農業の大規模化が大事であると昨今言われていますが、それは農地改革前の状態に戻すことだと思います。農地改革前にGHQが心配していた、日本が共産国になったりだとかの心配はしなくてもいいのでしょうか

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2015/05/08 23:54:07
  • 終了:2015/05/15 23:55:04

回答(7件)

id:alfa-gadget No.1

alfa-gadget回答回数254ベストアンサー獲得回数502015/05/09 00:13:47

ポイント72pt

律令制のときは農地は国家のもので、それから私有地として荘園が認められてからも検地で国家のコントロール下にありました。
それでも日本は共産圏にはずっと組みしない歴史を築いてきたわけですから、心配する必要はないと思います。

id:NAPORIN No.2

なぽりん回答回数4685ベストアンサー獲得回数8572015/05/09 01:07:07

ポイント72pt

昔、農業改革以前は「田分け=愚か者」といわれたり、地方によっては次男以下は田が持てず結婚もできないという扱いもされていました、それは共産主義でいうコルホーズだの、国の歯止めがある状態とはまた違う種類の不公平があった気もしてますけど。
現在は労働力の集約をしようといっても、人力とか農地はそんなにいらないわけです、3ちゃん農業といわれて久しく、トラクターがあれば田は耕せるし農薬をつかえば雑草はなくなる。温室で新品種の果樹を育てれば万べんなく広い土地に種をまいて育てるのに比べて手はかかるがその分単価も高い。トラクターや温室、新品種苗の購入資金融資は農協が担ってきました。
でも逆にいうと農協にそっぽをむかれるようなことをしようとすると個人の力ではどうしようもなくなってました。たとえば有機農法は近隣にあわせて農薬をまくことをしません、結果的に害虫・病原菌をまき散らす可能性があるので他人の同種作物に囲まれた畑では導入できない。つまはじきで、うちの近くではやってくれるな、一から新規農地を開拓しろといじめ?られました。そういう意味では農協が共産主義政府だったのかもしれません。
 
そのように統率力の強い農協があっても外国産農産物の入ってくるTPPには備えが万全でないということが政府には読めています。
じゃあ農家もこれから資本主義化しようよということでしょうね。
土地をよく知りつつ新しい農業をする農業大学出身の人なら水耕栽培の大規模工場を建てるにあたって銀行から融資を受けられたり、R&Dで知的財産を確保するようになるのでは(今でもいろんなしばりを抜けてやりとげてる工場はありますが、株式で投資を集めたりしてもっと大きいのが作れるようになる)。有力な農業系経営者(=指導者)のあらわれるチャンスかもしれません、日本にはまだデルモンテとかああいう農業系企業が少ないです(キノコ養殖会社とか、かなり攻め込んでるとこはありますけど)が、これからはもっと効率化していこうってなるとおもいます。

id:e_p_i No.3

e_p_i回答回数101ベストアンサー獲得回数112015/05/09 02:49:28

ポイント72pt

農業の大規模化により(効率の差によって)小規模農家が淘汰されてゆき、むしろ資本主義的な趣きが強まるかと思います。
大規模化が共産化に繋がるかというと、それは違うのでは?私としてはどうも繋がりが見えてきません。
ただ独占に近い状態が生まれてしまうと価格統制等の機能において一部似たような状況というのが発生する可能性があるとは思いますが、一部商品だけの話であってやはり共産化には繋がらないかと思います。
農地改革前の状態に戻す、というのはかなりその通りかと思いますが、経営を行うのは地主ではなく株式会社的な法人が主になるのではないかと思われます。

id:tea_cup No.4

tea_cup回答回数1007ベストアンサー獲得回数1772015/05/09 05:35:44

ポイント71pt

 現在の大規模農業は、小作人を大量に使うプランテーションではなく、農地改革前の状態に戻すことではありません。昭和25年から農業人口は減り続け、現在は人口の4%程度しか農業に従事していません。
 現状、担い手として農業法人などが、農地面積の50%近くになっています。一方で土地持ち非農家による耕作放棄地面積が拡大しているので、農地を継承するための取組を強化する方針を農林水産省は掲げています。

 もうすぐ平成26年度 食料・農業・農村白書が発行されると思いますが、25年白書に目を通すと、共産化とは別の危機感を感じられるのではないでしょうか。

農林水産省/(2)農地の集積・集約化に向けた農地中間管理機構の整備

id:pente40 No.5

pente40回答回数218ベストアンサー獲得回数212015/05/09 12:09:36

ポイント71pt

今言われている大規模化はむしろ企業が積極的に参入できる事で、農業の資本主義化が進むと思います。
今までは農家(個人)が農協に流通や価格、仕入れといったものを牛耳られていますので、そちらの方が大きな問題で、根深いです。

農協改革、農地法の改正を行わないと、自由な農業参入などが阻まれています。

しかし、一方で日本は国内自給率が低いため農地を安易に解放してしまうと、農地を農業以外のものに利用してしまうと今後起こると予想されている食料不足危機に対応できなくなるため慎重な対応が必要となります。

id:winbd No.6

winbd回答回数1050ベストアンサー獲得回数432015/05/13 11:15:49

ポイント71pt

農業の大規模化は必要ありません。

世界中のすべてで食料が無くなることは考えられず、
結局は金の力がモノを言う世界にしかならないからです。

農業で利益を上げられる国ならいいですが、
日本のように不向きな国家が無理して農業を増やしても何の意味もありません。

衰退した国家の農産物は海外に輸出されてしまうだけです。

id:adgt No.7

adgt回答回数944ベストアンサー獲得回数662015/05/15 20:36:48

ポイント71pt

現在の状況の中で大規模農業を行ったからといって、共産国に日本がなる可能性はほとんどありません。ひとつは、稲作や農業全体に見る価値は対象以前とは比べ物にならないほど低くなってしまったからです。また価値観が多様化し、しかもそれをWebで見ることができる状況では、国民がそれを推し進めることも考えにくいでしょうし、政治にもついていかないでしょう。

  • id:NAPORIN
    ただ資本主義の企業のいきすぎにより社畜という蔑称が生まれているので、農家へも危惧をもっておくのはよいことだとおもいます。
    今の農家さん(一部とおもいたいですが)の農協への依存っぷりは、精神的にも経済的にもホントにものすごくて、それって実はいわゆる社畜ににてるんですよね。
  • id:NAPORIN
    http://www.nikkei.com/article/DGXMZO87336860X20C15A5000000/?dg=1

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  • 人力検索 今月の回答 バッテリー(電池)が「上がる」とはどんな状態なのでしょうか?「切れる(残量がなくなる)」とは違うのでしょうか? 液面が下がるのにバッテリー上がりとはこれ如
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません