDB のレコード数
計算したフラグの配列を、0で埋める

For i メインDB のループ
    For j サブDB のループ
        If メインDBのプライマリキー(i) = サブDBのプライマリキー Then
            計算をして、メインDB のデータを書き換え
            計算したフラグ(j) = 1       ' サブDB のデータを計算した、という目印
        End If
    Next j
Next i

' データの書き出し
For i メインDB のループ
    メインDB のデータを Excel に出力
Next i

For j メインDB のループ
    If 計算したフラグ(j) = 0 Then       ' 計算のときの目印が立ってない
        サブDB のデータを Excel に出力
    End If
Next j

出力結果は、メインDB のデータ、サブDB の残りのデータの順番になる。
ロジックとしては、分かりやすい(バグも出にくい)。
二重のループなので、データ数が多くなると遅くなりそう。

プライマリキーで並べ替えられている場合

プライマリキーが昇順で並べ替えられていると想定。

i = 1   ' メインDB の添え字
j = 1   ' サブDB の添え字
Do Until i > メインDBのレコード数 Or j > サブDB のレコード数
    If メインDB のプライマリキー(i) = サブDB のプライマリキー(j) Then
        計算をして、計算結果を Excel に出力
        i = i + 1
        j = j + 1
    Else If メインDB のプライマリキー(i) > サブDB のプライマリキー(j) Then
        サブDB のデータを Excel に出力
        j = j + 1
    Else  ' メインDB のプライマリキー(i) < サブDB のプライマリキー(j) のはず
        メインDB のデータを Excel に出力
        i = i + 1
    End If
Loop

If i > メインDBのレコード数 Then
    For k = j To サブDB のレコード数        ' 残りのサブDB のデータを出力
        サブDB のデータを Excel に出力
    Next k
Else If j > サブDB のレコード数 Then
    For k = j To メインDB のレコード数      ' 残りのメインDB のデータを出力
        メインDB のデータを Excel に出力
    Next k
End If

汎用的な方法に比べて、早い。
プライマリキーが複数列で構成されている場合には、比較用の関数を作って対応する。
出力されたデータも、プライマリキーの順序になって出力される。
汎用的な方法に比べると、バグが紛れ込みやすい。

イメージ的には、こんな感じのロジックです。

左にメインDB のデータが縦に並んでる。
右にサブDB のデータが縦に並んでる。
左手の指で、メインDB の最初のデータを押さえる。
右手の指で、サブDB の最初のデータを押さえる。
指で押さえているデータを比較して、キーが小さい方を書き出して、書き出した方の指をひとつ下にずらす。
もし、キーが同じだったら計算したデータを書き出して、両方の指をひとつずつ下にずらす。
どちらか片方の指がデータの列を超えたら、もう片方のデータの指でさしている部分から下までをデータに書き出す。

指が指しているところのデータが、まだ Excel に出力されていないデータになってます。

id:cx20 No.2

cx20回答回数606ベストアンサー獲得回数1072015/04/30 00:31:17

少し邪道かも知れないですが、一旦、2つのテーブルを CSV 出力し、VBScript から ADO + Jet データベース(OS 組み込みのデータベースエンジン)にて、サマリするのは如何でしょうか。

Jet データベースを用いることで、CSV に対して、UNION や SUM 関数が使えたりします。

以下のコードは、Oracle より 2テーブルが CSV 出力(TABLE_MAIN.csv / TABLE_SUB.csv)されている前提のコードとなっています。サンプルテーブルは ID が主キーの想定です。

' File : CalcCsvTable.vbs
' Usage : CScript //Nologo CalcCsvTable.vbs
Option Explicit

' ADO StringFormatEnum
Const adClipString = 2

Call Main()

Sub Main()
    Dim cn
    Set cn = CreateObject("ADODB.Connection")
    ' Jet データベースエンジンを用いて CSV に接続する場合の接続文字列
    cn.Open "PROVIDER=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;Data Source=.\;Extended Properties=""text;HDR=Yes;FMT=Delimited;"";"

    Dim strSQL
    ' TABLE_MAIN.csv と TABLE_SUB.csv を UNION ALL で結合し SUM 関数により集計する。
    '
    ' [TABLE_MAIN]
    ' ID NAME SCORE
    ' -- ---- ------
    ' 1  田中    10
    ' 2  山本    20
    ' 3  佐藤    30
    ' 
    ' [TABLE_SUB]
    ' ID NAME SCORE
    ' -- ---- ------
    ' 2  山本    40
    ' 3  佐藤    50
    ' 4  鈴木    60
    ' 
    ' [集計結果]
    ' ID NAME SCORE
    ' -- ---- ------
    ' 1  田中    10
    ' 2  山本    60
    ' 3  佐藤    80
    ' 4  鈴木    60
    ' 
    strSQL = _
        "SELECT ID, NAME, SUM(SCORE) FROM (" & _
        "SELECT * FROM TABLE_MAIN.csv " & _
        "UNION ALL "& _
        "SELECT * FROM TABLE_SUB.csv " & _
        ") AS U " & _
        "GROUP BY ID, NAME " & _
        "ORDER BY ID"
    
    Dim rs
    ' SQL を実行しレコードセットとして取得する
    Set rs = cn.Execute(strSQL)

    ' レコードセットを CSV 形式で出力する
    WScript.Echo rs.GetString(adClipString, , ",", vbCrLf)
End Sub

注意事項としては、64bit OS にプレインストールされている、Jet データベースは 32bit 版のみであある為、VBScript の実行は、32bit 版のコマンドプロンプト

C:\Windows\SysWOW64\cmd.exe

より、実行お願いします。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません