平成17年 マンション管理士 過去問題集より

> 【問 13】 Aは、認知症となり判断能力を欠く常況にある父親Bから何ら
> の代理権を付与されていないのに、Bの代理人と称してB所有のマンション
> の一室をCに売却する売買契約を締結した。この場合に関する次の記述のう
> ち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

ある回答解説集によると選択肢の2番が正解で・・・(欄外につづく↓↓↓)

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2015/05/11 06:18:49
  • 終了:2015/05/11 18:53:59
id:minminjp2001

(つづき↓↓↓)
> 2 Aについて表見代理の要件が満たされていたとしても、Cは、Aに対し
> て、無権代理人の責任を追及することができる。

これが正解肢だとされているのですが、これが判りません。私感で思うには、「Aについて表見代理」を行っているのはBなので、
Cが追求できるのは飽くまでBに対してではないでしょうか?

よろしくお願いします

ベストアンサー

id:MIYADO No.1

みやど回答回数374ベストアンサー獲得回数772015/05/11 08:59:25

表見代理を行っているのはAですよ。問題を読み直しましょう。この場合、あなたがCの立場にあるとすれば、Aに対して無権代理人の責任を追及するか、Bに対して「Aがやったのは表見代理だ」Bの責任を追及するか、あなたはどちらにするかを選択して良い、というのが判例の立場です。この問題は「あなたは前者をやって良い」ということを出題しているわけです。あなたがあくまで後者をやりたいというなら、やってかまいません。

id:minminjp2001

すいません。早とちりですね。お恥ずかしい。「Aは」の次に読点が打ってありますね。

2015/05/11 18:55:32

その他の回答(0件)

id:MIYADO No.1

みやど回答回数374ベストアンサー獲得回数772015/05/11 08:59:25ここでベストアンサー

表見代理を行っているのはAですよ。問題を読み直しましょう。この場合、あなたがCの立場にあるとすれば、Aに対して無権代理人の責任を追及するか、Bに対して「Aがやったのは表見代理だ」Bの責任を追及するか、あなたはどちらにするかを選択して良い、というのが判例の立場です。この問題は「あなたは前者をやって良い」ということを出題しているわけです。あなたがあくまで後者をやりたいというなら、やってかまいません。

id:minminjp2001

すいません。早とちりですね。お恥ずかしい。「Aは」の次に読点が打ってありますね。

2015/05/11 18:55:32

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません